カテゴリ:四次元マッピング( 5 )

四次元マッピングを使った「チラシ・パンフ作り方講座」のご案内


●チラシを作ってみたけど反応がイマイチ
●外注するとけっこうコストがかかる
●お客のニーズがよくわからない

そんな悩みをお持ちの起業家の皆さま、
自営でお客集めに苦心している皆さま、
ぜひご参加してみませんか?

このフォーマットにあてはめるだけで伝わるチラシ・パンフになります。

ブルースリーの名言
「考えるな、感じろ!」
Don’t Think.feel.

チラシやパンフレットも同じです。
感じてもらうような表現になっていると伝わります。
要は、
説得するんじゃなくて、
納得してもらえばいいわけです。


ところで、
「四次元マッピング®」って何?
って思っている方に簡単にご説明すると、

1枚の紙と3色ボールペンだけで、自分の考えがまとまり、伝えたいことが的確に相手に伝わるようになります。体験すると、「えっ、これが私の頭の中?」と驚くほど、たった1枚の紙で、劇的に頭の中がスッキリします。

それが四次元マッピングです。
もっと詳しく知りたい方は、ホームページをご覧ください。
説明だけでは分かりません。
まずは体験してみてください。
四次元マッピングを知っていただくには体験が一番です。

 日程 2018年2月22日(木)14:00〜15:30
 会場 アトリエ興譲文庫 岡山市北区辰巳5-110
 定員 5名(定員になり次第締め切ります)
 費用 1,000円
 ※ご希望の方にはWordのフォーマットを差し上げます

すでに残席わずか、
ご興味がある方はお早めにご連絡ください。

お申し込みはホームページのお問い合わせフォームから。
とにかく、知らないというのはとても残念なことです。
ほんの一歩、新しい世界に触れてみることで、
新しい未来が開かれます。
その一歩を、今から始めませんか?
可能性に満ち満ちたあなたのご参加をお待ちしています。














***


[PR]
by kojobunko | 2018-02-13 22:34 | 四次元マッピング | Comments(0)

母子手帳は日本の文化

今、学校で「自分の母子手帳を読む」という授業が行われているところがあるそうですね。

リポートでは
「母親への感謝の気持ちでいっぱいになった」
「分娩に20時間もかかって痛かったけれど、早く自分の子どもに会いたいという思いの方が強かったと聞き、私もいつか赤ちゃんを産むのが楽しみになった」
などの感想が寄せられたそうです。(参考記事はこちら

母子手帳ですが、その発祥の地は日本だそうです。
欧米は、個は独立した存在という考え方なので、母子手帳というのは考えにくい発想とのこと。

日本の母子手帳は、1942年に「妊産婦手帳」として発行され、この手帳を見せると配給が手厚くなったとか。
そして1947年に現在の「母子健康手帳」となりました。

1947年頃の戦後の日本は、栄養失調、感染症が蔓延していて、赤ちゃんの1割弱が1歳までに命を落としていました。

母子手帳の普及のおかげで、医療、検診をはじめ、成長の記録、予防接種など、全国どこにいても同じ医療を受けられるようになりました。

その結果、日本は世界一、乳児死亡率が低い国となったわけです。

そして、この「母子手帳」というシステムは、世界でも注目され、現在では世界30カ国以上で使われるようにまでなったのです。すごいですね。

ケニア人の女性医師は「母子手帳はミラクルだ!」と叫んだとか。叫んだかどうかはわかりませんが、アフリカで大きな問題となっているHIVの母子感染を防ぐのに、母子で検診を受けて記録を残せるこの手帳は、まさにミラクルな存在となって活躍しています。

まさに、「いのちのパスポート」と呼ばれているそうです。

f0355165_16255491.jpg















***
[PR]
by kojobunko | 2017-05-30 16:04 | 四次元マッピング | Comments(0)

母子手帳をオリジナル製本する教室

母子手帳を、自分の手でオリジナル製本に甦らせる、
製本教室を開催します。

母子手帳をラブレターに変身させませんか?
f0355165_17374368.jpg


詳細、お問い合わせは、
sivaken1199★yahoo.co.jp(★→@)
までメールをお送りください。

自分で作るのはちょっと苦手・・・
という方はご相談ください。
お作りします。














***
[PR]
by kojobunko | 2017-05-26 17:41 | 四次元マッピング | Comments(0)

母子手帳はどうする?

前回のブログ記事のつづきです。

母子手帳とへその緒を、母から託されたお客様の、
へその緒は自然に還すことになりました。
それはそれで解決、
ぼくも自分のへその緒は、
自分の手で自然に還すのがいいなと思いました。

それからもう一つ、
母子手帳の扱い方をどうするか?

母子手帳は母と子の記録です。
男のぼくにはリアリティがないので、
3人の子どもを育てた女性の友人に、
母と子の関係を相談してみました。

すると、
「母親は、子どもに永遠の片思いをしているんだよ」
と教えてくれました。
片思いとは、見返りのない愛です。
なるほど、ステキな話です。

そこで、ぼくは閃きました。
母子手帳をラブレターにしたらどうだろう!

「永遠の片思い 親から子へのラブレター」

ステキなコンセプトです。

それで思いついたのが、
みすぼらしくなった母子手帳を衣替えしてあげよう、
というアイデアでした。

さっそく、自分の母子手帳を上製本に衣替え。
こんな感じに仕上がりました。
f0355165_1730154.jpg


母子手帳は、タンスにしまっているだけではただの手帳ですが、
こうして衣替えして、
「母から子へのラブレター」
という命を吹き込むと、
一気に存在感がでました。

この母子手帳オリジナル製本をお客様にお見せしたら、
ご自分の母子手帳と子どもの母子手帳も、
すできなラブレターにしたいとのご希望をいただきました。












***
[PR]
by kojobunko | 2017-05-26 17:35 | 四次元マッピング | Comments(0)

へその緒の行方

アトリエ興譲文庫は、
「大切な思いや情報を整理して、デザインの力で世界にひとつだけのカタチにします」
というコンセプトで活動しています。

先日、イベントに参加したときお客様から、
「この間、母から母子手帳とへその緒を渡されたんですけど、どうしたらいいか思案中なんですよね」
とお話を聞かせていただきました。
へその緒は持っていても困るので、お坊さんにお願いして供養した方がいいのか相談しようと思ってるとのことでした。

ぼく)
うーむ、どうしたらいいですかね? お坊さんに供養してもらうのもいいですけど、
自分が心地いい、気持ちいい方法はないですかね。
例えば、
自然に還すのってどうでしょう。
山と海だと、どちらが好きですか?

彼女)
最近は山かな?

ぼく)
だったら、家族でハイキングにでも行って、
どこか気持ちのいい山に、いいなと思える木を見つけて、
その根元に埋めるのはどうですか?

彼女)
それ素敵ですね!
でも、やっぱり海がいいかな。
1輪の花と一緒に海に還すのって素敵かもしれないです。
へその緒の問題は、これで解決しました。
ありがとうございます。











***
[PR]
by kojobunko | 2017-05-26 17:16 | 四次元マッピング


本は、過去、現在、未来をつないでくれるツールです。読む本はもちろん、本には作る楽しみもあります。まだ知らない本の世界をシェアしていきます。by 柴田健二郎


by kojobunko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

アトリエ興譲文庫のこと

アトリエ興譲文庫の活動

お問い合わせ
 ↓
kojo_bunko★yahoo.co.jp(★→@)

カテゴリ

本作り
インフォメーション
パッセカルトン
ワークショップ
名言ワンダフルデー
四次元マッピング
名言365

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

最新のコメント

FUKUKOTO・Fuk..
by kojobunko at 13:52
FUKUKOTO・Fuk..
by nayacafe-2950 at 07:15

お気に入りブログ

Yathbee's Photo

最新の記事

12月の贈り物展
at 2018-12-01 18:39
新作『雨ニモマケズ 風ニモマ..
at 2018-11-04 17:22
「自然とつながる暮らし展」を..
at 2018-11-04 16:59
(本当の自由)名言ワンダフル..
at 2018-02-18 19:24
(感性の生き方)名言ワンダフ..
at 2018-02-16 16:05

ブログジャンル

アート・デザイン
本・読書