人気ブログランキング |

305 礼とは(名言ワンダフルライフ)


礼儀正しいかどうかによって、その人に対する世間の評価も大きく変わってくる。
サミュエル・スマイルズ


最高の礼は
大自然の不思議にこうべを垂れること


***

人間は「大自然の法則」の中で生きている。一瞬たりともそれを逃れることはできない。

大自然の運行そのものが法則といえる。


もともと人間は大自然の法則に則って生きてきた。

しかし、それだけでは治らなくなったところに「法律」というものが施行されていった。


」とは、人間が大自然に則って生きている姿そのもの。そこに法律は存在しない、人為的なものではなく本心から醸し出される恭しい人間のあり方だ。

人間における最高の礼は、大自然の不思議に首を垂れること。

大自然の法則に則って生きている人間は、それだけで礼にかなっている。


f0355165_07153276.jpg















***



# by kojobunko | 2019-11-01 07:02 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

304 未来を開くカギ(名言ワンダフルライフ365)


われわれは、われわれの歴史のなかにわれわれの未来の秘密が横たはつてゐるといふことを本能的に知る。
岡倉天心


どんな結果にも
かならず原因がある


***

この世に偶然はひとつもない。

結果には、かならず何らかの原因があるものだ。

同じことをやっても、うまくやる人と、うまくやれない人がいる。

その違いは、その「原因と結果の法則」を知っているかどうかの違いに過ぎない。

例えば、お金儲けが得意な人は、お金を生む原因と結果を熟知している。

どんなことでも、そのことに熟達している人は、「その原因と結果の法則」を体得しているからこそ、自由自在に新しいことを創造していける。

どんな結果にも、かならず原因がある。

その法則を明らかにした人が、新しい未来を開いていく。



















***

# by kojobunko | 2019-10-31 06:52 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

303 本心の自分はお見通し(名言ワンダフルライフ365)


理想の内側を旅しながら、その外側(=現実)に立ち続けることなど、あなたには到底なし得ないことなのだ。
ジェームズ・アレン


何か問題や悩みを抱えたときは
もう一人の自分に聞いてみる


***

中村天風がこんな名言を残している。

お前は、もう一人のお前が本当によく物を考えられるんだから、もう一人のお前に考えさせろ。もう一人のお前が、良い、悪いはすべて天地見通しだ。

自分はこの言葉に出会ってから、自分の中に万能のもう一人の自分を持つようになった。

現実に生きている自分が何か問題を抱えたとき、もう一人の自分を想定して質問をしてみる。

自分は、本当はどうありたいのか? どうしたいのか? 

と。

するともう一人の自分は本心が願っている答えを教えてくれる。

自分の本心はすでに損得を超えてどうあるべきか、どうすればいいかを知っている。

困ったときはもう一人の自分に聞く、これが最良の対処法だ。

















***


# by kojobunko | 2019-10-30 07:24 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

302 本心良心というセンサー(名言ワンダフルライフ365)


善はただ一つ。それは自分の良心に従って行動すること。
シモーヌ・ド・ボーヴォワール


本心良心に満ち満ちた世界は
生きながらにして天国と化す


***

人の苦しみは、比較することころから生まれる。この世は比較によって成り立っていることを思うと、自分たちは苦に満ち満ちた世界で生きていることになる。

日々、自分たちはどうやってこの世界で優位に立つか。優位に立つことが、安心を得る最良の方法だと信じ、そのことに全力を注いでいる。

でも、この世界で得たものはいつかは失う、それが比較の世界。ひととき優位に立ったものは、必ずいつかそれを失うようにできているのだ。


でも人間だけには、比較を絶して物事を見抜くセンサーが与えられている。

それが本心であり、良心だ。

このセンサーを使って物事を判断し、そして行動すると、人間社会で比較し、戦いながら生きるのとは別物の世界を体験することができる。

人を思い、助け合う精神もまた、本心良心から湧き出てくるものだ。

本心良心に満ち満ちた世界は、生きながらにして天国と化す。




















***


# by kojobunko | 2019-10-29 07:12 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

301 今この瞬間だけ(名言ワンダフルライフ365)


国語の乱脈は、国の乱脈から始まっている。
太宰治


大切なのは
今この瞬間だけ


***

心が乱れてどうしようもないときがある。そんなときは例外なく、心が過去もしくは未来にある。

過去を悔やんでいるか、もしくは未来を心配しているか、そのどちらかだ。


この世界は原因と結果の法則で展開している。過去に蒔いたタネが「今」をつくり、「今」蒔いたタネが未来をつくる。

過去に蒔いた原因は変えられないし、その結果として起こっている「今」を変えることもできない。

でも、これから来る未来は「今」から変えられる。

「今」できるのは、未来に向けて「今」新たなタネを蒔くことだけ。

大切なのは、「今」目の前にいる人を大切にし、「今」目の前にあるコトを大切にすること。

大切なのは「今」この瞬間だけ。

「今」にさえ生きていれば、心が乱れることはない。


















***

# by kojobunko | 2019-10-28 07:16 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

300 苦楽はあざなえる縄のごとし(名言ワンダフルライフ365)


苦は楽の種、楽は苦の種と知るべし。
徳川光圀


人生楽ありゃ
苦もあるさ


***

あの有名な『水戸黄門』の主題歌、

人生楽ありゃ 苦もあるさ〜 ♪

この歌詞はきっとこの名言を元にしているんだろう。


自分の人生を四次元マッピング®︎でたどってみたが、まさにこの歌詞のように苦と楽が折り重なるように展開していることを実感した。

禍福は糾える縄の如し

という名言があるが、苦楽もまたあざなえる縄のようにうまい具合にあざないながら今に連なっている。


映画の演出は、主人公を3度奈落に突き落とし、這い上がる姿をドラマチックに描いていくという。

楽だけじゃおもしろくない。やはり苦と楽が織り混ざってこそ人生ドラマは生える。

幾度もの苦楽を乗り越えてこそ名作となる。


f0355165_06294866.jpg













***


# by kojobunko | 2019-10-27 06:23 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

299 心が自由であってこそ(名言ワンダフルライフ365)


人生最大の危険は、用心しすぎることである。
アルフレッド・アドラー


どうせ自分なんて・・・
自分に規制をかけているのは自分自身だ


***

人は、できない言い訳をするのが得意だ。

どうせ自分なんて・・・

そう言って自分に規制をかけているのは自分自身だ。

「できない」と言葉にした時点で、そのことが成る可能せはゼロに等しい。心でそう思っていて、身体だけが勝手に成功に向かうことはない。

「できる」と思えたとき、心が身体を導き、成功の可能性へと向かわせてくれる。


確かにこの世界は規制ばかりで思うに任せないことばかり。

でも、心まで不自由になる必要はない。

心はどこまでも可能性に満ち、自由でありたい。

心が自由であってこそ世界は広がり、実現の可能性は高まるのだ。















***


# by kojobunko | 2019-10-26 07:10 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

298 本当の幸せ(名言ワンダフルライフ365)


物質的欲望を減ずることは、必ずしも平和をもたらさない。我々は平和を得るためには、精神的欲望も減じなければならない。
芥川龍之介


今のままで幸せ
そのことに気づけばしめたもの


***

誰もが幸せになりたいと思っている。

一番わかりやすい幸せのカタチは、この人間社会で物質的に満たされること。

でも、それで満たされた人が幸せになっているかというと、そうとばかりは言えない。

それも一つの幸せのカタチであることは間違いないが、それだけでは本当の幸せは得られないようだ。


お釈迦さまは、

色即是空

という名言を残されている。

色即是空とは、今持っているモノはもちろん、思いさえもすべて空(から)にしたところに本当の幸せはあると。

要は最高の幸せとは、何も足さない、何も引かない、今のままの中にある。

今のままで幸せ、そのことに気づけばしめたもの。

それだけで最高の平和を得ることができる。

















***


# by kojobunko | 2019-10-25 06:44 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

297 魔が差す瞬間(名言ワンダフルライフ365)


最大の危険は、勝利の瞬間に生じる。
ナポレオン・ボナパルト


気がゆるんだ瞬間に
魔が差す


***

何かをやり遂げたときのあの達成感。それはなんとも言えない、人生のごほうびのような瞬間だ。

大きな緊張から解き放たれ、心身が一気にゆるみ、喜びに満たされる。そんな瞬間は、人生に何度もあるものではない。

でもそこで気をゆるめると、あらぬ横道にそれてしまうことがある。

気がゆるんだ瞬間に、魔が差す。傲慢という悪魔が心に入り込むのだ。


64卦で展開する『易経』に「謙」という卦がある。唯一、ネガティブな要素を持たないのが「謙」の卦の特徴だ。

人は謙虚でいるかぎり、魔が入り込む余地はない。

何かを達成したときこそ、謙虚でいることが大切なのだと教えてくれている。

いい気分になったときこそ、心のスキマにご用心!

















***


# by kojobunko | 2019-10-24 07:06 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

296 自分の得意をもって(名言ワンダフルライフ365)


友情の重要な任務は、友人の幻想を力添えしてやることにある。
シュニッツラー


自分の得意をもってこそ
友の力添えとなれる


***

人生に苦境はつきものだ。

自分は友の力添えのおかげでどれだけ苦境を乗り越えてこられただろう。

それに比べて、自分はどれだけ友の力添えになれてきただろうか。


しかし力添えをするには、どんなカタチであれ自分に力がなければできるものではない。

まず大切なのは、自分を満たしておくこと。

いざというときに相手に力を注ぐために、まずは自分の得意なことをしっかりと養って実力をつけておくことだ。

自分の得意もってこそ、苦境に立った友の力添えにもなれるというものだ。

















***


# by kojobunko | 2019-10-23 06:34 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

295 高みへと進化していく(名言ワンダフルライフ365)


我々は高みに憧れるが、歩き出すことには無関心だ。山々を望みながら、平らな道を歩きたがる。
ゲーテ


柔軟に変化できたものだけが
高みへと進化していく


***

自分の人生を振り返ってみると、大きな節目が4回あった。

その節目ごとに何かが終わり、また何か新しいものが始まった。

多くの人は変化することを好まない。与えられた平坦な道を進むことを選びがちだ。

でも、四季のめぐりに合わせて大自然が変化していくように、人間もまた変化に順応していかなければならない。

柔軟に変化できたものだけが、高みへと進化していく。


f0355165_07133816.jpg
















***


# by kojobunko | 2019-10-22 07:11 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

294 できない約束(名言ワンダフルライフ365)


敵に対しても、約束は守らなければならぬ。
シルス


できない約束は
はじめからしないことだ


***

守れる約束と、守れない約束。その違いは、自分軸か、他人軸かにかかっているように思う。

自分軸で交わした約束は、自分の本心との約束でもある。

他人軸で交わした約束は、建前の約束になることが多い。


その約束が果たせるかどうかは、約束を交わすときにたいていは分かるものだ。

仕事で大切な約束を交わすときに理由はわからないけど、どうも心がモヤモヤする。そんなときに交わした約束は、けっきょく果たせないことが多い。

そういう約束を何度か積んでいくうちに、自分の心の状態でその仕事がうまくいくかどうかが分かるようになってくる。


自分にとってその約束が心地いいかどうか、それが自分の本心のセンサーになる。

自分の本心が喜べない約束は、はじめから交わさないことだ。


できない約束は しないことだな  相田みつを

















***


# by kojobunko | 2019-10-21 07:12 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

293 人生の意味と価値(名言ワンダフルライフ365)


目的のない生活は味気なく、目的のある生活は煩わしい。
ヘルマン・ヘッセ


人生の目的はたった一つ
喜ばれる自分になること


***

この世のしくみを知りたい・・・若かりし頃にこんな願いを持ったばかりに、社会的成功とはかけ離れ、ずいぶんと廻り道をしてきた感がある。

でもこの人生の目的が、今になると自分の人生を味わい深いものにしてくれていることに気づく。


この世のしくみの一つとして知ったのは、

「どうやら人生のシナリオは決まっているようだ」

ということ。

でも、この人生のシナリオが決まっているなら、目的を持って生きる必要はないことになる。

ならば、自分たちの人生には自分の意思で未来を選択する自由はないのかというと、そんなことはない。

人生に起こる現象は決まっているとしても、それをどう捉え、どう感じるかは自由だ。

同じ映画を観ても、観る人によって感じ方が違うのと同じように、自分の感じる心はどこまでも自由なのだ。

同じ人生であっても、その心のあり方によって違った意味と価値が生まれてくる。


どんな人生であれ、たった一つ最良の目的がある。それは、

喜ばれる自分になること。

人は、喜ばれるとうれしい、という本能のスイッチを持っている。

そのスイッチをオンにして、それを心のあり方として生きるようになると、人生は最良のものへと変化していく。

もしその人生が最悪のシナリオであったとしても、最良のものに変えてしまう魔法の力を持っているのだ。


人生のシナリオは決まっている。

でもその人生に意味と価値をつけるのは自分に他ならない。



















***


# by kojobunko | 2019-10-20 07:38 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

292 一流の模倣(名言ワンダフルライフ365)


模倣はしばしばわれわれを迷わせる道案内である。
ラ・ロシュフコー


オリジナルを生み出してこそ
一流の模倣といえる


***

自分はずいぶん模倣によって助けれてきたように思う。

新しいことを始めたとき、はじめはどうすればいいかわからない。そんなときは、長けた人のやり方を模倣することから始めた。

まずはその人がやっている具体的なカタチや、カタチにするためのプロセスを模倣するのだ。


だが、ある程度までの模倣はできても、その奥に模倣しきれない何かがある。

それこそが、その人が醸し出す響きのようなものだ。

その響きが、独自の表現となり、その人にしかできないオリジナルを生み出す。


カタチだけを真似るのは三流の模倣。

プロセスを真似るのは二流の模倣。

オリジナルを生み出してこそ一流の模倣といえる。

















***


# by kojobunko | 2019-10-19 06:54 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

291 本気になると(名言ワンダフルライフ365)


山と谷を越え、迷いに迷いをかさねたのち、再び広野に出るが、そこはまたあまりに広すぎて、いくばくもなくまた新たに迷路と山を求める。
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ


本気になると
道は開けてくる


***

本気になると、道は開けてくる。

道が開けてこないのは、本気になっていない証拠だ。

その人の本気度に合わせて宇宙は感応し、進むべき道を示してくれる。


本気とは、自分が命をかけてでも「そこにたどり着きたい」という情熱であり、その情熱は本心から湧き上がるものだ。

大切なのは「そこにたどり着きたい」という切なる思い。

そのためには、自分が命をかけてでも成し遂げたいと思えるミッションが必要だ。


本気になったときにのみ、本心の扉は開き、進むべき道が見えてくる。

道が開けないのは、まだ本気になっていない証拠だ。



















***


# by kojobunko | 2019-10-18 06:54 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

290 人生は映画(名言ワンダフルライフ365)


われわれ各個人は、他人の裡に自己を写す鏡を持っている。
アルトゥル・ショーペンハウアー


人は他者を通じてのみ
自分を知ることができる


***

一人ひとりの人生が、一つの映画のようだ。

激しく展開していく映画もあれば、ゆるやかに淡々と流れていく映画もある。


さて自分の人生を映画に例えると、ずいぶんと変化に富んだ映画になっている。

この映画の特徴は、人生の場面が目まぐるしく変わるとともに人間関係がゴロリと変わる。まるで映画の場面が変わった瞬間に、出演キャストが入れ替わってしまうさまとよく似ている。

その時々に深くつき合っていた人たちを見ると、その時の自分がどんな心境で、どんなことに興味を持ち、何をしていたかが鮮明に思い出される。


自分の人生の場面が変われば、人や環境は一瞬にして変わってしまうものだ。

今の自分を知りたければ、今つき合っている人たちを見ればいい。

人は他者を通じてのみ、自分を知ることができる。

f0355165_07054982.jpg













***



# by kojobunko | 2019-10-17 06:50 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

289 新しい世界を見る(名言ワンダフルライフ365)


賢明な人間のほうが、「私は自分が無知であることを知っているにすぎない」と進んで認めるものなのだ。
サミュエル・スマイルズ


人は他者との関係によってのみ
自分を知ることができる


***

孔子はこんな名言を残している。

私は一日中食事もせず、一晩中寝ないで思索したが、得るものはなかった。学ぶことにはおよばない。

吾嘗て終日食らはず、終夜寝ねず、以て思ふ。益無し。学ぶに如かざるなり。『論語』


人は誰もが、自分の小さなテリトリーの中で生きている。

でもそれだけでは、新しい世界を見ることはできない。

新しい世界を見るには、自分という小さなテリトリーから飛び出すことだ。

人は他者との関係によってのみ、自分を知ることができる。

積極的に他者とのつながりを深めていくことでのみ、新しい世界は広がるのだ。

















***


# by kojobunko | 2019-10-16 07:16 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

288 まず自分を満たす(名言ワンダフルライフ365)


無関心とは精神の麻痺であり、死の先取りである。
アントン・チェーホフ


まず大切なのは
自分を満たすことだ


***

マザー・テレサはこんな名言を残している。

愛の反対は憎しみではなく無関心です。

人を愛するためには、人に関心を持つことが大切なのだと。


でも人を愛する前にまず大切なことがある。

それは、自分を愛し、自分に関心を持ち、自分を満たすことだ。

自分が満たされていないと、人を満たすことはできない。

自分を満たし、自分から溢れ出るものをもって人にプレゼントをしていく。

それが本当の愛であり、本当の関心というものだ。


人を愛する前に、自分を愛しているだろうか?

人に関心を持つ前に、自分に関心を持っているだろうか?


まず自分を愛し、自分に関心を持ってこそ、人を愛し、人に関心を持つこともできる。



















***


# by kojobunko | 2019-10-15 07:03 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

287 タマゴとニワトリ(名言ワンダフルライフ365)


今日卵を一つ持つより、明日めんどりを一羽持つほうがよい。
トーマス・フラー


お金が先か
仕事が先か


***

タマゴが先か、ニワトリが先か・・・

この例えはよく使われるが、これを、

お金が先か、仕事が先か・・・

と言い換えたほうが、よりリアルにその意味が理解できる。


大半の人たちは、お金を得るために仕事を起こす。

でも、仕事を起こすにはお金が必要だ。

ならばそのお金を得るために、仕事をして資金を貯める。

その循環はまさに、タマゴとニワトリの原理といえる。


お金を生む仕事を一つ得るのことは、タマゴを生むニワトリを一羽得たようなものだ。

さて自分のニワトリは、これからどんなタマゴを生んでくれるんだろう。















***


# by kojobunko | 2019-10-14 06:55 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

286 幸福の光源(名言ワンダフルライフ365)


世論に対して関心を示さないのは、まさに一つの力であり、幸福の源泉である。
バートランド・ラッセル


自分らしく生きる幸福の光源は
本心の中にある


***

世の中のことはすべて比べることから始まる。

世論というものもまた、何かと比較して自分はこの意見が正しいと主張することだ。

自分の信念をもって世論を主張するのは、とても大切なことだと思う。

だが自分の考えを持たず、ただ世間に流されるように世論に賛成するのは、建前の世界に流されているだけで、本来の自分を生きていないことになる。


本来の自分とは、本心の自分。

誰もが生まれながらに、本心の自分を持っている。

それは自らが光源となって、まわりを照らす太陽のようなものだ。

自分らしく生きる幸福の光源は、本心の中にある。

本心から放つ主張こそ、真の世論となりうる。




















***

# by kojobunko | 2019-10-13 07:46 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)


本は、過去、現在、未来をつないでくれるツールです。読む本はもちろん、本には作る楽しみもあります。まだ知らない本の世界をシェアしていきます。by 柴田健二郎


by kojobunko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

アトリエ興譲文庫のこと

アトリエ興譲文庫の活動

お問い合わせ
 ↓
kojobunko★gmail.com(★→@)

カテゴリ

名言ワンダフルライフ365
本作り
インフォメーション
パッセカルトン
ワークショップ
名言ワンダフルデー
四次元マッピング
名言365

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

最新のコメント

FUKUKOTO・Fuk..
by kojobunko at 13:52
FUKUKOTO・Fuk..
by nayacafe-2950 at 07:15

お気に入りブログ

Yathbee's Photo

最新の記事

325 未来を創造するタネ(..
at 2019-11-21 07:11
324 いのちの舵とり(名言..
at 2019-11-20 07:08
323 未来の輝き(名言ワン..
at 2019-11-19 06:57
322 決断の瞬間(名言ワン..
at 2019-11-18 06:54
321 この世は表現のキャン..
at 2019-11-17 06:55

ブログジャンル

アート・デザイン
本・読書