190102 自業自得のこの世界

未来の自分は、今の自分が作っている。


人もまた、大自然の因果の法則の中で生きている。
今の自分がそうあるのは、そうなる原因をみずからが作ったからだ。
良くも悪くも、自業自得の世界に人は生きている。


ある年の暮れに、二宮尊徳のところにある男がやってきた。その男は、大酒飲みで遊び人であるがゆえに困窮していた。
男は、
「どうか餅米を貸していただけないものか?」
と尊徳に頼んだ。
それに対して尊徳は、
「お前は酒ばかり飲んで、一年間勤勉に働いた人と同じように餅を食いたいとは、はなはだ心得違いだ。正月は春、夏、秋、冬365日明け暮れして来るもので、米は春耕し、夏草取りし、秋に刈ってはじめて米となる。働きもせず米がないのは当たり前のことだ。正月に餅が食いたければ、今日より怠惰をやめて、山林に入って落ち葉をかき、肥料をこしらえて、来春田を作って米を得て、来来年の正月に餅を食うべきだろう。おのが過ちを悔いて、餅を食うことをやめよ」
と滔々と教え諭した。

男はおおいに心得違いを悔いた。
懇切な教えに厚く謝して、しほしほと門を出ていこうとしたそのとき、
尊徳は手に金を握っておられて、その男を呼び戻し、
「その道理がよく理解できたか」
と聞いた。
男は
「まことに感銘しました。生涯忘れず、酒をやめて勉強します」
と。
尊徳は男に、白米一俵、餅米一俵、金一両に大根芋などを添えて与えた。
これより男は、生まれ変わったようになり、立派にその生涯を終えた。














***


by kojobunko | 2019-01-02 19:41 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)


本は、過去、現在、未来をつないでくれるツールです。読む本はもちろん、本には作る楽しみもあります。まだ知らない本の世界をシェアしていきます。by 柴田健二郎


by kojobunko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

アトリエ興譲文庫のこと

アトリエ興譲文庫の活動

お問い合わせ
 ↓
kojo_bunko★yahoo.co.jp(★→@)

カテゴリ

名言ワンダフルライフ365
本作り
インフォメーション
パッセカルトン
ワークショップ
名言ワンダフルデー
四次元マッピング
名言365

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

最新のコメント

FUKUKOTO・Fuk..
by kojobunko at 13:52
FUKUKOTO・Fuk..
by nayacafe-2950 at 07:15

お気に入りブログ

Yathbee's Photo

最新の記事

019 人とのコミュニケーシ..
at 2019-01-19 10:09
018 仕事が嫌になったとき..
at 2019-01-19 10:04
017 嫌だと思ったときの対..
at 2019-01-17 07:04
016 孤独は最高のチャンス..
at 2019-01-16 20:41
015 100%自分活用術
at 2019-01-15 07:12

ブログジャンル

アート・デザイン
本・読書