人気ブログランキング |

385 苦労がゼロになる生き方(名言ワンダフルライフ365)


苦しいときに、にがい水を飲まなかった奴は、ひだちが悪いよ。おれは「苦労」を、おれの「先生」だと思っているんだ。
山本有三


苦労とは
思いどおりにならないこと


***

苦労とは、思いどおりにしたいのに、思いどおりにならないときに生じる。

この世は、思いどおりにならないならないことばかり。


そこで、苦労をゼロにする生き方がある。

それは、自分であれこれ思いどおりにしようとすることを諦めて、ただ淡々と頼まれごとをこなしていく生き方だ。

頼まれるとは、誰かが自分を頼りにしてくれているということ。

自分を必要としている人がいるからこそ、頼まれごとは成立するのだ。

人は、人に喜ばれたときに生きがいを感じる。

頼まれごとは、確実に、ピンポイントで誰かを喜ばせることができる。

そして人の喜びは、かならず何らかの豊かさというカタチで返ってくるものだ。


また、人は案外、自分で自分のことはわからないもの。

だが頼まれごとは、自分以外の人が客観的に自分の本質を教えてくれることになる。

ときにそのことで、自分の使命を知ることにつながることさえある。

思いどおりにするのではなく、ただ頼まれごとをこなして人に喜ばれる。

そんな苦労がゼロになる生き方もいいものだ。


385 苦労がゼロになる生き方(名言ワンダフルライフ365)_f0355165_07263357.jpg




















***



# by kojobunko | 2020-01-24 07:16 | Comments(0)

384 朝になると日が昇る(名言ワンダフルライフ365)


自然は優しく微笑む母のように、我々の夢を育て、空想を楽しませてくれる。
ヴィクトル・ユーゴー


朝になると
日が昇る


***

朝になると日が昇る、これほどに人間を勇気づけてくれる自然現象はない。

日が昇らない朝はない、この信頼があるからこそ今日も生きていられる。

さて、今日はどんな1日にしようか。

うまくいくことも、うまくいかないこともある。

でもなんとかなるさ、また朝になると日はかならず昇るのだから。

















***


# by kojobunko | 2020-01-23 07:11 | Comments(0)

383 いつも心に太陽を(名言ワンダフルライフ365)


しかしやがて、希望が微笑みとともやって来て、つぶやく。「喜びは、自分を忘れることにあるのだ」と。
ヘレン・ケラー


心が苦しいときは
かならず心に欲望が渦巻いている



***

なんだか心が苦しいなぁ、と感じるとき。そんなときはたいていその原因は、自分にある。

心が苦しいときは、心に欲望の雲が渦巻いているものだ。


空の雲が太陽を遮ると曇るように、心に雲がかかると心の太陽が遮られる。

不満を数え上げるときりがない。

雲を払うのは、いつだって自分次第だ。

払った雲の向こうには、かならず太陽が待っている。

















***


# by kojobunko | 2020-01-22 07:16 | Comments(0)

382 希望の羽根(名言ワンダフルライフ365)


「希望」には羽根が生えていて、魂にとまる。
エミリー・ディキンソン


本心の花を
咲かせよう


***

心に希望を抱いている人は、輝いて見える。

現実がどれだけ過酷でも、心に希望さえあれば、現状を切り開くエネルギーや知恵はいくらでも湧いてくるものだ。


現状はどうであれ、どんな時でも、どんな場所でも、つねに心に希望の花を咲かせておきたい。

心に本心の花が咲き、あま〜い香りを出していれば、羽根のついた未来は、おのずと向こうからやってくるものだ。

















***


# by kojobunko | 2020-01-21 07:20 | Comments(0)

381 まず心を変える(名言ワンダフルライフ365)


思考の啓示は隷属から自由へと人を解放する。
ラルフ・ワルド・エマーソン


環境を変えるには
まず心から


***

この10年で、自分の置かれた環境はどう変化しただろうか?

振り返ってみると、仕事環境、生活環境、人間関係においてもずいぶん大きな変化を経験している。

これらの環境はすべて、自分の心の反映だといえる。

心が思ったり、感じたりしたことに共鳴して、それに見合った環境が引き寄せられているのだ。


現状だけを何とか変えようと思っても変わるものではない。

環境を変えようと思えば、まず心から。

自分の心が変わって後、環境は変化していくのだ。

















***


# by kojobunko | 2020-01-20 07:26 | Comments(0)

380 心地よく成る(名言ワンダフルライフ365)


なせば成る、なさねば成らぬ何ごとも、ならぬは人のなさぬなりけり。
平田篤胤


本心で喜べないことは
やらないほうがいい



***

心地よさとは、原始感覚だ。

心地よさは、人それぞれ、その時と場所によっても違ってくる。

心地よさの加減は、本人にしかわからないものだ。


心地よさにしたがったとき、生命は躍動する。

もっと自分の心地よさに貪欲になっていい。

心地よさは嘘をつかない。


自分は、本心が心地よくない、喜べないことはやらないと決めている。

本心が心地いいと感じることだけ、喜べることだけをやる。

その心地よさにしたがうと、成そうとしなくても、おのずと物事は成っていくものだ。


380 心地よく成る(名言ワンダフルライフ365)_f0355165_09004569.jpg
















***

# by kojobunko | 2020-01-19 08:52 | Comments(0)

379 人生最期のことば(名言ワンダフルライフ365)


あなたが生まれたとき、あなたは泣いていて周りの人達は笑っていたでしょう。だから、いつかあなたが死ぬとき、あなたが笑っていて周りの人たちが泣いている。そんな人生を送りなさい。
ネイティブアメリカン口伝


「いい人生だったなぁ」と言って死ねたなら
どんな人生も百点満点



***

今の自分の人生を山登りに例えたなら、多分7合目あたりだろうか。

もし今とつぜん死を迎えたとしたら、

「まあ仕方ないなぁ」

と自分は言うだろう。

人生に後悔はなく、いい意味で諦めて終えられる。

よくやりましたと、二重丸くらいはあげられる。


だが目指すは、

「いい人生だったなぁ」

と言って死ねること。

これが言えたなら文句なく、自分の人生ハナマルだ。


さて、では今からどこまで登り詰めればそう言えるのか。

今できることは、遥か先に見えているあのハナマル人生の頂上に向かって、今日も一歩ずつ歩を進めるだけ。

あとは時間と気力の問題。

この人生登山から、突然の下山を告げられないことを祈るばかり。

















***


# by kojobunko | 2020-01-18 07:24 | Comments(0)

378 老後に必要なもの


老いることは、忙しい者には身に付ける暇のない悪い習慣だ。
モーロア


人が若く生き続けるためには
志を持つこと


***

人の寿命は、よく生きて100年。

年齢とともに老化していくのは自然現象というものだ。

だが、肉体は老化しても、心は何歳になっても老化することはない。

それどころか、年齢とともにいよいよ心の輝きを増す人がある。


人が若く生き続けるために必要なのは、志を持つことだ。

志とは、自分の中に理想郷を持つこと。

理想郷に生きている人には、退屈がない。


老いをあれこれ憂慮するより、志の有無を憂慮すべし。



















***


# by kojobunko | 2020-01-17 07:18 | Comments(0)

377 天職との出あい方(名言ワンダフルライフ365)


労働は、それが疑いなく必要なものになった時、喜びとなる。
レフ・トルストイ


自分の喜びは
いつしか天職につながる



***

天職探しにはコツがある。

そのコツは、自分が本当にその仕事を喜んでいるかどうか。


待遇のいい仕事を与えられて喜ぶ、大きな収入を得て喜ぶ、人に重宝されて喜ぶ、これらももちろん喜びに違いない。

だが、こうした社会的な成功は「与えられた喜び」にすぎない。


真の喜びとは、自分の本心の中にある。

本心の喜びは自分の中から湧き出てくるもの。

天職を見つけるなら、まず自分の本心がそのことを本当に喜んでいるかどうかを感じ取れるピュアな感性が必要だ。

自分の本心の喜びに素直にしたがい、それを生涯続け得たなら、誰もが天職をまっとうすることができる。

自分の本心の喜びは、いつしか天職につながるのだ。
















***

# by kojobunko | 2020-01-16 07:23 | Comments(0)

376 統率とは心を導くこと(名言ワンダフルライフ365)


他人を統率していくときには、才能よりも、礼儀正しさのほうがはるかに強烈な影響力を与える。
サミュエル・スマイルズ


統率とは
心を導くこと


***

統率には、3段階ある。

1段階は、行動を統率すること。

 その人の意思には関係なく、強制的に行動を強いること。

2段階は、心を統率すること。

 その人をやる気にさせて、行動を導き出すこと。

3段階は、魂を統率すること。

 その人の本心を開き、喜んで行動してもらうこと。


人は行動だけで統率できるものではない。

本当に人を統率するには、行動のみならず、心を導くこと。

心がその気になれば、行動はおのずとついてくるものだ。




















***

# by kojobunko | 2020-01-11 06:47 | Comments(0)

375 何のために歴史を学ぶのか(名言ワンダフルライフ365)


三千年の歴史から学ぶことを知らぬ者は、知ることもなく闇の中にいよ、その日その日を生きるとも。
ゲーテ


歴史は
自分を知るためにある



***

歴史を学んで分かることは、時代が3000年を経ても、人間の本質は変わらないということだ。

宇宙構造、肉体構造、精神構造など、仕組まれた基本構造の中で何をチョイスし、何を活用していったか、その足跡が歴史といえる。


けっきょく人が本当に知りたいのは歴史の知識ではなく、自分だ。

自分にはどんな素養があり、どんな人生を送りたいのか。

今ここに生まれて生きている、この自分という存在を知るために歴史を学ぶのだ。


この宇宙には、すでに無限の選択肢が準備されている。

その中から何をチョイスするかは、自分次第だ。

チョイスするためには、まずどんな選択肢があるのかを知っておかなければならない。

知っているからこそ、選ぶことができる。

歴史を学ぶことによって、格段にその選択肢は広がるのだ。


さて自分は、この人生で何を選び、何を体験したいのか。

歴史は、自分を知るためにあるのだ。


375 何のために歴史を学ぶのか(名言ワンダフルライフ365)_f0355165_06421323.jpg

















***


# by kojobunko | 2020-01-10 06:36 | Comments(0)

374 宇宙を想う(名言ワンダフルライフ365)


人は死ぬまで同じ事をするものではない。理想にしたがって生きるのが素晴らしいのだ。
渋沢栄一


理想とは
宇宙の法則を想像すること



***

理想という言葉を、自分たちは日常会話で当たり前のように使っている。

だがこの言葉には、相当に深い意味が込められているようだ。

あえてこれを直訳すると、

理想とは、宇宙の法則を想像すること。


人は自分で生きているようで、実は理(ことわり) = 宇宙の法則の中に生かされている。

もしこの地球が宇宙の法則から外れたなら、すべての生命は1秒たりとも存続できなくなる。


理想とは、宇宙を想い、謙虚になること。

自分という存在が宇宙の一部であることを想い出すこと、それが本当の理想だ。

自分はどれだけ理想に生きているだろうか。














***


# by kojobunko | 2020-01-09 06:51 | Comments(0)

373 本心に生きる(名言ワンダフルライフ365)


信念とは、精神の良心である。
セバスチャン・ロッシュ・シャンフォール


理性はだませても
本心はだませない



***

人間は何らかの社会に所属して生きている。

社会を捨て無人島で生きることもできるだろうが、それは虚しい。

人は人と生き、人間関係の中でのみ自分という存在を知ることができる。

そして最終的に、自分という存在の正体を見出そうとしているのだ。


その正体から湧き出てくるものが本心であり、良心である。

理性はだませても、本心はだませない。

本心良心に生きてこそ、人間として生まれた価値があり、また喜びがある。

信念もまた、そこから生じるのだ。














***



# by kojobunko | 2020-01-08 07:12 | Comments(0)

372 本音を引き出す特効薬


酒は量なく、乱に及ばず。
孔子


本音を引き出す特効薬
それが酒だ



***

酒を飲みすぎると、ときに羽目を外してしまうことがある。

酒で失敗したという話もよく聞くが、なぜ人は酒を飲んで乱れるのか?

それは理性によって保たれていた心が、酒によって解放され、本音が前面に出てしまうからだ。

その人が乱れたのは酒のせいではない。

酒はそのきっかけとなっただけ。

その最たる原因は、心に溜まったうっぷんのせいだ。


日頃から本音で生きている人は、どれだけ酒を飲んでも乱れることはない。

酔って解放された本音もまた本音だからだ。

自分の本音を確認させてくれる特効薬、それが酒だ。

酒を飲んで乱れないためには、酒の量を調整するよりも、日頃から本音で生きていくにかぎる。















***


# by kojobunko | 2020-01-07 07:02 | Comments(0)

371 緊張と緩和(名言ワンダフルライフ365)


天下の憂えに先んじて憂え、天下の楽しみに後おくれて楽しむ。
范仲淹


心地よさを最優先すると
心も体も自分で操縦できるようになる


***

操体法という身体調整法がある。

それは自らが自らの身体を調整する自己整体のようなものだ。

その最たる特長は、心地いいことを最優先することだ。


例えば、身体の緊張をほぐすとき、通常は凝り固まっているところをストレッチで緩める。

だが操体法では、凝り固まったところはそのままに、心地よさを見つけることを最優先して身体をほぐしていくのだ。

とにかく心地よさばかりにフォーカスしていくと、おのずと凝り固まったところも緩むという原理だ。


これは身体に限らない、心も同じだ。

例えば問題を抱えたとき、その解決のカギは心地いいかどうか。

どうすれば心地よくいられるのか、どうあれば心地よくあれるのか。

自分の心地よさを最優先していくと、おのずと問題は問題でなくなってしまう。


心地よさを最優先して緊張(憂)と緩和(楽)を使いこなすと、心も体も自分で操縦できるようになるのだ。



















***



# by kojobunko | 2020-01-06 07:25 | Comments(0)

370 違和感は道しるべ(名言ワンダフルライフ365)


忠告には用心せよ。この忠告に対してもだ。
カール・サンドバーグ


違和感は
理想の自分への道しるべ



***

忠告を受けると、心は揺らぐものだ。

それも自分の核心を突くような忠告だと、なおさら大きく動揺する。

でもこの動揺をうまく使うと、固まっていた自分を解きほぐし、上手にいい方へと変化させることができる。


動揺とは違和感だ。

動揺したとき、今の自分のあり方に違和感を感じているはず。

この違和感というものが、とても大事。

違和感は、本心の自分からのシグナルのようなもので、自分が本来あるべき方向へと、自分を導いている感覚だ。

「そっちじゃないよ」と。


忠告を動揺に変え、動揺から違和感を感じとる。

その違和感をうまく解消する方向に自分を導けば、本当にありたい自分が見えてくる。

違和感は、理想の自分へと導く道しるべなのだ。

370 違和感は道しるべ(名言ワンダフルライフ365)_f0355165_07295230.jpg
















***


# by kojobunko | 2020-01-05 07:37 | Comments(0)

369 一番の理解者(名言ワンダフルライフ365)


自分だけは特別に注目されたいという欲望。だが、注目されるという目的は果たされない。なぜなら、他の人みんなが自分の観客だとそれぞれに思っているからだ。
フリードリヒ・ニーチェ


自分が自分の
一番の理解者になる


***

人には、誰かに認められたいという強い欲求がある。

いわゆる自己承認欲だ。

その欲求は、どうやら幼少時代に生じたものらしい。

貧乏だった人は、お金持ちになりたい、愛されなかった人は、愛されたい・・・と。

幼少時代にみじめな思いをしたときの、その心のスキマをどうにかして埋めたいと一生をかけてその課題に取り組むのだ。

その欲求にはすさまじい力があり、そのエネルギーを使うと社会的な成功をなし遂げることができる。

だが、一時期は満たされたような気分になるが、時が過ぎ、潮が引くように現役を去れば、またその渇望感に襲われる。

そして外のものでは、その欲求を満たすことはできないことを体験するのだ。


けっきょく、自分を満たせるのは自分だけ。

究極の自己承認は、自分が自分の一番の理解者になることだ。














***


# by kojobunko | 2020-01-04 06:34 | Comments(0)

368 理想の自分・理想の未来(名言ワンダフルライフ365)


人生においては最も耐え難いことは、世の経験をつんだ多くの人々の言によると、悪天候が続くことではなく、雲ひとつない日が続くことである。
カール・ヒルティ


闇の反対側には
かならず光がある


***

思い通りにならない、未来が不安だと嘆く。

人の思いというものはおもしろいもので、足りない方ばかりにフォーカスを当てると、足りないことばかり、不安なことばかりが湧き上がってくる。

でもどんな人にも平等に、その闇のような思いと同じだけ希望の光も与えられている。

その希望の光を確認するのはとても簡単。

闇に向かい、光に背を向けている自分が振り向けばいいだけ。

その違和感のような闇の思いをうまく利用すると、その反対側に理想の自分を見出すことができるのだ。


さて今日は、希望の光を確認するために、自分にこんな質問を投げかけてみよう!

できるかどうかは別として、どんな自分になりたい?

できるかどうかはひとまず置いておいて、理想の自分を自由に描いてみる。

闇の反対側には、かならず光がある。

この闇の反対側に、さて自分はどんな希望の光を見出せるだろう。














***

# by kojobunko | 2020-01-03 06:39 | Comments(0)

367 真の友とは(名言ワンダフルライフ365)


友情はもとより聖なるきずななれど、苦境にあえばさらに神聖となる。
ジョン・ドライデン


比較を絶した世界で結ばれた友こそ
真友と呼べる



***

自分たちは比較の世界で生きている。

この世は寸分違わず、すべて半分半分で構成されている。

光と闇、善と悪、男と女・・・その組み合わせのコントラストによって、この現象世界が成り立っているのだ。


この世界において、人間にとって一番大きな課題は「人間関係」だろう。

それぞれの持つ価値観もまた、それぞれが感じ持つ善と悪・光と闇のコントラストによって成り立っている。

人と人は自らの価値観を持って、互いに評価し合うところに人間関係が結ばれるのだ。


だが比較を超えた、神聖な人間関係というものも確かに存在する。

それは良いところも悪いところも含めてすべてを肯定し、許し合える関係、まさに真友だ。

この比較ばかりの世界で、いつも自然体でいられる真友を一人持つほどに幸運な人生はいない。
















***


# by kojobunko | 2020-01-02 07:26 | Comments(0)

366 充実した1年のはじまり(名言ワンダフルライフ365)


あなたが頂上に達するまで、山の高さを測ってはならない。そうすれば、あなたはいかに低い山を登っていたかを知ることができるだろう。
ハマーショルド


今できる最善の積み重ねが
充実した人生をつくる



***

未来は本当に予測がつかないものだ。

想定外という言葉があるが、まさに思い定めたこととは違った方向に未来は展開していくものだ。


365日を経て、昨日12月31日に「名言ワンダフルライフ365」は完結。

1日も休まず継続することができた。

だがその間、仕事において、また私生活においても想定外の出来事に多々遭遇したが、それでも変わらずブログを書き続けられた自分をほめたい。


このブログの記事は、こんな感じで書き上げている。

就寝前に名言を一つ選ぶ。

寝ているうちに、名言を潜在意識の中に潜らせる。

早朝5時55分に起床して、朦朧とした頭で「四次元マッピング®︎」という独自のツールで名言とリンクさせて自分の思いを整理する。

その中で生まれた自分独自の言葉をもとに、その思考の足跡を簡単なエッセイに残す。

名言の持つ力と、自分の中の思考に化学反応が起きると、まさに想定外の言葉が湧き上がるのを体験した


365日を機に、ひとまず終了しようと思ったが、自分の心の健康のためにも、もう少し続けてみようと思う。

今できる最善の積み重ねが充実した人生をつくる。
by 柴田











***



# by kojobunko | 2020-01-01 15:49 | Comments(0)


本は、過去、現在、未来をつないでくれるツールです。読む本はもちろん、本には作る楽しみもあります。まだ知らない本の世界をシェアしていきます。by 柴田健二郎


by kojobunko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

アトリエ興譲文庫のこと

アトリエ興譲文庫の活動

お問い合わせ
 ↓
kojobunko★gmail.com(★→@)

カテゴリ

名言ワンダフルライフ365
本作り
インフォメーション
パッセカルトン
ワークショップ
名言ワンダフルデー
四次元マッピング
名言365

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

最新のコメント

FUKUKOTO・Fuk..
by kojobunko at 13:52
FUKUKOTO・Fuk..
by nayacafe-2950 at 07:15

お気に入りブログ

Yathbee's Photo

最新の記事

385 苦労がゼロになる生き..
at 2020-01-24 07:16
384 朝になると日が昇る(..
at 2020-01-23 07:11
383 いつも心に太陽を(名..
at 2020-01-22 07:16
382 希望の羽根(名言ワン..
at 2020-01-21 07:20
381 まず心を変える(名言..
at 2020-01-20 07:26

ブログジャンル

アート・デザイン
本・読書