人気ブログランキング |

カテゴリ:名言ワンダフルライフ365( 176 )

178 魂のプラン(名言ワンダフルライフ365)


深く眠っていても魂は働いており、世界の役に立っている。
ヘラクレイトス


魂が自分の本体で
魂がプランしたとおりに人生は展開している


***

自分の人生のテーマを一言でいうなら、

難しいものを わかり易く
分かり易いものを おもしろく

だと思う。

自分の特長は、数学が好き、モノづくりが好き。この2つが自分の人生のテーマそのものを表していて、数学は難しい問題からわかり易い答えを出すことだし、モノづくりはその答えを独自のおもしろいカタチにデザインすることなので、この「2つの好き」をまさに体現しているのが今の自分の人生だと思う。

人は生まれる前に、人生のシナリオを決めているという。魂が自分の本体で、魂がプランしたとおりに人生は展開している。

人が眠り、この身体を休ませている間も、魂はせっせとそのプランを実現すべく働き、与えられたこの人生の時間を楽しんでいるのだ。



















***


by kojobunko | 2019-06-27 07:17 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

177 みんなつながっている(名言ワンダフルライフ365)


いかに多くの人々が汝より前進しているかを見るよりも、いかに多くの人が汝より遅れているかを考えよ。
ルキウス・アンナエウス・セネカ


人生は川 人は水の粒子
人と人は連なりながら 大海へと向かっている


***

人はオーラを発しているという話を聞いたことがある。人の気配を感じる、とよく言うが、それはその人のオーラを感じているんだと思う。

この地球上は、空気でつながっている。どこからどこまでが日本の空気で、どこからどこまでが中国の空気というように分けられないように、空気と空気はどこかで混ざり合いながらつながっている。

人のオーラもまた空気と同じで、自分のオーラと、人のオーラはつながっている。どこからどこまでが自分のオーラで、どこからどこまでが人のオーラというように分けられないように、オーラとオーラはどこかで混ざり合いながらつながっている。

人生は川、人は水の粒子となってつながりながら流れている。どこからどこまでが自分の水で、どこからどこまでが人の水というように分けられないように、水と水はどこかで混ざり合いながらつながっている。

すべてのすべてはひとつ。人と人は追いつき追い越されながら、それでいてひとつとなって大海へと流れていく。


















***


by kojobunko | 2019-06-26 07:19 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

176 知らずに犯す罪(名言ワンダフルライフ365)


過失を率直に告白するは、それが無罪となるひとつの段階なり。
シルス


知って犯す罪
知らずに犯す罪
さてどちらの罪が重い?


***

知らず知らずのうちに、人を傷つけてしまっていた。自分にもそういう経験が何度かある。

身体にできた小さな傷なら、放っておいても自然治癒するが、心にできた傷はなかなか消え去るものではない。それを思うと申し訳ない気持ちでいっぱいになる。


ある知人からこんな質問を受けた。

知って犯す罪と、知らずに犯す罪、さてどちらの罪が重いと思う? 

自分は、知らずに犯した罪は、知らなかったのだから許されるのではないか、と答えた。まさに自分が知らず知らずに人の心を傷つけてしまった小さな罪だ。

すると知人はこう教えてくれた。

知って犯した罪は改めることができるが、知らずに犯した罪は改めることができない。だって、それが罪だということさえ理解していないのだから。だから、知らずに犯す罪ほどの重罪はないのだ、と。

まさに自分が犯した罪は重罪にあたる。自分はがっくりとこうべを垂れ、自分の罪の深さを知ることとなった。

ここで改めて謝罪したい。◯◯さん、ごめなさい、許してください。



















***


by kojobunko | 2019-06-25 07:07 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

174 失敗は成功への道しるべ(名言ワンダフルライフ365)


最大の栄誉は、一度も失敗しないことではなく、倒れるたびに起き上がることである。
オリヴァー・ゴールドスミス


失敗は
ゴールへの道しるべにすぎない


***

若い頃から東洋思想をはじめとした古典を学ぶ機会を得たことは、とても幸運だったなと、いまの歳になってしみじみと思う。

なぜそれが幸運だったのか。それは、人は自分の中に取り込んだ世界を生きていくからだ。

小さな世界を取り込んだ人は、小さな世界を生きていく。

大きな世界を取り込んだ人は、大きな世界を生きていく。

過去のふるいにかけられた歴史を学ぶということは、人類が経験してきた大きな世界を学ぶということになり、自分の中に大きな世界を宿すことができる。


歴史に足跡を残してきた先人たちの人生のプロセスの大半は、どれもこれもが失敗の連続だった。失敗を繰り返し、繰り返し、それでも立ち上がり、立ち上がり、最後の、最後に人類の進化の一歩の足跡を残している。

その足跡に学ぶと、失敗は、ゴールへの道しるべにすぎないことが分かる。

それでもあきらめずに進んだ先にだけ、新しい道は開けるように人生はプログラムされているようだ。



















***


by kojobunko | 2019-06-23 07:33 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

173 どん底は幸福へのスタートライン(名言ワンダフルライフ365)


俺達はどん底に落ち込んで始めて最貴最高の生命を呼吸することが出来るのだ。
葛西善蔵


どん底は
幸福へのスタートライン


***

誰の人生にも、どん底はあるものだ。自分も今までに2度、どん底を見た。

自分にとってのどん底は、時間がなかなか過ぎない、地獄のようなところだった。1度目のどん底は3カ月続いたが、体感は3年に匹敵した。

そのどん底に落ちるきっかけは、現実に起きたことが原因だ。でも、そこからどん底をつくりはじめたのは自分の心だった。

どん底とは現実にあるものではなく、それを受け入れ、心の中につくりだしたバーチャルの世界こそがどん底の正体なのだ。

深刻な問題を抱えた現実はすぐに変えることはできない。でもその現実は現実のままおいておいて、自分の心を変えることはできる。

心が変われば、地獄は一瞬で天国にもなる。

どん底は、幸福へのスタートライン。不要な思いを手放し、真っさらな自分でスタートする、オリンピック級のラッキーチャンスなのだ。


















***


by kojobunko | 2019-06-22 07:30 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

172 二人の自分(名言ワンダフルライフ365)


成し遂げんとした志をただ一回の敗北によって捨ててはいけない。
ウィリアム・シェイクスピア


あの志を抱いた若き日の自分に
今の自分が会いにいってみよう


***

25歳である志を抱き、それから15年、気がつくと2000冊あまりの本を所蔵していた。どの本もその志を果たすために、数珠つなぎのように読み漁った本ばかりだ。

大阪から郷里への帰省を決めたとき、大切な本を200冊だけ手元に残し、あとはすべて手放した。


先日ふと、あの志を抱いた青年のころの自分が顔を出した。一番初めに読んだ本はなんだったかなぁ?

昨日、図書館でその本を借りてきた。

あの志を抱いた若き日の自分に、今の自分が会いにいってみようと思う。

あの頃の自分と今の自分。同じ自分だが、親子ほど年齢が離れている。

さて、どんな対話が始まるんだろう。



















***


by kojobunko | 2019-06-21 07:20 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

171 大河の一滴となる(名言ワンダフルライフ365)


人間は偉大になろうと決意して初めて偉大になれるのだ。
シャルル・ド・ゴール


大河もまた
一滴の水からできている


***

40代後半にある気づきを得て、自分の人生の最期、そしてその道のりを自分なりにデザインしてみた。その後は、そのデザインをカタチにするべく、いろいろなことに挑戦しているのが今の自分だ。


年齢を忘れて、某芸大の通信教育を受講したのもその一環だ。その内容は、普通に通う大学生と同じカリキュラムと単位を、自分のペースで取得していくという想像以上に厳しいものだった。

卒業率は50%。規定の2年で卒業できるのはそのまた50%という過酷なカリキュラムだった。

その卒業制作で、自分は最優秀賞を受けることができた。

作品はブックデザイン。タイトルは『名言365』。そのコンセプトは、

「いにしえから いまへ 滔々と流れゆく 知恵の大河から すくいあげた 365の名言」。

365日毎日ブログに書き綴っていた名言と400字のエッセイを原稿に編集し、ブックデザインして、手作り製本で世界に一冊しかない豪華な本に仕上げた。

今思い返してみてもこの作品が、自分がこれから進むであろう人生のひな形、原点になっている。

いつしか自分も、この知恵の大河の一滴となりたい、と願っている。


f0355165_08130538.jpeg














***


by kojobunko | 2019-06-20 07:20 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

170 腐る死に方 枯れる死に方(名言ワンダフルライフ365)


茶は養生の仙薬にして延命の妙薬なり。
栄西


死には
腐る死に方と
枯れる死に方がある


***

末期がんの患者をばかりを受け入れる専門病院で、たくさんの死を看取ってきた医師からこんな話を聞かせてもらったことがある。

死には2種類あって、1つは死にたくない死にたくないともがき苦しみ、悪臭を放ちながら死んでいく死に方。

もう1つは、死を受け入れ、感謝しながら安らかに死んでいく死に方。

その医師は、前者を「腐る死に方」といい、後者を「枯れる死に方」といっていた。

その違いは心のあり方にある。どちらも、死という現象においては同じだが、心次第で腐る死に方にもなり、枯れる死に方にもなる。

人生は心しだい。心は、使い方で仙薬や妙薬にもなるが、使い方によっては劇薬となり人生を滅茶苦茶にすることさえある。


f0355165_06321285.jpg
















***


by kojobunko | 2019-06-19 06:16 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

169 未来は自分の内にある(名言ワンダフルライフ)


寒さにふるえた者ほど太陽の暖かさを感じる。人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る。
ウォルト・ホイットマン


自分の内に取り入れたものが
自分の外の世界となる


***

人生の極寒に遭遇したとき、人の価値観はガラリと変わってしまうものだ。

自分も20代にそういう経験をした。それまでの浮かれた生活が、一気に真摯な生活へと変貌した。

現実の生活はもちろん変わったが、それを変えたのは自分の心のあり方だったと思う。自分の中に取り込んだ価値観が、そのまま外の世界を変えてしまったのだということが、いま振り返ってよくわかる。

この宇宙には、すでにすべての情報が遍満存在していて、自分の中に取り込んだものと共鳴した情報だけが引き寄せられ、それがカタチとなって自分の人生をつくりあげていくのだ。

すべては、何を取り込むかにかかっている。人生の極寒は、いのちに関わる本当に大切なものを否応なく見せてくれ、何を取り込めばいいかを教えてくれる、ありがたい機会だ。

さて、自分はこれから何を取り入れていくのか・・・。

それに見合った未来はすでに準備されている。





















***


by kojobunko | 2019-06-18 07:27 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

168 別れは進化(名言ワンダフルライフ365)


さよならをいうのは、わずかのあいだ死ぬことだ。
レイモンド・チャンドラー


人は別れで進化する


***

今までに、どれだけの人と別れを経験してきただろう。

幼少時代から学生時代を経て、社会人になってからも数えきれないほどの別れがあった。

小さな出会いと別れを数えたなら、きっとその数は万単位になるように思う。


人生には、節目節目がある。学生から社会人へ、生活の自立、結婚、転職、離婚、退職、そして死。それぞれの節目にはかならず別れがあり、そして新しい出会いがある。

この人生の主役はいつでも自分。その人生のシナリオは出会いと別れによって、ときにドラマチックに展開していく。

別れとは、決して終わりではない。人は別れで進化する。


















***


by kojobunko | 2019-06-17 06:52 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)


本は、過去、現在、未来をつないでくれるツールです。読む本はもちろん、本には作る楽しみもあります。まだ知らない本の世界をシェアしていきます。by 柴田健二郎


by kojobunko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

アトリエ興譲文庫のこと

アトリエ興譲文庫の活動

お問い合わせ
 ↓
kojobunko★gmail.com(★→@)

カテゴリ

名言ワンダフルライフ365
本作り
インフォメーション
パッセカルトン
ワークショップ
名言ワンダフルデー
四次元マッピング
名言365

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

最新のコメント

FUKUKOTO・Fuk..
by kojobunko at 13:52
FUKUKOTO・Fuk..
by nayacafe-2950 at 07:15

お気に入りブログ

Yathbee's Photo

最新の記事

178 魂のプラン(名言ワン..
at 2019-06-27 07:17
177 みんなつながっている..
at 2019-06-26 07:19
176 知らずに犯す罪(名言..
at 2019-06-25 07:07
175 心の熱伝導(名言ワン..
at 2019-06-24 07:14
174 失敗は成功への道しる..
at 2019-06-23 07:33

ブログジャンル

アート・デザイン
本・読書