(志)名言ワンダフルデー12

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

運命は、志あるものを導き、
志なきものをひきずってゆく。

ルキウス・アンナエウス・セネカ
(紀元前1年頃〜65年 政治家、哲学者、詩人)

f0355165_14152888.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


志のない人はな、
オールのないボートに乗ってるようなもんや。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日は、

内なる心



外なる心

の話をしましょう。

さて、どこから説明しましょうか。
ではまず、扇風機を思い浮かべてみてください。

扇風機を動かしているのは何でしょう。

はい、電気です。
電気がないと、扇風機はただの置物です。

人間もまた、
肉体を動かしている電気のような原動力がないと動きません。

扇風機 と 電気

肉体 と 原動力

この関係が今日のテーマです。


ぼくたちが、生きていると、
毎日毎日、無数の数えきれないほどの情報が飛び交い、
またそれを受け取っています。
その受け取る機能が肉体であり、それを感知しているのが外なる心です。

外なる心は、見たり聞いたりして、
これをしよう、あれをしようと思い立ち、
それを内なる心に届けます。

内なる心というのは、扇風機でいうと電気にあたります。

外なる心が何かをやろうと思ったとき、
内なる心はその命令にしたがって原動力となり、
そのことを実現させるために動き出します。

内なる心をちょっと大きな視野で想像を膨らませば、

宇宙にあるエネルギーを呼び込んで、
実現に向けて動き出させるパワー

を持っています。

電気もそうですが、それには判断能力も、意志もない、
ただ、電気はモノを動かし、動かすための原動力そのものです。


人間なら誰もがこの機能を持ち合わせています。
しかし、これを上手に使っている人はあまり多くないようです。

なぜか?

それは、

志を持っていないからです。

志というのは、

マラソンでいうゴール

です。
マラソンのゴールは決まっています。
決まっているから、全力で走ることができます。

ところが、たいていの人はゴールを設定しつつも、
そのすぐ後にもっと刺激的なゴールを見つけると、
コロッと心変わりする。

やーめた、やっぱこっちにしよ。

でまた、
新しいゴールに向かおうとすると、
テレビでこんなことやってたんだよね。
これけっこう儲かりそうだから、こっちにしよ。

というふうにまたコロコロと変わる。

ここで迷惑するのは内なる心です。
もちろん、内なる心は電気みたいなものですから愚痴はいいません。
愚痴はいいませんが、
せっかくゴール達成の実現に向けて全力でエネルギーを送ろうとしているのに、
やっぱ、こっちにしよ。
あ、これもいい、
あれもいいかも、
とばかりにコロコロ変えられると、
けっきょくエネルギーは分散して、
どれも中途半端に終わってしまう。
そして、どのゴールにもたどり着けなかった、
ということになるわけです。

願えば叶う、

これは自然の法則です、厳粛な。
しかし、使い方を間違えると、
そう、ゴールをコロコロとカエルばかりしていると、
けっきょくどれも叶わない。


では、願いを叶えるにはどうすればいいか、
そう、

この人生で最大の目標を立てる。

そうです、

これが志です。

マラソンでいう最終ゴール。

マラソンって一気にゴールはありません。

5キロ、10キロ、15キロと、

地道に走るしかない。

同じように、志を立てたら、
それを実現するための、
5キロ、10キロ、15キロという、
まず目前の目標を立てることです。

5キロをクリアしたら、即10キロを、
10キロをクリアしたら、即15キロを、
という感じでとにかく止まらずに走り続ける。


今の時代は、

情報という川に流されながら
生きているようなものです。


テレビだの、インターネットだの、新聞、雑誌、
もうかぎりない情報の流れにある。

ほとんどの人がその流れに飲み込まれ、
流されていることさえわからないほど無感覚になっています。

上空から今いる自分の位置を確認してみましょう。

あんなところに流されている、
行き先のしれないボートそのものです。

ここで今日のよみガエル超訳です。

志のない人はな、
オールのないボートに乗ってるようなもんや。

さて、志を定めて、漕ぎ出すかどうかは、
あなた次第です。






















***
[PR]
by kojobunko | 2015-04-12 14:28 | 名言ワンダフルデー | Comments(0)


本は、過去、現在、未来をつないでくれるツールです。読む本はもちろん、本には作る楽しみもあります。まだ知らない本の世界をシェアしていきます。by 柴田健二郎


by kojobunko

プロフィールを見る

アトリエ興譲文庫のこと

アトリエ興譲文庫の活動

お問い合わせ
 ↓
kojo_bunko★yahoo.co.jp(★→@)

カテゴリ

本作り
インフォメーション
パッセカルトン
ワークショップ
名言ワンダフルデー
四次元マッピング
名言365

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

最新のコメント

FUKUKOTO・Fuk..
by kojobunko at 13:52
FUKUKOTO・Fuk..
by nayacafe-2950 at 07:15

お気に入りブログ

Yathbee's Photo

最新の記事

(本当の自由)名言ワンダフル..
at 2018-02-18 19:24
(感性の生き方)名言ワンダフ..
at 2018-02-16 16:05
四次元マッピングを使った「チ..
at 2018-02-13 22:34
(楽しむ達人になる)名言ワン..
at 2018-02-11 17:43
(声なき声)名言ワンダフルデ..
at 2018-02-05 13:06

ブログジャンル

アート・デザイン
本・読書