人気ブログランキング |

(不変)名言ワンダフルデー3-13

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が残るのでもない。
唯一生き残るのは変化する者である。


チャールズ・ダーウィン
(1809〜1882 自然科学者、地質学者、生物学者)

f0355165_1751424.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


きのうより、
ちょっとだけ進化しよ。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ダーウィンに物申す!

変化するだけが尊いかのようなこと言ってますが、
変化するためには、

変化しないものが存在している

ことを忘れちゃいませんか?

いつも変わらず、太陽の周りを1年かけて回り、1日24時間で自転している地球。

いつも変わらず、ぼくたちを潤してくれる水。

いつも変わらず、ぼくたちを受け止めてくれる大地。

それは身近にもあります。

いつも変わらず、ご飯を作ってくれる人。

いつも変わらず、働いてくれてる人。

いつも変わらず、笑顔で迎えてくれる友人。

いつも変わらず、見えないところで支えてくれている縁の下の力持ちのような人。

みんなみんな、ありがとう。

どうですか?

変わらないっていうことはすごいこと

なんです。

みんな変わることばかりに目を奪われますが、
それを

見えないところで支えてくれている
変わらない存在。


変わらない存在があるからこそ、

変わったな

と実感できる。

ぼくたちは、

変わらない存在に感謝しながら、
変わっていく。

それが、

本当の進化

というものです。

いかがでしょう、ダーウィンさん。










































***
# by kojobunko | 2015-08-22 17:08 | 名言ワンダフルデー

ポストカードbook

f0355165_14472188.jpg
ポストカードを収納するジャバラ折りブックです。
花柄の表紙に使っているのは3色刷りした上品な和紙ですが、洋風な仕上がりにもなっています。
紺色の表紙は大島紬を使っています。なかなか味わい深い手触りです。

f0355165_14513685.jpg

そして、こちらのポストカードbookの作り方を、
押し花教室の方々にワークショップでシェアさせていただきました。

f0355165_153441.jpg
どれもすてきな仕上がりです。
実はこの表紙に使っている紙は、壁紙なんです。
今ちまたでブームのDIYですが、
壁紙ワールドは本づくりにも相性がよさそうです。
















***
# by kojobunko | 2015-08-22 15:07 | 本作り

古布を使ったカルトナージュ

f0355165_9463532.jpg

知人からのリクエストで、古布を使って箱づくりをしました。
フタを開けると四方に展開するようになっています。
刺繍した布を入れたり、いろいろな使い方ができます。

f0355165_9485817.jpg

そして、この箱づくりをワークショップでシェアしました。
みなさん、相当苦戦していましたが、
それぞれがコレクションする古布で、
すばらしい作品に仕上がりました。

f0355165_10301371.jpg













***
# by kojobunko | 2015-08-22 10:03 | 本作り

(一番になる)名言ワンダフルデー3-12

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。
そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ。


小林一三
(1873〜1957 実業家、政治家)

f0355165_1421364.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


どんな小さなことでもええから、
一番になってみ。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


自分を活かすのは、自分じゃなく、
自分以外の誰かである


ということに気づいてましたか。
当たり前のことなのに、
なぜかそのことに気づいてない、忘れていることがあるんです。

名声だって、お金だって、
自分で得るものじゃない、
自分以外の誰かが与えてくれるものです。

お金も名声も自力で勝ち取るものなんだ、
と思いがちですが、
しかし、結果的にはそのお金も名声も、

誰かに認められる

ことによって得られるものなんです。
そのことに気づかなければ、
けっきょく、

独りよがり

で終わってしまう。

では、どうすれば自分以外の誰かから認めてもらえるのか。
それは、

Good job

そうです、いい仕事をして、
喜んでもらうこと。

喜んでもらえれば喜んでもらえるほど、
必要とされ、
評価は上がり、
その結果として報酬や豊かさが返ってくるんですね。

では、自分はどんなことで人を喜ばせられるか、
というヒントが今日のよみガエルのツッコミ超訳です。

どんな小さなことでもええから、
一番になってみ。


一番になるというのは、
自己評価ではなく、
圧倒的大多数から承認されたときです。

他の人には真似ができない、
そんな自分だけの特技です。

大きなことで一番というのは社会性が必要ですが、
小さなことで一番は個人の楽しみから始まります。

他の人はどうかしらないけれど、
自分はそのことをやってると、
時空を忘れて楽しめる、
そんな境地です。

実は、そんな小さな境地を、
だんだんと広げていったところにあるのが、
大きな一番なんです。

でも、足元を見ないで、
大きな一番ばかりに目を向けてしまい、
けっきょく、小さな一番を見つけそこなった、
という人は案外多いようです。

まずは、

小さな一番で人を喜ばせる。

これは自分を知り、
なおかつ人を喜ばせられる、
一番の近道なんですね。






































***
# by kojobunko | 2015-08-21 14:12 | 名言ワンダフルデー

(譲る)名言ワンダフルデー3-11

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

世の中には譲っても差し支えないことが多い。

新渡戸稲造
(1862〜1933 教育者、思想家)

f0355165_14465385.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


譲ると、
心が軽くなるねん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

心が重い

だとか、

心が軽い

だとか言いますが、
果たして心に重みがあるのでしょうか?

それがあるんです。
その重みの正体は、

思い

です。

思い = 重い

「おもい」。


思いがどんどん積み重なっていくと、
重くて身動きがとれなくなります。

逆に、
思いが無くなっていくと、
軽やかになるわけです。

思いというのは、
良い思いであれ、
悪い思いであれ、

心の借金

に変わりありません。
肉体を持って生まれてきた以上は、
どんな人でも心の借金を背負って生まれてきています。

仏教であれ、神道であれ、
その借金をどう処理するか、
そのことを説いているわけです。

仏教でいう「無」というのは、
借金を無くす、
と言い換えてもいいと思います。
神道では、払い清めるといいますが、
これも借金を軽くするためのものです。

そこで、今日は視点を変えてお伝えするのは、
究極的に一瞬で思いの借金を少なくする方法です。

それが、

譲る

です。

譲るとなぜ思いの借金が減るのか、
それは、

譲ると軽く

なるからです。

たとえば、自分が一番大切にしているもの、
それには、自分の思いがいっぱい詰まっています。

その、一番大切な、思いがいっぱい詰まったものを、

あえて手放す

とどうなるか。
そうです、

思いが無くなる

んです。

同じ手放すでも、
奪われた、となるとよけいに恨みの思いが増えますが、
譲った、となると軽くなる。

もちろん、押し付けはいけません。
押し付けると、受け取るほうの思いが重くなる。
「譲る」と「押し付け」は似て非なるものです。

そして、自分の一番大切なものを、
心をこめて、必要にしているところへ譲ると、
あるものが返ってきます。

それは、

感謝

です。
実は、これが

譲ることで得られる最高の報酬

なんです。
感謝には思いがありません。
軽やかな光のようなものです。

実は、これこそ、

心の貯金

なんですね。







































***
# by kojobunko | 2015-08-19 14:55 | 名言ワンダフルデー

(発明)名言ワンダフルデー3-10

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

自然に順応することができれば、
事はすべて自(おの)ずからにして成るのである。


ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
(1749〜1832 詩人、小説家、自然科学者、政治家)

f0355165_10475110.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


自然に順応したごほうびが、
豊かさやねん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

15年以上前の話になりますが、
政木和三さんという発明家に直接話を聞く機会がありました。

政木さんが発明したものとして代表的なのは、
自動炊飯器、瞬間湯沸かし器、自動ドア、エレキギターなど、
ぼくたちが日常で何気なく使っているものがたくさんあります。
生涯に発明した数は1000余り、
そのほとんどにおいて特許を取らなかった。

なぜ取らなかったのかをお聞きしたところ、

自分が考えたものではないから

という返事が返ってきました。
ではどうやって発明したのですか?
と尋ねると、それは、

宇宙から設計図が頭の中に降りてくる

そうなのです。
その設計図が何なのかわからないので、
そのとおりに作ってみたら、
それが発明品になった。
だから、その発明品は自分が考えたものじゃない、
というわけです。

「発明」という言葉には、

今までになかったものを新たに考案する

という意味のほかに、

物事の道理や意味を明らかにする

という意味もあります。
前者は、人間が考える行為ですが、
後者は、それだけではなさそうです。
後者に「道理」という言葉がありますが、
これは自然の法則のことで、
自然の法則を明らかにしたところに発明があるようです。

発明というと、
何か奇抜な、人が驚くようなものを考える、
そんなイメージがありますが、
政木さんの発明からすると、
もっと神聖な悟りのようなものです。
自分が空っぽになったところに、
そして順応したところに、
宇宙から情報が流れ込んでくる。

通常は考え出すことを発明といいますが、
政木さんの発明は考え出す発明ではなく、
まさに、

悟りの発明

というべきでしょう。

大自然はアイデアの源泉であり、
発明の扉はいつでもそこにある。
そして、その扉を開くのは人間です。

受け入れる準備のある人のところに、

悟りの発明

は降りてくるんですね。



































***
# by kojobunko | 2015-08-18 10:47 | 名言ワンダフルデー

(繰り返し)名言ワンダフルデー3-9

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

人は繰り返すことで何かになる。
つまり、すばらしいのは、行いではなく習慣だ。


アリストテレス
(前384〜前322 哲学者)

f0355165_11454778.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


繰り返すと、
どんな夢かてかなうねんで。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


どうせ自分なんて・・・

そういう口癖を持つ人に共通点があります。
それは、

何もしない

ということです。
どうせ自分なんてたいしたことできないし。
どうせ自分なんて才能ないし。
どうせ自分なんてバカだし。
どうせ自分なんて魅力ないし。
どうせ・・・

「どうせ」を隠れ蓑、言い訳にして、
けっきょく何もしない。

何かことを成した人、
もしくは成そうとしている人は、
とにかくやり続ける。

やり続けるというのは、

繰り返すこと

です。

繰り返すということは、
小さな小さな行為を、
何度も何度も繰り返し、
少しずつ少しずつ積み重ねていく。

何もしない人はゼロのままですが、
1を繰り返す人は確実に、
100になり、1000になる。

それができないから困ってるんだ、
という声が聞こえてきそうです。
でも、これって誰でもできます。
どんななまけものでも。

たとえばご飯を食べるように繰り返す。
1日3食 × 365日
すると年間1095回も繰り返しています。

どんななまけものでも、
ご飯は食べます。
食べるなと言われても食べる。

これはどういうことかというと、
自分が欲することだから、
体が欲求していることだからです。

そこで、もう一つ大切な欲求を忘れていないでしょうか?
それは、

魂の欲求

です。
その声に耳を傾けたことがあるでしょうか。
その声が聞こえる人は、

ご飯を食べるレベルでそのことを繰り返すことができるんです。

ご飯を食べるのと、
その大好きなことを繰り返すのは同じなわけです。

あなたの、
ご飯を食べるのと同じくらい大好きなこと、
それは何ですか?


それを欲求レベルで感じてみたら、
本当に大好きなことは簡単に見つかるはず。

そうです、それです!
見つかれば、あとは繰り返すだけ。
ご飯を食べるように繰り返すだけです。

今日のよみガエルのツッコミ超訳、

繰り返すと、
どんな夢かてかなうねんで。





















***
# by kojobunko | 2015-08-15 11:45 | 名言ワンダフルデー

(自分を知る)名言ワンダフルデー3-8

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

何かを理解しようと思ったら、遠くを探すな。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
(1749〜1832 詩人、小説家、自然科学者、政治家)

f0355165_16331692.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


何を理解したいかって、
もう自分やねん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


アイデンティティ

という言葉をご存じでしょうか?
これは、環境や時間が変化しても、
けっして変わらない自分。

例えば、転職したとします。
それによって変わるものがあります。
肩書きだったり、仕事内容だったり、収入だったり、
つき合う人も変わります。

それによって周りの人の態度が変わるかもしれません。
肩書きだけで生きていた人間が、
ある日突然肩書きを失ってしまった。
それだけで周りの扱いが一瞬にして変わってしまった、
そんな話もよく聞きます。
周囲の評価はいつどう変わるかわからないものです。

しかし、絶対に変わらないものがある。
その人が富豪であろうが、貧乏であろうが、
健康であろうが、病気であろうが、
絶対に変わらないもの、
それが、

本当の自分

です。
アイデンティティとは、本当の自分のこと。

ぼくたちが生きている目的の最たるものは、

本当の自分を知る

ということ。

人生の目的は、
お金持ちになることでも、幸せになることでも、
何かを達成することでもない。
本当の自分を知ること、それだけ。

そのためにお金持ちを体験してみたり、
幸せを感じてみたり、
苦労してみたり、楽しんでみたり、
喜んでみたり、悲しんでみたり、
いろいろな体験をしている。

そんな視点で見ると、

体験は単なるツールだった

ということになります。

日々起こり、体験している出来事は、
自分を知るために仕組まれていたんだ、
とわかったら、
もっと主体的に、
遊び感覚をもってこの人生をとらえるようになれるかもしれません。

今日のよみガエルのツッコミ超訳、

何を理解したいかって、
もう自分やねん。


では最後に、
本当の自分を知る手がかりとなる方法を伝授しましょう。
その方法はこれです。

自分を一言で表現してみてください。

その一言で、
自分がどんな人で、何をするために生まれてきたのか、
それが一瞬でイメージできる究極の言葉です。

この言葉がスッと出てくる人というのは、
すでに

天命を知っている人

です。
それはそのまま、

本当の自分を知っている

ということになるからです。

本当の自分に出会う一歩として、
自分を表現する究極の言葉探しに、
ぜひチャレンジしてみてください。

そのことが、本当の自分へのアプローチに、
なるかもしれませんよ。


















***
# by kojobunko | 2015-08-13 16:44 | 名言ワンダフルデー

豆本展

f0355165_16401827.jpg

今日は搬入日。
14日から豆本展が始まります。
全国各地から25名の豆本作家さんの出展があります。
相当な数の豆本が並ぶはず。
豆本マニアの方はぜひ。

 2015 おかやま いま何どき 豆本どき!
 2015.8.14fri〜23sun 11:00〜18:00
 art space テトラヘドロン
















***
# by kojobunko | 2015-08-12 16:38 | インフォメーション

I want to be a wing フォト豆本

f0355165_10172538.jpg

yathbeeさんの写真でフォト豆本を創りました。
テーマは翼。
鳥の翼10枚と飛行の翼10枚を、それぞれジャバラ折りで仕上げ、
それを一冊に製本しています。
写真の3冊は同じ内容ですが、ポイントはチャーム。鳥と翼のチャームで、それぞれに個性をつけてみました。

f0355165_10173589.jpg

ほとんど和紙で仕上げています。写真も和紙にプリントしているのでシャープさはありませんが、
あたたかみのある仕上がりになっています。

f0355165_10174431.jpg


 このフォト豆本は、
 2015 おかやま いま何どき 豆本どき!
 に出展します。
 2015.8.14fri〜23sun 11:00〜18:00
 art space テトラヘドロン




















***
# by kojobunko | 2015-08-10 10:35 | 本作り

(奇跡の一歩)名言ワンダフルデー3-7

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

わたしは、決して失望などしない。
なぜなら、どんな失敗も、新たな一歩となるからだ。


トーマス・エジソン
(1847〜1931 発明家、起業家)

f0355165_1011497.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


一歩踏み出したら、
一歩近づくんや。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


いま踏み出した一歩は、
たった数十センチかもしれません。

でもその小さな一歩は、
自分の一歩であると同時に、

過去から引き継いできたバトンを運ぶ一歩

でもあるんです。

バトンを渡されたからこそ、
いまぼくたちはここに存在できているわけです。

自分の後ろに、どれくらいのランナーがいたか、
数えたことがあるでしょうか。

父、母、祖母、祖父、祖祖母、祖祖父・・・
10代さかのぼってみたら、
1,024人になりました。
では、20代さかのぼってみましょう。
1,048,576人
100万人を超えてしまいました。
では、30代さかのぼると、
1,073,741,824人
10億人を超えます。

このうち一人でもランナーが欠けていたら、
今の自分は存在していなかった。
ぼくたち一人一人は、

奇跡の中に存在してる

んです。
その一歩は自分だけの一歩じゃない、

たくさんの人たちから受け継いでいた一歩

でもある。

ぼくたちは毎日、

奇跡の一歩

を踏み出しているんです。















***
# by kojobunko | 2015-07-31 10:00 | 名言ワンダフルデー

(自分の音を奏でる)名言ワンダフルデー3-6

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

人間の体は楽器のようなものである。
正しく管理して、正しく使えば、
思いどおりの音を奏でることができる。


マハトマ・ガンディー
(1869〜1948 弁護士、宗教家、政治指導者)

f0355165_10595850.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


体は天から借りた楽器、
いのちが演奏してんねん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


動物占い

が一昔前にブームを巻き起こしました。
その頃はあまり興味がなかったのですが、
最近、たまたま友人たちと鑑定して楽しんでみると、
たかが動物占いとあなどるなかれ、
その精度はかなり高いということがわかりました。
ほぼ9割の人がそのとおりだと納得する内容なんです。

さっそく、動物占いの出所を調べてみました。

動物占いは、
陰陽五行説をもとにした四柱推命の十二運星を
動物名に置き換えたもの。
これは日本で生み出されたものです。

四柱推命というのは、占いだと思っている人が多いですが、
実際には長い歳月を経て、
統計的、推計的に過去の人たちが積み上げてきた統計学で、
詳しく鑑定すると、
恐ろしいほどにその人の素質がわかる。

それをもとに、
現代の人にもわかりやすくしたのが、
動物占いというわけです。

芥川龍之介の名言に、

運命は性格の中にある。

があります。
性格そのものが運命をつくりだすのだ、
というんです。

動物占いをやってみて感じたのは、
60歳になっても70歳になっても、
その性格は一緒だということです。

躾だとか修養だとかで人格は磨かれ、
性格は理想に近づいていくものだというのが常識ですが、
いくら学問しても、修養しても、
性格は変わらない。

運命を決めるのは、

80%の性格



20%の努力

これが事実みたいです。

楽器に例えると、

どんな楽器を持って生まれてきたか(性格)

をよく知って、
それに合わせて

練習、努力(修養)

する必要がある。

そんな視点でみると、
ガンジーの名言がよく理解できます。

人間の体は楽器のようなものである。
正しく管理して、正しく使えば、
思いどおりの音を奏でることができる。

あなたもぜひ動物占いで、

自分がどんな楽器を持って生まれてきたのか

を知りましょう。

そしてもっと大切なことがあります。
それは、

他人の楽器を批評しない

こと。

自分と違うから、
自分の音に合わないから、


そんな薄っぺらな視点で、
人を批判したり、排除したりしないこと。

金子みすずの名言、

みんな違って、みんないい。

です。

それぞれの持つ楽器に合わせて練習し、
音の合う同士でそれぞれの音を奏でればいいわけですから。

動物占いはそんなことも教えてくれます。




















***
# by kojobunko | 2015-07-27 11:09 | 名言ワンダフルデー

(法則)名言ワンダフルデー3-5

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

大事をなさんと欲せば、小なる事をおこたらず勤むべし。
小つもりて大となればなり。


二宮尊徳
(1787〜1856 農政家、思想家)

f0355165_11402156.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


小さな米粒が集まると、
おにぎりになるやん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


Mr.マリックも真っ青、
ぼくたちはものすごいマジック、いや、

奇跡の世界

に生きています。
それはすごく身近で起こっています。

例えばお米です。

ぼくは、友人たちと自然農という農法で稲を育て始めて、
今年で13年目。
自然農というのは、
耕さない、除草しない、
肥料を与えない、農薬を使用しない農法です。

その田んぼで、2年程前にこんなことを確認してみました。

はたして春にまいた一粒のモミ種が、
秋には何粒になっているのか?


それまで一度も確認したことがありませんでした。
みなさん想像つきますか?

結果はこうです。
なるべくしっかり育った稲を選んで数えてみました。

一粒のモミ種から出た芽は、
40本の穂に分けつ。
1本の穂になったお米は約100粒でした。
ということは、

4000粒。

たった一粒のモミ種が4000倍になったのです。
Mr.マリックも真っ青です。
でもこれはマジックじゃない、
まさに

正真正銘の奇跡

です。

この奇跡に気づくと、
いろんなものが見えてきて、
いろんなことがわかってきます。

それは、
ぼくたちは、

ある法則の中に生かされている

ということ。
その法則にしたがえば、
一粒の種が4000倍になるという奇跡的なことが起こるんです。

この法則は、けっして自然界のことだけじゃない。
人間界も同じです。
そのことを言っているのが、二宮尊徳の名言です。

大事をなさんと欲せば、
小なる事をおこたらず勤むべし。
小つもりて大となればなり。


小さなものを大きく育てることによって、
成果が生まれる。


今自分が為そうとしていること、

そこにも法則が働いているんだ

と意識してみる。
意識が働きだすと、
今までとはまったく違った視点で、
世界が見えるようになります。

ぼくたちは、

奇跡の法則の中に生きている。

成果は人間だけが出すものじゃない、
自然の法則によって生み出されるものなんです。

















***
# by kojobunko | 2015-07-24 11:46 | 名言ワンダフルデー

(本気)名言ワンダフルデー3-4

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

お前のほんとうの腹底から出たものでなければ、
人を心から動かすことは断じてできない。


ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
(1749〜1832 詩人、小説家、自然科学者、政治家)

f0355165_10115568.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


魂が震えるような感動って、
伝染するねんで。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


坂村真民の名言に「本気」があります。

本気になると
世界が変わってくる
自分が変わってくる
変わってこなかったら
まだ本気になっていない証拠だ
本気な恋
本気な仕事
ああ
人間一度
こいつを
つかまんことには






こちらは後藤静香の「本気」。

本気ですれば
たいていな事ができる
本気ですれば
なんでも面白い
本気でしていると
だれかが助けてくれる
人間を幸福にするためにも
本気で働いているものは
みんな幸福で
みんな偉い






これは相田みつをの「本気」です。

なんでもいいからさ
本気でやってごらん
本気でやれば
たのしいから
本気でやれば
つかれないから
つかれても
つかれが
さわやかだから






本気かどうかは
自分が一番よくわかっています。
今日のよみガエルのツッコミ超訳、

魂が震えるような感動って、
伝染するねんで。


本気で生きてますか?
あなたの本気が、
世界を変えることだってあるんです。

























***
# by kojobunko | 2015-07-23 10:27

(時間とお金の使い方)名言ワンダフルデー3-3

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

一つのテーマについて一日に一時間ずつ時間を使い、
それを五年間続ければ、その人はその分野の
エキスパートになれるだろう。


チャールズ・ラム
(1775〜1834 作家、エッセイスト)

f0355165_16374451.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


時間の使い方が、
その人を創り上げていくねん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


毎日必ず銀行預金に、

86,400円

が振り込まれます。
その使い方は自由です。

ただし、その日のうちに使わないと、
自動的に預金から消え去っていきます。

さて、あなたならどんな使い方をしますか?
何に使うでしょうか?

実はこの86,400という数字は、
一日の秒数なんです。
60秒×60分×24時間、

誰にも平等に与えられた時間

です。

ベンジャミン・フランクリンの名言に、

時は金なり。
Time is money.

があります。

時間は貴重なものであるから、
無駄に過ごしてはいけない。

という教訓に使われています。

その時間の使い方を、
より具体的にしたのがチャールズ・ラムの名言です。

一つのテーマについて一日に一時間ずつ時間を使い、
それを五年間続ければ、その人はその分野の
エキスパートになれるだろう。


1時間×365日×5年で、

1825時間

です。
この時間だけではイメージしにくいですが、
例えば1日8時間労働で仕事をしたとき、

1825時間÷8時間で、

228.125日

週休二日で、盆や正月の長期休暇を入れて、
まるまる約1年間、
そのことだけに時間を費やしたことになります。
1日たった1時間だというのに、
相当な時間量になります。

チャールズ・ラムが言う、

その分野のエキスパートになれる。

という言葉も、
まんざら誇張したものではないことが理解できます。

よみガエルがこんなことを言ってます。

才能とは、時間を投入し続ける持続力やねん。
成果とは、時間をどれだけそのことに費やしたかやねん。


そうです、

才能や成果は、
時間の使い方だった

ということに気づくでしょう。

今日のよみガエルのツッコミ超訳、

時間の使い方が、
その人を創り上げていくねん。


今まで自分が何に時間とお金を一番費やしてきたか?
それが、

今の自分

なんです。

だから、今日から、何にどれだけ時間とお金を費やすかによって、

未来の自分は変えられる

ということもわかってきますね。
























***
# by kojobunko | 2015-07-19 17:06 | 名言ワンダフルデー

(考えるな、感じろ)名言ワンダフルデー3-2

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

幸福の扉の一つが閉じる時は、
別の一つが開きます。


ヘレン・ケラー
(1880〜1968 教育家、社会福祉活動家、著作家)

f0355165_11174919.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


幸福の扉は、
開けてくれるの待ってんねんで。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


幸福の扉を開くために、
一番やってはいけないこと


があります。

それは、

考えること

です。
考えている間は、けっして扉は開きません。

なぜ、一歩踏み出して扉に近づかないんでしょう。
なぜ、取っ手に手を伸ばさないんでしょう。

その原因は、

考えているから

です。
考えている間は、
けっして扉は開きません。
誰かが開いてくれるんじゃないか、
これも甘い考えです。

それよりも、一歩踏み出すこと。

ブルース・リーはこんな名言を残しています。

考えるな、感じろ。
Don't Think. Feel!

理屈じゃなく、感性を通じてものごとを見抜く。
感性というのは、人間の本質であり、
原始の力といってもいいでしょう。

感じるというのは、
この肉体を持って、
この心を持って体験することでしか得られない。

今日のよみガエルのツッコミ超訳、

幸福の扉は、
開けてくれるの待ってんねんで。


幸福の扉はいつでもそこにあります。
いつでも開けられるようになっています。
一歩踏み出して、それを開くかどうかは自分しだい。

考えて選んだ扉は、損得の扉。
感性で選んだ扉が幸福の扉。

幸福への扉は、損得を超えたところにあるんですね。

考えるな、感じろ。
Don't Think. Feel!  
   By ブルース・リー























***
# by kojobunko | 2015-07-17 11:19 | 名言ワンダフルデー

(上目線)名言ワンダフルデー3-1

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

苦しいことについては何も考えない。
まだ残っている美しいことだけ考えよう。


アンネ・フランク
(1929〜1945 『アンネの日記』著者)

f0355165_11125041.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


想像の世界は、
自由自在やねん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ナチスの迫害から逃れるために、
一家でドイツを離れてオランダへ亡命。
しかしオランダがドイツ軍に占領されると、
オランダでもユダヤ狩りが行われ、
一家は隠れ家での潜行生活に入ることを余儀なくされました。

ここでの生活は2年間にもおよび、
その間、アンネ・フランクは隠れ家でのことを日記に書き続けた。
これがあの有名な『アンネの日記』です。

そしてその内容を象徴するのが今日の名言、

苦しいことについては何も考えない。
まだ残っている美しいことだけ考えよう。


です。

人間のエネルギーの80%は、
取り越し苦労で消費されている。


という話を聞いたことがあります。

ちょっとおおげさな数字ではないかと思いきや、
朝起きてから眠るまで、
また眠っていてもずっと考えごとをしている。
その考える内容が、
楽しくて、喜びに満ち、意気揚々とした、
そんな心持ちならいざ知らず、
消極的でマイナス思考、
いつも心の中に渦巻くのは、
過去への後悔や、
未来への不安だったりします。

アンネもきっと、
この取り越し苦労と戦ったに違いない。
そしてアンネは宣言したのです。

美しいことだけ考えよう!

と。

「宣言」ってすごい力があります。
「宣」には「明らかにする」という意味があります。
「明らかにする」というのは主体的な行為です。

心は自分でコントロールできるものです。

では一つ、簡単に心をコントロールする方法を伝授しましょう。
それは、

目線

です。
もっと具体的にいうと、眼球の位置。
では、まず目をつむってみてください。
そして眼球を下へ。下目線です。
どうですか? 気分が、

どよ〜ん

とするはずです。
では、眼球を上へ。上目線です。
どうですか? 心が、

晴れやか

になったはずです。
これが「明らかになった」状態です。
たった目線一つで、心はコントロールできるんです。

美しいことだけを考えよう!

そう宣言したときのアンネを思い浮かべてください。
上目線で、瞳がキラキラしていたはずです。
この瞬間には、取り越し苦労の入り込む余地はありません。

行き詰まったときは目線を確認する。
それだけで難問や人間関係も、
一瞬でクリアされることがあります。

たいへんなこといっぱいあるけど、
アンネの言葉を胸に、
今日も上目線でいこうよ!


















***
# by kojobunko | 2015-07-15 11:16 | 名言ワンダフルデー

(心のマッチョ)名言ワンダフルデー1-31

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

労働が体を強くするように、
困難は心を強くする。


ルキウス・アンナエウス・セネカ
(紀元前1年頃〜65 政治家、哲学者、詩人)

f0355165_1054363.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


困難ってな、
処理能力がないだけやねん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


サッカー元日本代表監督の岡田武史氏が、
こんな名言を残しています。

重圧やプレッシャーは重力みたいなもので、
重力がないと筋肉も骨もダメになっちゃう。


筋力をつけるには筋トレが必要なように、
人間の生きる力をつけるためには、

重圧トレーニング

が必要だというんです。

筋トレの基本は、
重力に逆らった動きで筋肉に負荷をかけることですが、
生きるトレーニングの基本もまた、
重圧に逆らった動きで心に負荷をかけることです。

これをうまく利用することで、

人間力がついてくる

ということがイメージできると思います。


生きてると逃げ出したくなるような場面が多々あります。
そういうときは重圧トレーニングの絶好のチャンスです。

そんなトレーニングに望むときの、
ちょっとしたコツを伝授しましょう。
重圧の受け止め方です。
視点が変わると負荷のかかり方、質が変わります。
良質な負荷となるわけです。

悪質な負荷というのは、

やらされている

という思いです。
これはそうとう心身にダメージを与えて、
下手をすると心身を壊してしまうおそれがある。

そこで、これを良質な負荷に変える技です。
それは、

自分からさせてもらってる

という気持ちで望むことです。
すると、心身にかかる負荷はまったく違ったものになる。

合氣道でも、

腕をつかまれている

と思うと抵抗する心が生まれて敵対し、
技はうまくかかりません。
しかし、

腕をつかませている

という心持ちで相対すると、
相手とぶつからない。
ぶつからないだけではなく、導くことができる。

要は、

主体を自分におく

ということなんです。

今、重圧に立ち向かっている人はぜひ試してみてください。

やらされている

から、

させてもらっている

へ。

これだけで、重圧は悪質から良質へ変わります。
良質な重圧トレーニングで人間力アップ!

心のマッチョを目指しましょう。






執筆後記

手製豆本『名言ワンダフルデー』4シリーズには、
アマガエル、中山裕那粘土作品、イヌ、ハスバージョンがあります。

そのうち、
アマガエル、中山裕那粘土作品のツッコミ解説の執筆を今日、
このブログで終えることができました。
いつもたくさんの読者の方に訪れていただき、
それを励みにここまで続けてこれました。

拙い文章におつきあいいただき、
ありがとうございます。

手製豆本『名言ワンダフルデー』といっても、
途中からこのブログを読みはじめられて、
まだなじみのない方もおられると思いますので、
下記にその紹介をさせていただきます。

手製豆本『名言ワンダフルデー』とは、
こんな感じです。過去の記事から転載しておきます。

2015.5.1の記事より転載。*******

「名言ワンダフルデー」を豆本にしてみました。
f0355165_10273353.jpg

「名言ワンダフルデー」とは、恐れ多くも先人の名言をツッコミ超訳し、写真とともに手製豆本にしたものです。手に取った人にヒラメキと気づきをお届けするツールとして作ってみました。

写真は、過去に撮りためていたものからチョイス。
シリーズ1は、友人の中山裕那さんの粘土作品
シリーズ2は、アマガエルくんたち
シリーズ3は、友人の愛犬アクア&エマ
シリーズ4は、古代蓮、睡蓮
です。

f0355165_1028459.jpg

31日あるので、日めくりカレンダーにもなり、
好きなところをパッと開くと、ヒラメキツールとしても使えます。

f0355165_1028289.jpg

ジャバラ折りなのでディスプレーにも使えたりします。

名言からツッコミ超訳が生まれるまでに、
ぼくの中でいろんな科学反応が起こっています。
その思考の過程をエッセイにして、
ブログにほぼ毎日更新しています。
またお暇なときに、時々のぞいてみてください。

*******

この手製豆本はご希望の方にお頒けしています。
注文予約を受けてから制作にかかりますが、
1日1、2冊しか作れません。
現在、予約も合わせて100冊以上のご注文をいただいています。
ぼくにとって想定外の出来事です。
しかし、これを読んで、視点が変わり、
心がパッピーになってくれる人がいるということ、
喜んでいただけることは、
ぼくにとっても大きな喜びとなっています。

ご注文いただいていながらお待たせしている方、
毎日コツコツと作っていますので、
もうしばらくお待ちください。

もしご希望の方がおられましたら、
こちらのメールアドレスにご連絡ください。
sivaken1199★yahoo.co.jp(★→@)

完全手作りですので1冊3500円と、少し割高ですが、
きっと楽しんでいただけるとことと思います。
















































***
# by kojobunko | 2015-07-10 10:56 | 名言ワンダフルデー

(いのちをかけてもほしいもの)名言ワンダフルデー1-30

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

ただ志のなきを恥じて、
財の足らざるに言を寄すべからず。


貝原益軒
(1630〜1714 本草学者、儒学者)

f0355165_15332034.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


億万長者になっても、
お金の使い方知らんかったら不幸になんねん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


貝原益軒は、

ただ志のなきを恥じて・・・

という言葉を残しています。
志がないということは恥ずかしいことだ、
と言っているんですね。

では、その志って何なんでしょう。

相田みつをはこんな名言を残してます。

いのちがけでほしいものを
たったひとつに的をしぼって言ってみな。


志といえば漠然としていますが、
ここまで具体的に表現してくれるとわかりやすいですね。

いのちをがけてでも、
人生をかけてやりとげたいもの。


それが志だと言うんです。


では、ぼくからあなたに、
すばらしいプレゼントをお贈りしましょう。
次の問いに答えられたらです。

その問いは、相田みつをの言葉そのままです。

いのちをかけてでもほしいものを
たったひとつ上げてみて。


それをプレゼントしますから。

お金ですか?
恋人?
家?
車?

なんでもいいですよ。
そのかわり、

あなたのいのちをいただきます。

だって、
いのちをかけてもほしいものなんですから。

いのちと差し替えてもほしい夢が見つかったら、
いつでも言ってください。
そのときは、

ぼくはあなたの夢を全力で応援します。

ぼくだけじゃない、
そんな真剣に生きてる人を、
誰も放っておけませんから。









































***
# by kojobunko | 2015-07-09 15:40 | 名言ワンダフルデー

(どん底は天国)名言ワンダフルデー1-29

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

幸福は幸福の中にあるのではなく、
それを手に入れる過程の中だけにある。


フョードル・ミハイロビッチ・ドストエフスキー
(1821〜1881 小説家、思想家)

f0355165_14574431.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


どん底が、
幸福へのスタートラインやねん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


人生の焼け野原

を経験したことがあるでしょうか。

どん底

というやつです。
何もかもが焼けてしまって、
残ったのはこの身ひとつ、という状況です。

ぼくが若い頃に恩師から教えてもらったのは、

大病
投獄
浪人


この3つのどん底をへて、
はじめて人間が形成されるという話でした。

人間が形成される?

どん底で?


では、そのどん底を体感していただきましょう。
まず、今の自分から、
これから上げるものを差し引いてください。
はじめに、

社会的地位、肩書き

です。
それがなくなりました。
そうすると、

信用もなくなります。

そして、

金銭的バックボーンもなくなってしまった。

もちろん、

社交の人間関係もなくなります。

そのうえ、

家族にも見放されました。

こうした、人間社会で重要としてきたもの、
そのすべてが奪われてしまったのです。
上記のものをすべて失ってしまった・・・。

今の自分から差し引いたら何が残りましたか?
今残っているもの、

それが本当の自分

です。
その焼け残ったものこそ、自分に必要なものなんです。

カーネル・サンダーズをご存じでしょうか。
彼はカフェを経営していました。
ところが、時代の変化とともに成り立たなくなった。
店を閉めて年金生活をすることにしましたが、
あてにしていた年金が思っていたのより全然少なかった。

このままじゃだめだ。

しかしレストランもない、財産もない、
そう、まさにどん底状態でした。
そこでふと気づいた、
唯一残っているものがある。
それが、カフェで大人気だった

フライドチキン!

そして始めたのが、
フライドチキンの作り方を売ること。
それがフランチャイズのケンタッキー・フライドチキンです。

カーネル・サンダーズがもしどん底を見なかったら、
ぼくたちはケンタッキー・フライドチキンを食べることはなかった。

ここに、

どん底の哲学

があります。
それが、今日のよみガエルのツッコミ超訳、

どん底が、
幸福へのスタートラインやねん。


これです!
本当の自分がわかり、
本当に自分に必要なものがわかり、
本当に自分にできることがわかる。

これってすごいことです。

誰もがどん底は地獄だと思っている。
でも本当は、

どん底ほどの天国はない。

素の自分で生きられる、
ストレスもない、不安もない、
あるのは希望だけ。

どん底は希望に満ちている!

そこから本当の自分の人生が始まるわけです。

どうです?
どん底を経験してみたくなったでしょ。






















***
# by kojobunko | 2015-07-04 15:14 | 名言ワンダフルデー


本は、過去、現在、未来をつないでくれるツールです。読む本はもちろん、本には作る楽しみもあります。まだ知らない本の世界をシェアしていきます。by 柴田健二郎


by kojobunko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

アトリエ興譲文庫のこと

アトリエ興譲文庫の活動

お問い合わせ
 ↓
kojo_bunko★yahoo.co.jp(★→@)

カテゴリ

名言ワンダフルライフ365
本作り
インフォメーション
パッセカルトン
ワークショップ
名言ワンダフルデー
四次元マッピング
名言365

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

最新のコメント

FUKUKOTO・Fuk..
by kojobunko at 13:52
FUKUKOTO・Fuk..
by nayacafe-2950 at 07:15

お気に入りブログ

Yathbee's Photo

最新の記事

111 あなたは私の鏡です(..
at 2019-04-21 07:34
110 ゴールに向かって(名..
at 2019-04-20 07:35
109 想定外をプレゼントし..
at 2019-04-19 06:53
108 幸せの条件(名言ワン..
at 2019-04-18 07:09
107 コンプレックスを告白..
at 2019-04-17 07:12

ブログジャンル

アート・デザイン
本・読書