人気ブログランキング |

409 本心の輝き(名言わンダフルライフ365)


泣くことも一種の快楽である。
ミシェル・ド・モンテーニュ


涙すると
心の太陽が現れる



***

思いは心の雲だ。

雲が太陽を遮るように、思いはときに心を閉ざしてしまう。

だが、雨が降って雲がなくなるように、人もまた涙することで心の雲が晴れるものだ。

心の雲が晴れると、本心が輝き出す。

人はときに、泣くことも必要だ。















***


# by kojobunko | 2020-02-17 07:28 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

408 本と対話する(名言ワンダフルライフ365)


読書する暇つぶし屋を、わたしは憎む。
フリードリヒ・ニーチェ


本はいつでもどこでも対話できる
人生の同伴者のようなもの


***

自分にとっての本を考え、感じてみた。

自分にとって本とは、いつでもどこでも対話できる人生の同伴者のようなもの。

その本は、ときに知恵を授けてくれる師となり、ときに寄り添う友となってくれる存在でもある。


また本は、人類最大の発明だと思う。

時空を超えて著者と対話でき、また生きる知恵を授けてくれるもの。

ここ数千年来の人間は、先人たちが本に遺した知恵のバトンタッチによって、進化し発展してきた。

本は、そんなすごいパワーを秘めている。













***
 

# by kojobunko | 2020-02-16 07:30 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

407 意識の海(名言ワンダフルライフ365)


山から遠ざかればますますその本当の姿を見ることができる。 友人にしてもこれと同じである。
ハンス・クリスチャン・アンデルセン


小さなしずくの集まりが
大きな海となる


***

人は意識の海に生きている。

その海の、どこに意識をおくかによって、見える光景、感じるものが決まってくる。

いま自分が見て感じている世界は、自分だけのもの。

他の人が自分と同じように見たり感じたりすることはできない。

その膨大な意識の海に、人は生きている間に自分だけの意識のマークポイントをつけていく。

それがその人の経験値となっていくのだ。


人が残すマークポイントは、意識の海から見ると一滴のしずくにすぎない。

だがその小さな意識一滴のしずくこそが、大きな意識の海を形成している。















***


# by kojobunko | 2020-02-15 07:19 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

406 天とつながる(名言ワンダフルライフ365)


人を相手にせず、天を相手にせよ。天を相手にして、己を尽くし、人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし。
西郷隆盛


頭にくると苦となり
腹におさまると楽となる



***

人間の世界の最大の特徴は、分別をするということにある。

分別とは、その事に対してあれこれと意味づけをして、善悪や損得で思量することだ。

だが、考えすぎると頭にくる。


頭にくると苦となり、腹におさまると楽になる。


頭で考えているうちは知恵は出てこない。

頭で考えるのではなく、腹で考える。

腹に考えがおさまったとき、知恵は出てくるものだ。

腹で考えているときは天とつながっているとき。

天とつながってこそ、真の知恵が湧いてくる。


















***

# by kojobunko | 2020-02-14 07:15 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

405 苦労するのは実力がないから(名言ワンダフルライフ365)


力を伴わない文化は、明日にも死滅する文化となるであろう。
ウィンストン・チャーチル


実力・実行力があってこそ
事は成る



***

若いころ恩師から、

苦労をするのは実力がないからだ。

と教えられた。

実力とは、目の前に起こってくる問題を処理していく能力のこと。

実力がつけば問題は問題でなくなり、苦労することもなくなる。

実力であれ、能力であれ、この「力」が伴ってこそ物事は進展する。

能力・実力・実行力、この「力」があってこそ事は成るのだ。


405 苦労するのは実力がないから(名言ワンダフルライフ365)_f0355165_07064604.jpg

















***
 

# by kojobunko | 2020-02-13 07:02 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

404 説得と納得(名言ワンダフルライフ365)


自然界の保全について、われわれが慎重を欠いていた事を未来の世代はけっして許さぬだろう。
レイチェル・カーソン


説得ではなく
納得によって進化する


***

どれだけ理性に訴えて説得しても、心に届かなければ意味がない。

納得してこそ、人は動くものだ。

納得は頭で理解することとは少し違う。

納得とは、腑に落ちる、腹に落ちる、身体感覚のようなもの。

説得が北風なら、納得は太陽の暖かさ。

心地いいと感じたときに、人は納得するものだ。















***


# by kojobunko | 2020-02-12 06:53 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

403 自分が変われば 世界も変わる(名言ワンダフルライフ365)


意識する存在にとって、生存するということは変化することであり、変化するということは経験を積むことであり、経験を積むということは無限に己自身を創造していくことである。
ベルグソン


自分が変われば
世界も変わる


***

目の前のコップに、水が半分入っている。

その水に対して、「もう半分しかない」と思うか、それとも「まだ半分ある」と思うか?

これは、その捉え方や思い方次第で、その認識が正反対になってしまうことの例えによく使われる。

その認識はよく、ポジティブとネガティブという言葉で表現されることがある。


だかここに、第三の視点というものがあることをご存知だろうか?

それは、目の前の現象に評価を与えないという視点。

ポジティブでもネガティブでもなく、ただそこに半分の水が入ったコップがあると認識するだけ。

本当はそこにポジティブもネガティブもない。

それが真実の世界。


この真実の世界を原点に、人は認識することによってその世界に評価を与え、その評価が自分だけの世界を創り上げている。

もし世界を変えたければ、自分の認識を変えることだ。

自分の認識が変わることによってのみ、世界を変えることができる。

















***

# by kojobunko | 2020-02-11 07:27 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

402 一番知りたいこと(名言ワンダフルライフ365)


いかなるすぐれた大学でも、そこで修得する知識は、人生から学ぶものにくらべれば一割にも満たない。
ロバート・アンダーソン


学びとは
自分を知るための素材収集


***

この宇宙は不思議に満ちている。

分からないこと、知りたいことがいっぱい。

その中でも、一番知りたいのは「自分」という存在だ。

自分にはどんな素養があって、それをどう活かせばこの人生が充実するのか?

また、自分はどんな運命を持ち、この先どう生きていけばこの人生に与えられた時間を活かせるのか?


人の学びの根底には「自分を知りたい」という根源的欲求がある。

学びとは、自分を知るための素材収集にすぎない。



















***
 


# by kojobunko | 2020-02-10 06:50 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

401 もっとも美しいもの(名言ワンダフルライフ365)


相反するものは一致する。不調和なものが最も美しい調和を作る。
ヘラクレイトス


凸デコと凹ボコが合わさって
新しい生命が生まれる



***

この世は相反するもので構成されている。

凸デコと凹ボコが合わさって、新しい生命が生まれる。

まったく違うもの同士が混ざり合ってこそ、もっとも美しいものが生み出される。

その相反するものは、見事に半分半分という構成からできているところがすごい。

男と女、光と闇、プラスとマイナス、上と下、縦と横、裏と表、陽と陰・・・。

この相反するものの合わせ加減によって、大自然、生命、文化、芸術、社会など、あらゆるものが創り出されている。

















***


# by kojobunko | 2020-02-09 07:53 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

400 本気の自分と再会(名言ワンダフルライフ365)


逆境とは、天が自分の宝石を磨くときに使うダイヤの粉塵のことだ。
トーマス・カーライル


逆境の自分は
本気の自分


***

自分の人生最大の逆境を思い返してみた。

20代前半に郷里から大阪へ向かい、それからの3年間はまさにどん底だった。

だがこの3年間で、否応なしに自分の甘さがなくなった。

厳しい師について学ぶ以上に、逆境は自分の本気を引き出してくれたように思う。

あの逆境真っ只中の自分に帰ると、初心の自分に帰ることができる。

それは、本気の自分との再会でもある。


400 本気の自分と再会(名言ワンダフルライフ365)_f0355165_07465601.jpg
















***


# by kojobunko | 2020-02-08 07:41 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

399 生命を生かす力(名言ワンダフルライフ365)


愛されることは幸福ではない。愛することこそ幸福だ。
ヘルマン・ヘッセ


愛とは
生命のつながりを感じ合うこと


***

この世で生きていくということは、この生命が宿った肉体を安全にキープしていくことだ。

これは「よりよく生きたい」という本能の働きでもある。

だがその根底には、「よりよく生かす」力が働いている。

生きようとする力と、生かそうとする力が相乗して、生命は創造的に躍進していく。


生きようとする力が「生命力」ならば、生かそうとする力は「愛の力」だ。


生命は大きな愛のパイプでつながっている。

愛のパイプから派生したのが、個々の生命。

愛とは、その生命のつながりを感じ合うこと。

すべての生命は、愛なくして生き続けることはできない。
















***


# by kojobunko | 2020-02-07 07:07 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

398 大自然の芸術(名言ワンダフルライフ365)


太陽がないときには、それを創造することが芸術家の役割である。
ロマン・ロラン


大自然の現象を模倣したとき
人間の芸術となる


***

太陽に雲がかかり、地上が闇に覆われる。

だが、雲はいつまでも太陽を遮ってはいない。

やがて黒雲は雨となり、大地に降り注ぎ、雲は晴れて日が差す。

雨で潤い、光で照らされた大地は、やがて新たないのちを生み出していく。


このいのちの循環こそが大自然の芸術。

その神秘に魅せられ、大自然の現象を模倣したのが人間の芸術といえる。















***


# by kojobunko | 2020-02-06 06:58 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

397 結果にはかならず原因がある(名言ワンダフルライフ365)


木を切り倒すのに8時間与えられたら、私は最初の6時間を斧を研ぐのに費やす。
エイブラハム・リンカーン


見えない原因が
見える結果を生む


***

この世に偶然はない。

かならず何らかの原因があって、それがあるきっかけ(縁)によって、結果を生む。

結果も大切だし、きっかけも大切だが、何より大切なのは原因だ。


原因とはタネのようなもので、どんなタネをどこに撒き、どう育てるかによって、どんな花が咲き、どんな実がなるかが決まる。

これは大自然の法則であり、誰も逃れることのできない事実だ。

見えない原因が、見える結果を生む。

大きな結果の裏には、かならずそれに見合った大きな原因の積み重ねがあるものだ。
















***


# by kojobunko | 2020-02-05 06:45 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

396 その思いは本心か(名言ワンダフルライフ365)


悔は凶より吉に赴く道なり。
中江藤樹


反省とは
かえりみて 省はぶくこと


***

自分の人生において一番たいせつなこと。

それを知っているのは、自分の本心だ。

自分がどうあり、どうなり、どうしたいのか?

その本心の声にしたがうことこそが、この人生をまっとうする最善の道となる。


だが、いま心に湧き上がっているその思いが、自分の本心なのか、それとも建前なのか判断はつきにくいもの。

建前は、外の世界に左右され、世間体を気にし、自分本位ではなく、他人本位に陥りやすい。

本心とは、最良の自己承認。自分で自分の価値をよく知り、自分で自分を認めているから、外の情報に左右されない。


反省とは、省みて省くこと。

その思いは本心なのか、それとも世間体を気にした建前なのか。

自分の本音の声を聞き、よく反省し、自分の本心にたどり着くことができたら、人生はシンプルに、より良い流れに乗れるようにできている。















***


# by kojobunko | 2020-02-04 07:04 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

395 初心に帰る


時に、とても小さな決断が、あなたの人生を永遠に変えてしまうことがある。
カート・ラッセル


小さな決断が
大きな結果を生む


***

自分の人生を変えてしまった決断は? 

人生を振り返ってみると、誰にもそんな決断があるものだ。

自分にとってのそんな決断は、郷里から大阪へ出たこと。

あのとき、新たな人生のステージが始まったことが、いま振り返ってみてもよくわかる。

あの小さな決断が、これほどまでに自分の人生に大きな結果を残していくとは想像もしていなかった。


あの小さな決断をしたときの自分に帰ると、自分が愛おしい。

あの時の気持ちが、まさに初心なのだ。

さて、もう一度初心に帰って、その延長線上にあるいまの人生をしっかりと生きていきたい。


395 初心に帰る_f0355165_07223383.jpg















***


# by kojobunko | 2020-02-03 07:16 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

394 熟眠と安眠(名言ワンダフルライフ365)


睡眠は労働なくしても神々が与えてくれる。だが労働すればそれは三倍も甘美になる。
ウェーベル


安眠は
身も心も安らかなときに得られる



***

熟眠と安眠は違う。

熟眠とは、身体が疲労したときおのずと眠りに落ちること。

それに比べて安眠は、身体のみならず心も安らかであるときに得られる眠りだ。

たとえば過酷な環境におかれたとき、身を休める熟眠はできても、安眠はできない。


死もまた眠りのようなものだ。

肉体が限界に達したとき、死を迎える。これは熟眠のようなものだ。

それに比べて安らかな死とは、心が満たされた状態のときに得られる。


吉田松陰は安政の大獄で投獄され、斬首された。

ふぐり(キンタマ袋)は緊張すると縮こまるものだが、そのとき松蔭のふぐりはだらんと垂れていたという。

松蔭が安心の境地で死を迎えていたことを想像させる逸話だ。















***


# by kojobunko | 2020-02-02 08:33 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

393 自分の心を傷めない(名言ワンダフルライフ365)


人間はすべて謝ったものなり、ただ過ちを固守するは愚者なり。
マルクス・トゥッリウス・キケロ


外の世界のすべては
自分の心の映し鏡


***

この世で一番重い過ち、それは自分で自分の心を傷めることだ。

自分たちはどれだけ、自分で自分の心を傷めているだろう。

自分が心を傷めると、心はもとより身体にも大きなダメージを残すことになる。

そしてそれは、外の世界にも影響を及ぼしていくのだ。


外の世界のすべては、自分の心の映し鏡。

自分の心次第で、外の世界はどのようにでも変えていける。

そのすべての始まりは、自分の心を自分で傷めないことにある。













***

# by kojobunko | 2020-02-01 08:18 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

392 自分を通して世界を見る(名言ワンダフルライフ365)


あちこち旅をしてまわっても、自分自身から逃れられるものではない。
アーネスト・ヘミングウェイ


自分は自分というレンズを通してのみ
世界を観察することができる


***

自分は、自分以外の人たちも、この世界を同じように見て、同じように感じていると思っている。

だが、今自分が見て、感じている世界は、自分だけの感覚に過ぎない。

同じカメラでも、メーカーによって色合いも違えば性能も違う。

同じように、自分の性能に合わせて、見え方も感じ方も違うことをあらためて自覚しておきたい。


自分は自分というレンズを通してのみ、世界を観察することができる。

自分にしかできない独自の観察で、この世界を見て感じて、表現していけばいいのだ。

どんなに時代が進み、変化しようとも、主体はいつも自分なのだ。















***


# by kojobunko | 2020-01-31 06:46 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

391 心の太陽と思いの雲(名言ワンダフルライフ365)


大きな苦痛こそ精神の最後の解放者である。この苦痛のみが、われわれを否応なしにわれわれの最後の深みにいたらせる。
フリードリヒ・ニーチェ


思いの雲が晴れたとき
心の太陽が輝き出す


***

人が生まれてくるということは、思いを抱えながら生きていくことである。

思いには、ポジティブとネガティブがあるという話はよく聞く。

ポジティブはよくて、ネガティブはよくないと・・・。

だが、ポジティブであれネガティブであれ、同じ思いであることに変わりはない。


たとえば、ネガティブが黒雲なら、ポジティブは白雲のようなものだ。

いずれにしろ黒雲であれ白雲であれ雲に変わりはない。

空に雲がかかると太陽が遮られるように、心に思いの雲がかかると本心の輝き(心の太陽)が隠れることになる。


思いの雲が晴れたとき、心の太陽が輝き出す。

雨が降って雲が晴れるように、人はときに苦痛という雨によって心の雲が晴らすことも必要だ。

















***

# by kojobunko | 2020-01-30 07:04 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

390 すべてのものに意味と価値がある(名言ワンダフルライフ365)


勝つことばかり知りて負くることを知らざれば害その身に至る。
徳川家康


長所半分・短所半分
すべてのものに意味と価値がある


***

この世は弱肉強食で成り立っている。

強いものが弱いものを食べることによって、連鎖の関係が生まれて命が循環していくのだ。

だが強いものが持つその強靭な肉体も死には勝てない。

死によって朽ち果て土となり、その土は小さな命を育てる栄養となってさらなる生命の連鎖が始まる。


この世は一見弱肉強食の世界にできているように見えるが、大きな視点で捉えるとすべては横並び。

この世のすべてのものは長所半分・短所半分で成り立っており、またすべての存在に意味と価値がある。

私たちは、比較の世界に生きているようで、実は比較を絶した世界の大きな力に生かされているのだ。


390 すべてのものに意味と価値がある(名言ワンダフルライフ365)_f0355165_07080708.jpg
















***


# by kojobunko | 2020-01-29 07:19 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)


本は、過去、現在、未来をつないでくれるツールです。読む本はもちろん、本には作る楽しみもあります。まだ知らない本の世界をシェアしていきます。by 柴田健二郎


by kojobunko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

アトリエ興譲文庫のこと

アトリエ興譲文庫の活動

お問い合わせ
 ↓
kojobunko★gmail.com(★→@)

カテゴリ

名言ワンダフルライフ365
本作り
インフォメーション
パッセカルトン
ワークショップ
名言ワンダフルデー
四次元マッピング
名言365

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

最新のコメント

FUKUKOTO・Fuk..
by kojobunko at 13:52
FUKUKOTO・Fuk..
by nayacafe-2950 at 07:15

お気に入りブログ

Yathbee's Photo

最新の記事

449 問題を解く糸口(名言..
at 2020-03-29 07:41
448 理想のゴールに向かっ..
at 2020-03-28 07:07
447 対立と調和(名言ワン..
at 2020-03-27 07:12
446 人生マラソン(名言ワ..
at 2020-03-26 07:15
445 宇宙の真善美(名言ワ..
at 2020-03-24 07:18

ブログジャンル

アート・デザイン
本・読書