(叱咤激励)名言ワンダフルデー3-18

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

何かをやろうと思う強い意志は、
行動の回数と決意の強さによって決まります。


ヘレン・ケラー
(1880〜1968 教育者、社会福祉活動家、著作家)

f0355165_14274558.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


もうごまかさんと、
本当の自分を生きてみ。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


1968年6月1日、コネチカット州イーストンの自宅で、
ヘレン・ケラーは87歳の生涯を閉じました。

ヘレンは2歳のときに高熱にかかり、
医師や家族のけんめいな治療によって、
かろうじて一命をとりとめました。
しかし、それがもとで聴力、視力、言葉を失うことになります。
それから85年間もの間、
音もない、光もない、言葉もない世界に
ヘレンは生きたことになります。

ぼくはその感覚を少しでも感じてみたいと思い、
耳を手で塞ぎ、目をつむり、口を閉じてみました。
でも、そこにあるのは暗黒。

ヘレンがもし、
そのことに悲観して一生何にもしないで、
閉ざされた空間に生き続けたなら、
それは生きたしかばねだったかもしれません。

しかし、どうも人生というのはそんなものではないらしい。
逆境をくぐりながらも、
なんとか生きていくための、
天の助けがある。
それが、サリバン先生との出会いです。
サリバンはもともと弱視だった経験もあり、
ヘレンのことをよく理解し、
50年にわたって、教師として、そして友として、
ヘレンを支える人生のよき同伴者となりました。


今日のヘレン・ケラーの名言、

何かをやろうと思う強い意志は、
行動の回数と決意の強さによって決まります。


ぼくはこの言葉にとても勇気づけられました。
何かをなしとげようと目標を掲げても、
途中で断念してしまいそうになる自分がいる。
そんなぼくのくじけそうな心に、ヘレンは、

何度も何度もチャレンジした?

そのことを本気でやり切りたいと思っているの?


と叱咤激励してくれています。

ヘレンが歩んできた人生を思うと、

自分はまだまだやり切っていないな、
まだまだやれることがいっぱいある、
もう一度、仕切り直してみよう。


そんな勇気が湧いてきます。




















***
[PR]
by kojobunko | 2015-09-08 14:27 | 名言ワンダフルデー


本は、過去、現在、未来をつないでくれるツールです。読む本はもちろん、本には作る楽しみもあります。まだ知らない本の世界をシェアしていきます。by 柴田健二郎


by kojobunko

プロフィールを見る

アトリエ興譲文庫のこと

アトリエ興譲文庫の活動

お問い合わせ
 ↓
kojo_bunko★yahoo.co.jp(★→@)

カテゴリ

本作り
インフォメーション
パッセカルトン
ワークショップ
名言ワンダフルデー
四次元マッピング
名言365

以前の記事

2018年 11月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

最新のコメント

FUKUKOTO・Fuk..
by kojobunko at 13:52
FUKUKOTO・Fuk..
by nayacafe-2950 at 07:15

お気に入りブログ

Yathbee's Photo

最新の記事

新作『雨ニモマケズ 風ニモマ..
at 2018-11-04 17:22
「自然とつながる暮らし展」を..
at 2018-11-04 16:59
(本当の自由)名言ワンダフル..
at 2018-02-18 19:24
(感性の生き方)名言ワンダフ..
at 2018-02-16 16:05
四次元マッピングを使った「チ..
at 2018-02-13 22:34

ブログジャンル

アート・デザイン
本・読書