人気ブログランキング |

(心が決まれば)名言ワンダフルデー1-26

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

(こころざし)定まれば、気さかんなり。

吉田松陰
(1830〜1859 武士、思想家、教育者)

(心が決まれば)名言ワンダフルデー1-26_f0355165_16474685.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


決心が決まれば、
ほとんど解決したようなもんや。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


君にはムリだからやめとけ。

ぼくが28歳で独立自営を考えていたとき、
周囲のほとんどの人がそう言いました。

大きな決断をするときは、
必ずそういう反対があります。

やろうという熱意に、
周囲が水をかけて冷やそうとするわけです。
冷静になれ、と。

こうなると気分はダダ下がりです。
その思いが表面的なものなら、
すぐに冷めてしまいます。
ところが、
この思いが、

内からマグマのように湧き出したもの

であれば、それはもう誰も止めることができない。

ドカーン

と吹き出し、
突き動かしていくわけです。

このドカーンと吹き出すもの、
それが、



です。

志と同義語で、
目的とか目標とかいう言葉もありますが、
志というのは、
自分がこの世に生まれてきた役目、使命、
そうした人生の根幹にかかわるものです。

自分のためというよりも、
誰かのために自分を捧げるための、


そんな目標でもあります。

ぼくなんかも、
たぶんあれだけの猛反対を受けて、
気持ちは萎えるし、不安は増すばかりの状況で、

それでもやろう

と思ったのは、
きっと志があったからだと思うんです。

じゃあ、その志って何?

と聞かれると、
答えられない。
答えられないけど、

やるか、やらないか

そんなものじゃなく、

やる

しかなかった。

だんだんと年齢を重ね、経験を積んでくると、
あとからその答えが見えてくるものです。

結果的に、
泳げないのに海に飛び込んだあわれな青年は、
泳いでいるのか溺れているのかわからない悲惨な始まりでした。
でも、もう泳ぎ切るしかないんです。
泳ぐのをやめたら溺れ死にますから。

吉田松陰の名言、

(こころざし)定まれば、気さかんなり。

泳ごうと決めたら、泳ぐために必要な力が、
どこからか湧いてくるものさ。


そんなものです。

ぼくの場合、

やろうか、やるまいか考えています。

という相談の段階ではほぼ反対。
ところが、

やります

と決意表明すると、
誰一人反対する人がいなくなりました。
これはおもしろい現象だなと思いました。

今日のよみガエルのツッコミ超訳、

決心が決まれば、
ほとんど解決したようなもんや。


どうやら、
周囲の人たちは、

ぼくの本気度

を試していたんだと思います。
ぼくの心を決めさせるために、
絶妙のキャストを演じてくれてたんですね。

































***
# by kojobunko | 2015-06-27 17:03 | 名言ワンダフルデー

(アホになる)名言ワンダフルデー1-25

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

楽しそうに振る舞っていると、
いつか本当に楽しくなる。


デール・カーネギー
(1888〜1955 実業家、自己啓発作家)

(アホになる)名言ワンダフルデー1-25_f0355165_11381352.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


鏡の前でニィ〜ってしてみ、
けっこうアホな自分が笑えるで。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


アホ最高!

アホをあなどるなかれ、
アホは感謝にもまさる究極です。

感謝するといい、

とよく聞きますが、
なんで感謝するといいか。

感謝しているときって、
自分がない。

無我

なんですね。
それは思いを持たないということ。

一度、無我の人、思いを持たない感謝している人に、
けんかをふっかけてみてください。
まったく歯が立たないと思います。

そうです、

空気みたいな状態なんです。

人と人とのトラブルは、
思いと思いのぶつかり合いです。
自分が思っているとおりにならないから、
相手に噛み付く。

思いは良くも悪くも同調します。
相手が怒ってたら、こちらも怒る。
相手が笑ってたら、こちらも笑う。

思いっていうのはそんな作用を持っているんですね。

ところが、感謝している人はどうでしょう。
思いがないんです。
良いも悪いもない。
相対の世界の外にいるわけです。

では、
アホはどうでしょう。
アホな相手にけんかを吹っかけられるでしょうか。
これもアウトです。
まるで空気に殴りかかるようで歯が立たない。

トラブルに巻き込まれている、
思い通りにならない、
問題山積み。

これらの原因はすべて思いです。

思いは重いので、心が重くなります。

そのとき足らないのは、

感謝力



アホ力

です。
ほんとうはこれでほとんど全部解決します。

ただし、感謝の達人、アホの達人のように力があればです。

では、その力をどうやって身につけるかです。
それはもうトレーニングしかありません。

そこで、今日のよみガエルのツッコミ超訳、

鏡の前でニィ〜ってしてみ、
けっこうアホな自分が笑えるで。


これです。
これはものすごいトレーニング効果が期待できます。
これで感謝力、アホ力がついていったら、
誰も太刀打ちできなくなる。

逆の立場で感じてみてもわかるはず。

目の前に、感謝の達人、アホの達人がいたら、
きっと戦えないです。

参りました!

と言っていまうに違いありません。

さて、さっそくアホの練習してえみましょう。

二〜って!
































***
# by kojobunko | 2015-06-26 11:46 | 名言ワンダフルデー

(人生のあきらめ)名言ワンダフルデー1-24

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

僕が死を考えるのは、死ぬためじゃない。
生きるためなんだ。


アンドレ・マルロー
(1901〜1976 作家、冒険家、政治家)

(人生のあきらめ)名言ワンダフルデー1-24_f0355165_935842.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


「楽しい人生やったな」っていうために、
人は生きてんねん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


おつかれさまでした、
今日であなたの人生は終わりです。


え〜っ、
聞いてないよ!

さて、どうしますか?
人生最大のピンチです。
さて、

ピンチをチャンスに変えられるか!

ピンチをチャンスに、
なんていうのは生きてるから通用するもの。
人生が終わってしまうんじゃ、
どうしようもない。

ここまでくると、
ピンチもチャンスもない。
あるのは、
いい意味での、

あきらめ

です。

あきらめというとマイナスのイメージが大きいです。
しかし仏教用語には、

諦観

という言葉があります。
これも、あきらめですが、
このあきらめは、

本質をはっきりと見極めて超然とすること

という意味があります。

では、

人生の本質

って何なんでしょうね。

ぼくの思う本質は、
今日のよみガエルのツッコミ超訳、

「楽しい人生やったな」っていうために、
人は生きてんねん。


これじゃないでしょうか。
どんなにデコボコで、
99%がどうしようもない人生であっても、
最後の最期にこの

いい人生だったな。

が出たら、
もうこの人生、

大成功

です。

ラグビーにも

ノーサイド

があります。
試合終了、
戦い終えたら両軍のサイドがなくなって、
同じ仲間になる。

いろんなことでやりあった、
あの人も、この人も、
お互いに尊重し、敬い、労いながら、
たたえ合う。

いろいろあったけど、
いい試合だったね。

そう、

いい人生だったね。
とたたえ合う。


そのために、
ぼくたちは生きているんです。

いろんな思いを次ぎに持ち越さない。

これが基本中の基本です。
持ち越すと、
また来世で同じ試合が始まります。































***
# by kojobunko | 2015-06-25 09:06 | 名言ワンダフルデー

(希望って薬)名言ワンダフルデー1-23

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

不幸を治す薬は、
ただもう希望よりほかにない。


ウィリアム・シェイクスピア
(1564〜1616 劇作家、詩人)

(希望って薬)名言ワンダフルデー1-23_f0355165_9224627.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


希望って薬飲むと、
1秒で幸せになれんねん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


不幸を感じるのは人間だけ

って知ってますよね。

ワンちゃんが寂しげなまなざしで見つめるとか、
悲しそうな遠吠えをするとか、
そうした喜怒哀楽は動物にもあると思いますが、

不幸だ

というその思い、
これは人間だけです。

では不幸って何なんでしょう?

幸せだ、不幸だと言いつつも、
何がそうさせているのか考えたことがあるでしょうか。

まったく同じシチュエーションなのに、
ある人は幸せだ、と言えば、
ある人は不幸だ、と言う。
一文無しの人が1万円を手に入れれば幸せ気分ですが、
1000万円持っていた人が大損して、
手持ち金が1万円になれば不幸だと思う。
同じ1万円でも、
その人の立場、環境によって幸、不幸が変わります。

要は、

比べてしまうから幸、不幸が生じる

んですね。

樹木希林さんが映画の舞台あいさつで、
「人生を楽しむ秘訣は?」
と質問を受けました。
それに対して希林さんはこう答えました。

他人と比較しないことね。

どうでしょう。
いま心の中にある不満を上げてみてください。
ぼくもけっこうあります。
仕事、お金、人間関係、健康・・・

これらの不満の根源は全部、

比較

にあります。
いま、比較しない自分を体感してみようと思います。
仕事、
自分の好きなことができてて感謝。
お金、
ちゃんと3食ご飯食べて、住むところもあるし感謝。
人間関係、
気心の知れた家族、友人、知人に恵まれて感謝。
健康、
毎日の生活に十分耐える心身があって感謝。

ぼくたち人間には2つの選択肢が与えられています。
1つは、

相対の世界

です。
比べることによって物事を体感していく世界。
もう1つは、

絶対の世界。

これは比較するものがない世界です。
例えば、



です。
愛は絶対の世界のもの。
他にも、

おもいやり
まごころ
いつくしみ


など。
あと、

感謝

ですね。

そして今日のよみガエルのツッコミ超訳です。

希望って薬飲むと、
1秒で幸せになれんねん。


希望って薬もまさに、
絶対の世界のものです。
もう万能薬。

ここでいう希望とは、
朝になれば必ず陽は昇るという確信、
天への信頼です。

この薬があれば、
元気に生きれるし、
また、

元気に死んでいくこともできる。

元気に死んでいく?

そうです、
身体がどうであれ、

心は元気に
死んでいける

ものすごい薬でしょ。


























































***
# by kojobunko | 2015-06-22 09:26 | 名言ワンダフルデー

(神様よろしくね)名言ワンダフルデー1-22

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

決定をあせってはならない。
ひと晩眠ればよい知恵が出るものだ。


アレクサンドル・プーシキン
(1799〜1837 詩人、作家)

(神様よろしくね)名言ワンダフルデー1-22_f0355165_17114396.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


知恵くださいゆうてお願いして寝てみ、
夢の中でええこと教えたるから。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


守護神さん

の存在を信じますか?
今日も怪しい話題です。

ぼくは毎朝、散歩もかねて氏神様にお参りします。
ここはぼくの産土神社でもあります。
ちなみに、
氏神様はその土地を守る神様。
産土様はその人が生まれた土地の守護神で、
その人を生まれる前から死んだ後まで守護する神といわれてます。

毎日のようにお参りしているので、
必然的にこの神社の宮司さんと親しくなります。
珍しく女性の宮司さんなのですが、
いつか、

神様は地上にたくさん、
もうピンからキリまでおられるんですよ。


と教えてもらったことがあります。
神様という呼び方をしていますが、
要は、妖怪だったり、幽霊だったり、
そんなものも含めて、
見えない存在がうごめいているというんです。

ときに、そういう存在が見えるという人がいますが、
これはテレビと一緒で、
その人の波長に合ったからで、
見えない電波がテレビに映るんですから、
それよりも機能の高い目に映ったからといって
たいしたことではありません。

それよりも、

自分がどんな波長で生きているか

が問題です。
その波長に合わせて、
それに見合った神様と仲良くなるんですから。

神道では八百万の神といって、
もうすべての存在を神様として祀っています。
これは、さっきの宮司さんが言っておられたように、
地上にはたくさんの、
それもピンからキリまで、
たくさんの存在がうごめいています。

力をもって人を導く神もあれば、
荒ぶる神もいるわけです。
霊験あらたかな神様には、
導き、守護を祈り、
荒ぶる神には、
鎮まりたまえと祈る。

これは人間界と神様の世界における、
長い歴史の中で築いてきた信頼関係の上に成り立っています。

今日のよみガエルのツッコミ超訳、

知恵くださいゆうてお願いして寝てみ、
夢の中でええこと教えたるから。


さて、どの神様にお願いして寝ましょうか?

ここでその願い方の秘訣です。

自分のことを願うことは悪いことではありません。
しかしまずは、

世の中のため、人のためになる、
そんな願い方をすると、
レベルの高い知恵が降りてくる


んですね。
ここがポイントです。

まずですね、

世界が平和でありますように

なんて願いを唱えると、
そういう神様とつながります。
その後に、

自分という存在が世の中の役に立ちますように

これも、いい感じの願いですね。
これでレベルの高い神様とコンタクトできます。
そして最後に、
自分の願いを少しだけ、

神様よろしくね

と、ウインクの一つでもして、
あとは眠りにつくだけです。

間違っても、逆をやっちゃダメですよ。
自分の願いから入ると、
悪夢にうなされることになりかねませんから。























































***
# by kojobunko | 2015-06-19 17:05 | 名言ワンダフルデー

(当たり前)名言ワンダフルデー1-21

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

目の見える人間は、
見えるという幸福を知らずにいる。


アンドレ・ジード
(1869〜1951 小説家)

(当たり前)名言ワンダフルデー1-21_f0355165_9303933.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


幸せって、
当たり前の中にあるねん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


この世で最高の幸せ

ってなに?






それは、

何も起こらない

ということなんですね。
平穏無事に今日一日過ごせる、
これが最高の幸せです。

その一番分かりやすいのが健康ですね。
今日もご飯がおいしい!
快食、快眠、快便、
元気はつらつ、絶好調!
もう、元気で当たり前。

ところがですよ、
ちょっとでもどこか痛む、
調子が悪い、
となると事態は一転。

あれ?
もしや、何か悪い病気じゃないか、
なんて心配して動揺します。
一過性の症状なら、
痛みもどこへやら。
でも大病にでもなると、
その当たり前に健康であることが、
どれほどの奇跡だったか、
そのありがたさが沁みます。

ぼくたちは、
人間界のやりとりで、何にでも価値をつけ、
お金に換算してしまいます。
では、
この人間の身体をお金に換算したらとんなことになるか?
脳ひとつとっても計り知れない価値を持っている。
手足の機能はどう?
内蔵はどう?
神経系統はどう?
これらは、この地球上で最高の機能をもつ、
最高のものばかりです。

この最高の道具に、
いくら払ったでしょうか?
そう、

ただ

ですよね。
期限づきですが、
その期間はただで使わせてもらっている。
あくまでも、
自分のものじゃない、
レンタルです。
使い終えても、
金払えとは言われません。

ある人から聞いた話ですが、

ただより高いものはない

という言葉の意味です。
普通は、ただでものをもらったりすると、
後で高くつくことになる、
と解釈します。

でも、本当の意味は、

この世に、
ただで与えられたこの身体よりも
高い価値を持つものはほかにない。


この与えていただいた身体、
これはただです。
ただだけどお金に換算できないほど高価なもの、
というわけです。

水だってそうです。
空気だって、
食物だって、
その元をたどれば自然の産物。
ただです。

ただで最高のものを、
こんなにいっぱい与えられていること、
これが当たり前のすごさなんです。


当たり前に感謝!
合掌


















































***
# by kojobunko | 2015-06-18 09:34 | 名言ワンダフルデー

(充実した死)名言ワンダフルデー1-20

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

最初の呼吸が死の始めである。

トーマス・フラー
(1608〜1661 神学者)

(充実した死)名言ワンダフルデー1-20_f0355165_1432152.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


生まれた瞬間、
致死率100%のドラマが始まんねん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

死というものは不思議です。

これだけ身近で、誰もが必ず経験するものでありながら、
なんとも漠然としてつかみどころがない。

死についてはできるだけ考えたくないし、
自分は死なないのではないか。
死とは他人事であり、
遠い世界の話である。

そんな感覚さえあるんじゃないでしょうか。

死について、
孔子がこんな言葉を残しています。

なぜ自分は生まれてたのか、
そのこともよく分からないのに、
どうして死のことがわかろうか。


つかみどころのない、
この死というものについて疑問をもった弟子が、
孔子なら知っているだろうと思って尋ねたのでしょう。

しかし、さすがの孔子も死についてはわからなかった。
死について考えるよりも、
どう生きるかが大切なのだと、
弟子を諭したのでしょう。


さて、ここであえて新しい視点を持ち込んでみましょう。

充実した死

どんなものを充実した死というんでしょう。

いつだったか、
マザーテレサのこんな話を読んだことがあります。
マザーテレサは晩年までインドのスラム街で、
貧しい人たちの最期を看取るのを自分の使命としました。
目の前の貧しい人こそ、イエスその人だと。

今まで一度として満足した生活をすることができず、
挙げ句の果てに病にかかり、道ばたで死を待つばかり。
そんな男の前にマザーテレサが現れました。
マザーテレサはその薄汚れた男を施設へと連れ帰り、
イエスに使えるようにその男を手厚く看護しました。

ついにその男は死のときを迎えます。
死に際に一言、

生まれてきてよかった

との言葉を残して逝きました。
マザー・テレサの愛が、男の心の扉を開いたのです。

この話からわかるのは、

充実した死とは、
すべての生を輝くものに変えてしまう。


ということ。
最期まで、人生はどうなるかわからない、
ということです。

だからこそ、
人生はドラマなんです。

今日のよみガエルのツッコミ超訳、

生まれた瞬間、
致死率100%のドラマが始まんねん。




















































***

# by kojobunko | 2015-06-17 14:11 | 名言ワンダフルデー

(いい人をやめる)名言ワンダフルデー1-19

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

のがれよ、わたしの友よ、
君の孤独のなかへ。


フリードリヒ・ニーチェ
(1844〜1900 哲学者)

(いい人をやめる)名言ワンダフルデー1-19_f0355165_9583184.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


孤独のときって、
愛想笑いせんでええやろ。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


心の孤島に住む現代人

そんな言葉が出てきました。

人は一人で生きていけません。
だから群れをなし、誰かとつながっていることを実感しつつ、
自分の存在を確認しています。

この間、テレビで特集をしていましたが、
つながりを求め、自分の存在を確認するために、
LINEなどのソーシャルネットワーキングサービスに
はまっている人の数は相当なものです。

こういうサービスも、
自分に主体があって情報収集したり、
ネットワーク拡大に活用するなど、
そうしたツールに使えば威力を発揮します。

ところが、主体性なく、
集団に流されていくと、
人のつながりはあっても、
顔が見えないだけに、
その心理的な煩わしさは相当なもの。

ニーチェの名言、

のがれよ、わたしの友よ、
君の孤独のなかへ。


この言葉なんかも、
主体性のない、空虚な関係から、
みずからを主体とした生き方へと誘っています。
それこそがあるべき姿なんだと、
きっぱりと言い切っている清々しさを感じます。

では、一度はまってしまったSNS地獄、
ここから抜け出すにはどうしたらいいのか。
その秘策を伝授しましょう。
それは、

いい人をやめる

損をしてもいい自分になる


です。

人は、物心つくと家庭や学校でいろんなことを学びます。
それは、世の中が発展していくための知恵を学んだり、
賢い自分になるため、
これが建前です。

ところがですよ、

ここポイントです。

本当は何のために学んでいるのかというと、

自分が損をしない、
自分が傷つかない、
そのためのテクニックを学んでいるんです。


社会に出て馬鹿にされないように、
社会に出て損をしないように、
できるだけ優位な立場でこの一生をおくる。
そのためにどうすればいいかを学んでいるわけです。

SNSなんかでも、
フタを開けるとそんな心理が根底にあるんじゃないか。
「いいね!」を押しながらも、
その裏に良い人を演じていないか。
それは自分の立場を守るためにです。

この際、
「よくない!」を押してみる。
「ばかやろう!」を押してみたらどうなる?
「ふざけんな!」ってどう?

いい人をやめる

損をしてもいい自分になる


これができたら、

びっくりするような自由の世界

にいけます。

最後によみガエルのツッコミ超訳です。

孤独のときって、
愛想笑いせんでええやろ。


もう、愛想笑いするのやめて、
自分を生きてみたら?
















































***
# by kojobunko | 2015-06-16 10:02 | 名言ワンダフルデー

(大きな欲をもつ)名言ワンダフルデー1-18

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。
 

[今日の名言]

すぐれた魂ほど、大きく悩む。

坂口 安吾
(1906〜1955 小説家、評論家、随筆家)

(大きな欲をもつ)名言ワンダフルデー1-18_f0355165_1143057.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


悩みがない? あかんな。
大物になられへんわ。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


悩むときって、どんな感じでしょうね。

自分を振り返ってみると、

思い通りにならない
満たされない
理解できない


こんなときでしょうか。
いずれにしろ、

欲求不満

ですね。
欲求を満たせないから悩む。

ではこれを、
坂口安吾の名言に当てはめてみましょう。

すぐれた魂ほど、大きく悩む。

これからすると、

すぐれた魂ほど、欲深い。

ということになります。
確かに、
すぐれた魂の持ち主、
釈迦キリスト孔子や、
こんな人は相当欲深い人たちです。
聖人たちこそ欲のかたまり。
その欲をエネルギーにして、
大きな行動を生み出しているんです。

ところが、

無欲になれ

なんて説教を残しています。
欲深い聖人がよく言ったものです。
自分が欲深いのに、
人には無欲になれなんて。


とまあ、今回はとんでもない視点を持ち込んでます。

聖人こそ、欲深い。

では、この種明かしをしましょう。
実は、欲には二種類あります。

一つは、

小欲

もう一つは、

大欲

です。
文字通り、

聖人は大欲の持ち主

です。
それに比べ、
ぼくたち凡人は、
聖人に比べると欲もささやかなものなので、
小欲です。

さて、この聖人の持つ大欲とは何か?
それは、

万民の衣食住を充足して、
大きな幸福をもたらそうという望み


です。
そうです、
自分のために、自分を満たそうとするのが小欲であり、
大欲とは、

人や社会のために尽くそうという志であり、
利他の心で貫かれたもの

なんですね。

欲というのは、ものすごいエネルギーを秘めています。
持ち方、使い方によっては、
人を殺したり、騙したり、陥れたりします。
しかし、使い方次第では、

この宇宙の生々発展の一躍を担う

ことさえできます。

ぼくがなぜ名言をオススメするかといえば、
言葉を遺すような先人たちに共通するのは、

大欲を理解し、
それを実践し、
生々発展の一躍を担った人たち


だからです。

人は、朱に交われば赤くなる、というように、
そういう人や言葉に触れると感化を受けます。

たいていの人たちは、
本能のままに生きていると、
ほぼ間違いなく小欲の人になります。
しかし、名言を残したような人たちの考えや言動に触れると、
その大欲のエネルギーに触れ、

小欲が大欲へと変わっていく

んです。
これって、ものすごいことで、
生きる世界が変わってしまう。
まさに、次元上昇してしまうことさえある。

大欲って、なにかむつかしいものだと思うでしょ。
でも、こんな捉え方でいいんです。

人を喜ばせたい

たったこれだけ。
これが大欲の大元なんです。

大欲は無理として、
せめて中欲を目指しますか。















































***
# by kojobunko | 2015-06-15 11:56 | 名言ワンダフルデー

(ありえないこと)名言ワンダフルデー1-17

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

成し遂げんとした志を、
ただ一回の敗北によって捨ててはならぬ。

フリードリヒ・ニーチェ
(1844〜1900 哲学者)

(ありえないこと)名言ワンダフルデー1-17_f0355165_14381998.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


あきらめたときに、
失敗って言葉が生まれんねん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


この日、何を思ったか、

岡山駅から自宅まで歩いて帰ろう。

そんなことを思い立ち、歩き始めました。
約10キロの道のりです。
歩けば2時間くらいでしょうか。

雨に遭うわ、
古傷の右ひざが少し痛くなるわで、
小さなアクシデントもありましたが、
なんとか無事に歩ききりました。
ちょっとした小旅行気分です。

雨が降り始めたら路線バスに乗ろう、
そう決めていましたが、
いざバス停にたたずむと、
岡山駅から自宅まで歩くなんて機会は
そうそうないだろうと思いとどまり、
また歩き始めます。

で、また、バス停を通り過ぎるたびに、
ちらりと時刻表を見ます。
あっ、やっぱり乗ろうかな?
無理して歩かなくても・・・。
乗ろうか、乗るまいか、
楽したいな、でもここまで歩いたんだから、
もう一区間歩いてみよう。

途中、タイミング悪く本降りになった雨に、
ずぶ濡れになり、コンビニで傘を買ったりもしましたが、
けっきょくなんだかんだ言いながらも、
たどり着いていました。

この経験は、
何かぼくの中でピカーンと光るものがありました。

なんだ、歩けばたどりつけるじゃん!

岡山の人って歩きません。
ほぼ車移動です。
このルートを歩くなんて、ありえない。

ありえないことをすると、
何かが変わります。


考えてるばかりでやっていないこと、
けっこうあります。
できるのかな?と思いばかりめぐらせていること、
これもけっこうあります。
でも、まずやってしまえばできてしまう。
そう、

一歩踏み出せば、一歩近づく

んです。

自分を変えたい、変わりたい人はぜひ、
非常識なこと、ありえないことをやってみてください。
間違いなく、

100%の確率で自分が変わります


から。














































***
# by kojobunko | 2015-06-13 14:37 | 名言ワンダフルデー

(病気は味方)名言ワンダフルデー1-16

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

人間は、その人の思考の産物にすぎない。
人は思っている通りになる。

マハトマ・ガンジー
(1869〜1948 弁護士、宗教家)

(病気は味方)名言ワンダフルデー1-16_f0355165_936141.jpg



今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


二階に登る気のない人を、
二階に連れてくのってたいへんやねん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


病気をするのは、
身体が正常に機能しているからです。

この言葉は、
5年近く前から親しくしていただいている、
異色の医師から教えてもらったものです。

あれ?
と思った方が多いと思います。

病気とは、身体の機能が壊れている状態。

これが一般常識です。
でも本当は、身体が正常に機能しているからこそ、
今のままじゃダメだよ、
という症状のシグナルで示しているんです。

そこで、
病気の症状が起こったときは、こう言ってみてください。

ああ、身体が正常に機能してくれているな。

すると、次元が変わってしまいます。
普通は、病気の症状が出たら、
いかにして病気を封じ込めるか、
を考えます。
それは、

病気=悪

と思っているからです。

そこで視点を変えて、

病気=マイドクター

そう捉えたら、すごい意識革命が起きます。

視点、思考を変えるだけで、
病気という敵が、
最良の味方にさえなってしまうんです。

みんな、自分の持っている常識が正しいと思っている。
どこで、誰に教わった常識か知りませんが、
それが自分の思考となっていくんです。

ガンジーの名言です。

人間は、その人の思考の産物にすぎない。
人は思っている通りになる。


は、そのことを言っています。
常識という思考の産物を自分の中に取り入れると、
そのとおりに人生は展開していく。

病気は悪だと信じ切っている人に、
病気はマイドクターなんだと信じさせるのは困難です。

それは、その人にとっての常識を、
非常識に変えてしまうことになるからです。
これはもう、体験してみるしかない。
病気の症状が出たときに、こう言ってみるとどうなるか、
一度試してみてください。

ああ、身体が正常に機能してくれているな。
マイドクターのメッセージなんだ。


きっと、病気に対する恐怖心がなくなるはずです。
そして、

この症状という不具合に対して、
何を変えなければならないか、
その対処法が見えてきます。

仕事、人間関係、家庭環境・・・

病気は、そういった無理や不自然を改善する、

ライフコーチャー

でもあるわけです。















































***
# by kojobunko | 2015-06-11 09:55 | 名言ワンダフルデー

(我を忘れる)名言ワンダフルデー1-15

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

目を閉じよ。
そしたらお前は見えるだろう。

サミュエル・バトラー
(1835〜1902 作家)

(我を忘れる)名言ワンダフルデー1-15_f0355165_18175571.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


夢もそうやけど、
目ぇ閉じな見えへんもんがあんねん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、なぞなぞです。

あなたの最高の友であり、
最強のサポーターでありながらも、
ときに最高の敵となり、
また、あなたを徹底的に邪魔する人、
それは誰でしょう。


正解、それは、

あなた自身

です。
やればできることを、

できない

と言い、
やれば絶対に自分のためになることを知りながら、

面倒くさい

と言う、
そうとうにひねくれた天の邪鬼です。
でも、つき合い方次第では、
とてつもない相棒にもなります。

この自分と折り合いがついて、
うまく共同作業ができるようになると、
もう無敵!

鬼に金棒

です。

では、どうすれば最高の相棒となるのか。
完全なる味方にするには、どうすればいいかです。

では、その心構えを伝授しましょう。
それは、

何かに夢中になること

です。
何かに夢中になると、
そのとこに熱中して我を忘れます。

我を忘れる

というのは、自我がなくなるんです。
自我こそが面倒くさい自分の正体なんですね。

自我とは、
やりたい、やりたくない。
好き、嫌い。
できる、できない。
そういう

相対の世界

の面倒な存在です。
ところが、夢中になると自我はそこに存在しません。
自我が存在しないとき、
最高のパフォーマンスができるんです。
ヒラメキ、発明、そういったものは、
この自我がない状態のときに生まれます。

この状態をぼくは、

夢の世界の住人

と呼びます。
では、夢の世界の住人になるパスポートをお渡ししましょう。
それは、

夢中になれるものを一つだけ持つこと。

それを持てば、
今日からあなたも夢の世界の住人の仲間入りです。












































***
# by kojobunko | 2015-06-10 18:27 | 名言ワンダフルデー

(答えはすでにある)名言ワンダフルデー1-14

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

解決策が分らないのではない。
問題が分っていないのだ。

ギルバート・ケイス・チェスタトン
(1874〜1936 作家)

(答えはすでにある)名言ワンダフルデー1-14_f0355165_11124212.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


自分、問題読まんと
答え考えてどうすんのん。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


卵が先か、鶏が先か、とよく言う話ですが、

問題が先か、答えが先か。

さてどちらでしょう。
普通は、問題があって答えがある、
これが普通の視点ですね。

でも本当は、

答えがあって、問題が生まれる。

これが本当なんです。
種明かしをすると、
実は、ぼくたちはすでに、

決まった答えの中を生きている。

その証拠に、
答えが見つかったときにどんな言葉がでますか?

あっ、そうか!

ですよね。
これって、新しいことを知ったのではなく、
何かを思い出した瞬間です。
思い出すということは、
すでに答えが自分の中に存在して、
その扉が開いたということ。

こんな新しい視点から見ると、

問題は解くものではなく、
答えを思い出すための設題である、


ということに気づきます。

インドにアガスティアの葉というのがあるのをご存じでしょうか。
その葉には、その人の過去、現在、未来の情報がこと細かく書かれているそうです。
実際にその葉を見つけに行った日本人の記録を読みましたが、
かなり詳細に記録されているようです。

これが信憑性のある事実ならば、

答えはすでにある。

ということになります。

問題は降り掛かってくるものではなく、
答えを導きだすための呼び水


と捉えると腑に落ちると思います。


























***
# by kojobunko | 2015-06-06 11:16 | 名言ワンダフルデー

(損すると得する)名言ワンダフルデー1-13

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

転んだ時にはいつでも何かを拾え。

オズワルド・アベリー
(1877〜1955 医師)

(損すると得する)名言ワンダフルデー1-13_f0355165_10313175.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


失敗するたびに、
成功への確率が上がっていくねん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


みんな、日々新しいことを学んでます。
何を学んでいるか知ってますか?
それは、

自分が傷つかないための術を学んでいる。

自分が損をしない、傷つかないためにはどうすればいいか、
それを必死に学んでいるんです。
いかがでしょう、心当たりありますよね。

どうやれば失敗しないか、
これも同じです。
失敗して、恥をかいて、かっこ悪い自分をみせたくない。
そのための得策は、何もしないこと。
無難に生きることです。
これらは全部、自分のために生きているんですね。

ところが、
別次元の生き方があります。
それは、

自分以外の人のために生きること。

もう、視点がまったく違います。
目の前の人を助けたい、
地域を活性化したい、
この国を守りたい、
という利他の生き方です。

その心境に行き着くと、
自分の失敗だとか、損だとか、傷つくだとか、
そんなことは北風が運んできた枯れ葉が、
頬をなでていく程度の衝撃に過ぎなくなります。


松下幸之助さんの会社が大きく発展するきっかけとなった、
ある体験と心境の変化をご紹介しましょう。

これはぼくの恩師から聞いた話なのですが、
松下さんはある宗教団体を訪れたそうです。
そのとき、喜々として働く信者さんの姿を見て、
なんでこんなに輝くような姿をもって、
疲れも見せずに働けるのだろう。
会社員は給料を支払っているのにこれほどの姿では働かない。
信者さんは給料をもらっていないのに喜々としている。
その違いは・・・。

帰り道、思いを巡らしていた松下さんに、
フトひらめくものがあった。
それは、

自分のために働いているんじゃない、
自分以外の人や存在のために働いている。


そういうことだったのか。

松下さんはこの日を、

命知元年

と命名したそうです。
そうです、天命を悟った日です。

そして、松下さんは、

すべての人が豊かに暮らせる

そんな世の中をつくろうと思った。

このときから、
会社は急成長していったそうです。

松下さんのような心境まで行き着くと、
損をするとか、恥をかくとか、かっこ悪いだとか、
そういう次元じゃなくなります。

失敗は、大切なシグナルと変わる。

そのシグナルに耳を澄ませ、
目的を達成するにはどうすればいいのか、
そのことに意識を集中します。

自分が傷つかないために学ぶのではなく、
人を豊かに、楽しませる、喜ばせるために、
失敗から学ぶようになります。

このことを知ってしまったあなた、
もう自分のためだけに生きられなくなります。
自分以外の人のために生きたくなる。

実は、

これが一番、得な生き方

なんですね。
最後に豊かさを体験するのは、
こんな生き方をする人たちなんです。






























***
# by kojobunko | 2015-06-05 10:34 | 名言ワンダフルデー

名言ワンダフルデー お礼状

誰かを楽しませなければ、生きている意味がない。
宮崎駿

人間には3つの本能があるそうです。1つは自己保存、もう1つは種の保存、この2つはすべての動物が持っている本能です。では、あとの1つは何かというと、これは人間だけが持つ本能。それが「喜ばれるとうれしい」という本能だそうです。(参考:『喜ばれる』小林正観著)
今回の作品展のテーマは「喜ぶ」でした。来ていただける人たちに喜んでいただき、関わる人たちも喜ぶ。多少なりとも楽しんでいただけたなら幸いです。十分なおもてなしができなかったことをお詫びしつつ、また新たな「喜ばれるとうれしい」体験をしたいぼくです。
この度は、名言ワンダフルデー展への応援をありがとうございました。

                         アトリエ興譲文庫 柴田健二郎


名言ワンダフルデー お礼状_f0355165_9362164.jpg











***
# by kojobunko | 2015-06-05 09:30 | 名言ワンダフルデー

名言ワンダフルデー展 お礼

おかげさまで、「名言ワンダフルデー展」を無事に終えることができました。
お越しくださった皆様、後押ししてくださった皆様に、
心からお礼申し上げます。

名言ワンダフルデー展 お礼_f0355165_10395630.jpg












***
# by kojobunko | 2015-06-03 10:40 | インフォメーション

名言ワンダフルデー創作本展

柴田健二郎 創作本展
Meigen Wonderful Day
2015.5/30sat 31sun 10:00 - 17:00
ギャラリー 角屋(カレー工房かどや内)
岡山市北区花尻あかね町 8-105
名言ワンダフルデー創作本展_f0355165_10114797.jpg


『名言ワンダフルデー』のお披露目展を開催します。

作品展といっても、
展示作品点数はささやかなものです。
なんといってもこの小さな4冊が主役なのですから。
名言ワンダフルデー創作本展_f0355165_11281656.jpg
この小さな4冊の本は、
ぼくの現時点の集大成なのかもしれません。
ぼくの中の主たる3つの要素が集約されているからです。

一つ目は、20代で出合った古今東西の偉人の言葉たち。
あれから気がつくと30年ちかく、
ずいぶん名言に救われました。

二つ目は、これも20代に就いた広告制作の仕事。
はじめのころは、デザインとは奇抜な作品を作ること、
と思っていましたが、いまのぼくが思うデザインは、
「むつかしいものをわかりやすく、
 わかりやすいものをおもしろく」
複雑な情報や思いを整理し、
わかりやすく、そして興味をそそるような表現にする、
それがぼくの思うデザインです。

三つ目は、本づくり。
本づくりの仕事は、はじめは気が乗りませんでしたが、
自営ということもあって何でもやらなければ生きていけない。
ところがやってみると、意外にぼくの性にあってた。
それから頼まれるままにいつのまにか50冊以上の本を作ってます。
それに加えて、
手製本の世界を知ったこと。
昨年春に卒業した芸大通信の卒業制作で最優秀賞をいただいたのも、
手製本で作った『名言365』という本だったことが、
今回の『名言ワンダフルデー』につながっています。

創作本展の展示点数は少ないですが、
『名言ワンダフルデー』に使った写真を大きく引き延ばし、
名言、ツッコミ超訳とともにパネルにして展示します。
それから、ポストカードも展示販売します。
手製本でつくったジャバラ折りの本に、
ポストカードをはめ込めば1冊の名言写真集となります。

あと、名言つながりということで、
『名言365』
『豆本アメニモマケズ』
も展示予定。

それから、
名言ワンダフルデーにも使わせていただいた、
友人の中山裕那さんの作品展示もあります。
彼女が創作活動とともに展示をするのはひさびさ、
2年ぶりに醸す作家オーラです。

では、
みなさまにすばらしき日が訪れますよう、
会場でお待ちしています。













*****
# by kojobunko | 2015-06-01 00:02 | 名言ワンダフルデー

(一歩踏み出す呪文)名言ワンダフルデー1-12

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

苦悩を突き抜け、
歓喜に至れ。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
(1770〜1827 作曲家)

(一歩踏み出す呪文)名言ワンダフルデー1-12_f0355165_1013373.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


そこでもう一歩、
踏み出せるかどうかやねん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


あと一歩だったのに。

きっと世の中には、
そういうことが山ほどあるんだろうと思います。

あと一歩踏み出していれば、
人生は、今とまったく違ったものになっていたかもしれない。

ベートーベンの名言、

苦悩を突き抜け、
歓喜に至れ。


ベートーベンの人生はまさに苦悩の連続でした。
幼くして母をなくし、
アルコール依存症の父に代わって家計を支え、
父や兄弟の世話に追われます。

20歳代後半ごろから難聴が悪化しはじめ、
40歳頃には全聾になってしまいます。
音楽家として聴覚を失うということは死にも等しい。

幾度となく襲ってくる苦悩を乗り越えながらの音楽活動。
この苦悩を突破する力こそが、
あの心を打つ名曲を生んだんですね。


よみガエルのツッコミ超訳、

そこでもう一歩、
踏み出せるかどうかやねん。


それでも、行き詰まりを感じて、
どうしても一歩踏み出せそうにないときの呪文を伝授しましょう。
これは、ぼくが若かりし頃、
恩師から教えてもらった名言です。

トラブルに見舞われて心が折れそうになったら、
一言、

おもしろくなってきたぞ。

この言葉は不思議です。
勇気がわいてきます。
そして、なぜか活路が見えてくるんです。

トラブルをおもしろがる。

これはステキなことだと思います。
トラブルの中にいるんじゃなく、
トラブルの外に自分をおく。

ベートーベンも、
きっと苦悩の中に喜びを見つけていたはずなんです。
それは、

人を喜ばせる

ということ。
自分だけの苦悩は堪え難いものですが、
その向こうに、喜んでくれる人がいて、
その人たちを音楽で喜ばせたいという夢があった。

現に、ベートーベンの葬儀には、
2万人もの人が駆けつけるという異例のものだったことからしても、
ベートーベンは人を喜ばせる達人だったということが分かります。

まず、

喜んでくれている人を思い浮かべ、
おもしろくなってきたぞ、
と呪文を唱えて一歩踏み出すと、
きっと苦悩を突き抜ける活路が見えてくるはずです。































***
# by kojobunko | 2015-05-18 10:33 | 名言ワンダフルデー

(良寛の愛)名言ワンダフルデー1-11

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

知るものは言わず、
言う者は知らず。

老子
(紀元前6世紀の人物とされる 哲学者)

(良寛の愛)名言ワンダフルデー1-11_f0355165_18101066.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


本当に大切な事って、
言葉になれへんねん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


うちの放蕩息子をなんとかしてください。

手に余った両親からの頼み込まれました。

そうですか、では伺わせていただきましょう。

そういって良寛さんは、
しばらくそのお家に滞在することになりました。

それから、
1日過ぎ、2日過ぎしても、
いっこうに良寛さんは息子に説教の一つもしません。
そればかりか、
息子と一緒に笑い、戯れるばかり。

とうとう数日たち、
良寛さんが帰る日になってしまいました。
息子はとても楽しかったのでしょう、

良寛さん、わらじのひもを結んであげるよ。

と言って、ひもを結び始めました。
すると、息子の手に、

ポトリ

あれ?なんだろう。
見上げると良寛さんのまなこから熱いものがあふれていました。

ポトリ ポトリ

息子の手に落ちてきたのは、

良寛さんの愛

でした。
良寛さんは何も言わず、
そのまま立ち去ったのでありました。

息子は良寛さんから、
何か熱いものを感じ取り、
それ以来、放蕩はやめ、
熱心に働くようになったとさ。



























***
# by kojobunko | 2015-05-16 18:12 | 名言ワンダフルデー

(天国と地獄)名言ワンダフルデー1-10

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

いつも太陽の光に顔を向けていれば、
影を見ることはありません。

ヘレン・ケラー
(1880〜1968 教育家、社会福祉活動家、著作家)

(天国と地獄)名言ワンダフルデー1-10_f0355165_1045468.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


暗い暗いゆうて、
自分が勝手にそっち向いてるからやん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


天国も地獄も、
すぐ目の前にある。


というお話です。
ぼくはこの話を聞いたとき、
「へ〜」って驚きました。
目からウロコです。

では、まず自分が歩んでいる一本道を想像してください。
まっすぐか、クネクネ曲がっているか、
デコボコ道か、
それは人それぞれです。

人生の道はこんなふうになってます。
まず右手をご覧ください。

花畑が広がっています。

ちょうど季節もいいので、
菜の花が満開で目を楽しませてくれています。
これから季節が変わるにつれ、
いろんな植物が目を楽しませてくれるでしょう。
蝶や昆虫たち、また小鳥のさえずりも聞こえてきますね。

では、左手をご覧ください。

しかばねの山です。

殺戮と狂気に満ちた人々がつくり出した惨状です。
もう、目をおおいたくなる光景です。
これも現実、目をそらすわけにはいきません。

はい、これが人生の道なんです。

この光景を変えることはできません。
天国のような光景も、
地獄のような光景も、
この世には同時に存在しているんですね。

ここらで少し、
頭を左右に振ってストレッチしてみましょう。
はい、右見て、はい、左見て、
どうでしょう、首はゆるんだでしょうか?

ところで、
今、右を向いたときは花畑が見えましたよね。
で、左を向くとしかばねの山でした。

どうですか? 気づきましたか?

どっちを向くかは選べるんです。

花畑を楽しみたかったら、
右に広がる風景を見ていればいいし、
この世の闇と光を観察したければ、
左を向いて歩く。

天国がよくて、地獄が悪い、
そんなもんじゃないんですね。
同時に存在しているものなんです。


よみガエルのツッコミ超訳、

暗い暗いゆうて、
自分が勝手にそっち向いてるからやん。


そろそろ地獄にあきてきた?
そっちばかり見てたら首が疲れるでしょ。
じゃ、反対側に首をストレッチしてみますか。

どうです?
それが天国です。

























***
# by kojobunko | 2015-05-15 10:47 | 名言ワンダフルデー


本は、過去、現在、未来をつないでくれるツールです。読む本はもちろん、本には作る楽しみもあります。まだ知らない本の世界をシェアしていきます。by 柴田健二郎


by kojobunko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

アトリエ興譲文庫のこと

アトリエ興譲文庫の活動

お問い合わせ
 ↓
kojobunko★gmail.com(★→@)

カテゴリ

名言ワンダフルライフ365
本作り
インフォメーション
パッセカルトン
ワークショップ
名言ワンダフルデー
四次元マッピング
名言365

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

最新のコメント

FUKUKOTO・Fuk..
by kojobunko at 13:52
FUKUKOTO・Fuk..
by nayacafe-2950 at 07:15

お気に入りブログ

Yathbee's Photo

最新の記事

449 問題を解く糸口(名言..
at 2020-03-29 07:41
448 理想のゴールに向かっ..
at 2020-03-28 07:07
447 対立と調和(名言ワン..
at 2020-03-27 07:12
446 人生マラソン(名言ワ..
at 2020-03-26 07:15
445 宇宙の真善美(名言ワ..
at 2020-03-24 07:18

ブログジャンル

アート・デザイン
本・読書