人気ブログランキング |

325 未来を創造するタネ(名言ワンダフルライフ365)


学習より創造である。創造こそ生の本質なのだ。
ジュリアス・シーザー(ユリウス・カエサル) 


過去の学びや経験は
この宇宙を創造するためにある


***

人は生きているだけで、多くのことを学び、多くのことを体験する。

自分たちは何のために多くを学び、多くを体験しているのかといえば、それはまだ見ぬ未来を創造するためだ。

けっして学校で学ぶことだけが「学び」ではなく、人生で体験するすべてが心がけ次第で貴重な学びとなる。


この宇宙がどこまでも生成発展していくように、自分もまたどこまでも成長し続ける存在でありたい。

自分の学びや体験は小さなものだが、その小さなタネが大きな宇宙を形成しているのだから。

過去の学びや経験は、この宇宙を創造するためにあるのだ。


f0355165_07130820.jpg














***


# by kojobunko | 2019-11-21 07:11 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

324 いのちの舵とり(名言ワンダフルライフ365)


社会は一つの船のようなものだ。だれもが舵をとる準備をせねばならない。
ヘンリック・イプセン


船の舵とりは
いのちの舵とり


***

どんな時代に、どこで生まれるかによって、どんな人生を送るかがほぼ決まる。

その時代に構成された社会は、確かに一つの船といっていいだろう。


自分たちは、この数千年の歴史でもまれにみる大変化の時代という大海原を生きている。

そして、この日本に生まれたことで、この国という船の一員となった。


この世界は、いつ、どこで、何が起こるか分からない。

まさに大海原の一隻の船のように。

どんなことにも順応できる強い生命力と、船を操作するスキルを養ってくことで、いざというときの危機を乗り越えることもできる。

船の舵とりは、そのままいのちの舵とりとなる。













***


# by kojobunko | 2019-11-20 07:08 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

323 未来の輝き(名言ワンダフルライフ365)


昨日の非は悔恨すべからず。明日、これ念慮すべし。
杉田玄白


未来が輝けば
過去のすべてが輝き出す


***

杉田玄白は江戸時代の蘭学医。過去を悔いることほど不健康なことはないと、医者の立場として残した名言だろう。

それと同じほどに不健康なのは、未来に不安を抱くことだ。

変えることのできない過去に囚われ、ありもしない未来の不安に囚われる。

「人」が「囗」の中で身動きができなくなる「囚」とは、言い得て妙だ。


でも、過去は変えられないが、未来は今から変えられる。

未来に不安を抱くのではなく、この膨らむ胸いっぱいに希望を抱く。

過去の闇は、未来を輝かせるためにあったのだと気づくことができればしめたも。

未来が輝けば、過去のすべてが輝き出す。
















***


# by kojobunko | 2019-11-19 06:57 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

322 決断の瞬間(名言ワンダフルライフ365)


不決断こそ最大の害悪。
ルネ・デカルト


決断に必要なのは
瞬発力だ


***

問題を抱えている自分に、知人がこんなアドバイスをくれた。

その問題が自覚できたら、
その問題に決断を下す瞬間まで、
その問題を忘れることだ。


問題の解決に必要なのは、「問題を認識すること」と「その答えを決断すること」。この2つだけだ。

答えを決断するまでの間に湧き上がる思いは、ほぼ妄想のようなもの。

無駄な心配や、取り越し苦労につかまってしまうと、けっきょく決断の瞬間に必要な力を失ってしまう。


決断に必要なのは瞬発力だ。

その瞬間まで、無駄な心配や取り越し苦労に力を奪われることなく決断力を温存すること。

宇宙戦艦ヤマトが波動砲を発射する瞬間のように、しっかりと自分の中に決断の力を溜め込むことだ。















***


# by kojobunko | 2019-11-18 06:54 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

321 この世は表現のキャンバス(名言ワンダフルライフ365)


いつも太陽の光に顔を向けていれば、影を見ることはありません。
ヘレン・ケラー


影の反対には必ず光があり
光の反対には必ず影がある


***

影が半分、光が半分。

この世は影と光が調和して、そのコントラストで演出されている。

この世を俯瞰することによって、この光と影という絵の具を上手に使いこなすことができると、人生というキャンバスにどんなことでも表現することができるようになる。

だがたいていは、俯瞰することができずに影、もしくは光ばかりにとらわれてしまう。

影にとらわれてしまうと、影の方ばかり向いて、この世は闇だと嘆く。

逆に、光ばかりにとらわれてしまうと、太陽の方ばかり向いて、この世はまぶしすぎて生きづらいと嘆くことになる。


影の反対には必ず光があり、光の反対には必ず影がある。

影と光のバランスは半分半分、それを変えることはない。

変えられるのは自分だ。

自分が上手に振り向く角度を調整することさえ覚えれば、光と影を自由に操ることができ、この世は無限に広がる表現のキャンバスとなる。


















***


# by kojobunko | 2019-11-17 06:55 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

320 死の予行演習(名言ワンダフルライフ365)


毎晩眠りにつくたびに、私は死ぬ。そして翌朝目をさますとき、生まれ変わる。
マハトマ・ガンジー


死というものが眠りの延長なら
これほど安らかなことはない


***

死とは得体の知れないもの。

生きている人で、本当の死を経験した人は一人もいない。

死を想像すると、あまりにも不可思議すぎて、正直言って不安でもある。


でももしかすると、自分たちが想像しているほど死というものは恐ろしいものではなく、死とは思いのほか安らかなものかもしれない。

不安にさいなまれているのは死にゆく人ではなく、それを送る方である。

死にゆく準備が完了した人の心の中は、思いのほか平安だったりする。


死というものが眠りの延長なら、これほど安らかなことはない。

自分たちは、死というものを毎日、眠りによって予行演習しているのかもしれない。


f0355165_06543746.jpg














***


# by kojobunko | 2019-11-16 06:47 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

319 誠意の人になる(名言ワンダフルライフ365)


過失の弁解をすると、その過失を目立たせる。
シェークスピア


誠意をもって望めば
天をも味方する


***

仕事の小さなミスが原因で、訴訟問題にまで発展しそうになったことがあった。

はじめはあれこれと対処を考えたが、最後には考えるのをやめて「誠意」一本でいこうと腹をくくった。

その心境をもって、その会社の社長の家まで直接乗り込み、単刀直入に謝罪をした。

社長はその行為に驚き、「まあ、昼飯でも食っていけ」と自宅に上げてもらい事なきを得た。

その上に、新しい仕事の案件もいただくことができた。


誠意に立つということは、比較を絶した世界に立つということ。

誠意を持って臨めば、天をも味方することを体験した。

















***




# by kojobunko | 2019-11-15 07:09 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

318 自分の心しだい(名言ワンダフルライフ365)


怪物と戦う者は、その際自分が怪物にならぬように気をつけるがいい。長い間、深淵をのぞきこんでいると、深淵もまた、君をのぞきこむ。
フリードリヒ・ニーチェ


自分の心の置きどころしだいで
どんな世界につながることもできる


***

光と闇、天国と地獄、幸せと不幸、安心と不安、健康と病気・・・

この世はすべて相対によって構成されている。

すべての存在が、すでに相対的に準備されているのがこの世界だ。


そして、どの世界を選ぶか、その自由が人間には与えられている。

幸運も不運も偶然やってくるものではなく、自分が選んでいるのだ。


では、どうやってそれを選ぶのか?

それは、人の心しだい。

自分の心の置きどころしだいで、どんな世界にもつながることができる。

自分の心と響き合ったものだけが、自分の世界をつくっていくのだ。



















***


# by kojobunko | 2019-11-14 07:05 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

317 持ち込まないという選択(名言ワンダフルライフ365)


心を向上させるために、われわれは瞑想することよりも、学ぶことを少なくすべきである。
ルネ・デカルト


整理の第一歩は
持ち込まないこと


***

デカルトの名言を「心」ではなく「物」に例えると、

部屋をきれいにするためには、われわれは整理することよりも、持ち込む物を少なくすべきである。

となる。こう解釈すると、この名言の意味がよく分かる。

なるほど確かにそのとおりだ。毎日少しずつ持ち込んでいる物が、一年も経つととんでもない量になって部屋のあちこちに散乱している。

年末になり、掃除をして不要なものをゴミ袋に入れると、とんでもない量の不要物が出てくるものだ。


同様に、心の中でも同じことが起こっているのかと思うと恐ろしい気がする。

物はまだ見えるから捨てればいいが、心の中の思いはなかなかもってそう簡単に捨てられるものではない。

物や情報に溢れているこの時代は、整理することはもとより、「持ち込まない」という選択が必要だ。

















***


# by kojobunko | 2019-11-13 06:57 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

316 雨のち晴れ(名言ワンダフルライフ365)


失敗のうちで最大のものは、失敗を何一つ自覚しないことである。
トーマス・カーライル


雨降って後
空晴れる


***

自分が犯した最大の失敗は、小学生のときに文房具屋でラーマート(赤鉛筆)を盗んだことだ。

女店主はそれに気づいていたようで、後日、そのことを直接咎められることはなかったが、「あなたのような子は、うちで買ってもらわなくていい」と一言言われた。

それは子ども心に相当なショックだった。

でも今思うと、あのとき、女店主がはっきりと言ってくれたことで、自分は悪いことをしたのだと理解し、その失敗を自覚することができた。

それからは、そういう卑怯なことはしないでおこうと、心の奥で誓い、今に至っている。

あの雨降りを体験したことで、心の雨雲が晴れたように思う。



















***


# by kojobunko | 2019-11-12 06:47 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

315 生きている証し(名言ワンダフルライフ365)


寒暑、栄枯は、天地の呼吸なり。苦楽、栄寿は人生の呼吸なり。即ち世界の活物たる所以なり。
佐藤一斎


不安と安心に揺れ動くのもまた
生きている証し


***

生きているがゆえに、心は揺れ動く。

生きているがゆえに、現状は変化していく。

その変化に順応していくことが、生きている証しなのだと思う。


その様は、季節とともに変化していく木々の移ろいに似ている。

木々が大地に根ざしているように、人もまた生命の根源とつながっている。

つながっているから、生きていられる。


つながっているという感覚があればこそ、人はこの揺れや変化の中で安心して生きていられるのだ。


f0355165_07111371.jpg















***


# by kojobunko | 2019-11-11 07:06 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

314 本心の叫び(名言ワンダフルライフ365)


こころざしは気の帥すいなり。
孟子


志とは
本心の叫びだ


***

志とは、やむにやまれぬ自己の最大最深なる内面的欲求であり、それはまさに本心の叫びだ。

自分にとっての志は何だろう?


それを知るには、自分が理不尽に思っていること、その中にヒントがある。

理不尽とは、満たされない内面的欲求から湧き起こる本心の叫び。

どうすればその理不尽を解決できるか、その問いを探し、それを具現化していこうとするところに「志」というものが生まれる。


志に生きるとは、その理不尽に思うことを誤魔化さず、真っ向から挑んでいくこと。

さて自分は、この理不尽というものを誤魔化さず、真っ向から生きているだろうか。

















***


# by kojobunko | 2019-11-10 07:14 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

313 飛躍のチャンス到来(名言ワンダフルライフ365)


私は障害に決して屈することはない。いかなる障害も、私の中に強い決意を生み出すのだから。
レオナルド・ダ・ヴィンチ


障害が大きいほど
人生は大きく進展する


***

もしこの世に「摩擦」というものがなければ、車も走らなければ飛行機も飛ばない。

車は、タイヤと地面との摩擦を使って走ることができる。

飛行機は、翼と空気の抵抗という摩擦を使って飛ぶことができる。

人もまた、人生の障害という摩擦によってのみ進化、進展することができるのだ。


「摩擦の法則」さえ理解していれば、摩擦を味方につけることができる。

摩擦が大きければ大きいほど、それは大きく飛躍するチャンス。

そんなときほど勇気を出して、加速することが大切だ。

逆風に向かって加速することによってのみ、飛行機は飛び立てるように、人もまた人生の障害に向かって加速することによってのみ、飛躍することができる。















***


# by kojobunko | 2019-11-09 06:50 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

312 心と体の関係(名言ワンダフルライフ365)


健全な肉体は健全な心の生産物だ。
バーナード・ショウ


心がご機嫌だと
体もご機嫌になる


***

心がご機嫌だと、体もご機嫌になる。

逆もしかり。

体がご機嫌だと、心もご機嫌になる。

でも、先天的にご機嫌とはいえない体を持って生まれてきたり、ご機嫌とはいえない状態の体になってしまうことだってある。

それでも、体がもし不自由であったとしても、心まで不自由になる必要はない。

体には限界があるが、心には限界はなく、どこまでも自由だ。


心は主人で、体はそれにしたがうもの

心さえご機嫌を手に入れられたなら、体の不自由はそれなりに何とかなるものだ。


















***


# by kojobunko | 2019-11-08 06:50 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

311 大切なものを思い出す旅(名言ワンダフルライフ365)


人の一生は重荷を負うて遠き道を往くがごとし、急ぐべからず。
徳川家康


人生とは
大切なことを思い出す旅のようなもの


***

人が何か新しいことを知ったとき、「あっ、そうか!」と言う。

これは新しい知識を得たときではなく、何かを思い出したときに出るセリフだ。

人は新しい知識を得るために学ぶと思っているが、実はすでにある大切なものを思い出すために学んでいる。

学びとは、大切なものを思い出すための「呼び水」のようなものだ。


人生を旅に例えるなら、それは自分を思い出す旅。

自分が生まれるときにこの人生に課した、設題の答えを思い出すための冒険の旅をしているのだ。

さて自分はこの旅で、どれだけ大切なことを思い出せただろう。















***


# by kojobunko | 2019-11-07 07:01 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

310 空想力(名言ワンダフルライフ365)


空想は旅心である。
三木清


旅が空想ではじまるように
人生もまた空想からはじまる


***

行先を空想することから旅がはじまるように、成りたい自分を空想することから新しい人生は展開する。


これからの人生の旅のプランを立てるために、自分にこんな質問をしてみた。


新しい人生に向け、どんなことでも叶えてあげるから具体的に3つ願いを言ってごらん?


さて、あなたならどんな願いをあげるだろうか。

自分は、この人生が少なくとも70点以上満足できるように、できるかどうかは別として、遠慮なく願いをあげてみた。

これはまさに旅をプランするときと同じ気分。

旅が空想ではじまるように、人生もまた空想からはじまるんだな。


空想力を使えば、人生は可能性に満ち、いくらでも楽しみは広げられる。


f0355165_07094793.jpg












***


# by kojobunko | 2019-11-06 06:52 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

309 グラスタワーの法則(名言ワンダフルライフ365)


富貴なる者は人を送るに財を以てし、仁人は人を送るに言を以てす。
司馬遷


まず自分を満たすことによってのみ
人を満たすことができる


***

財をもって物質的な豊かさを、言をもって心の豊かさをプレゼントすることができる。

ただ、人に財や言をプレゼントするためには、まず自分が財や言で満たされていること。まさにあのグラスタワーの法則のように。

まず自分のグラスを満たしていくことによって、溢れ出したものでタワー状に積まれた他のグラスを満たしていくことができる。


物質的な豊かさが得意な人は財をもって自分以外の人に物質的豊かさをプレゼントすることができ、心の豊かさが得意な人は言葉をもって自分以外の人に心の豊かさをプレゼントすることができる。

得意なことによって満たされている自分によってのみ、自分以外の人の幸せに貢献することができる。

















***


# by kojobunko | 2019-11-05 06:37 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

308 喜怒哀楽を超えた笑い(名言ワンダフルライフ365)


怒っても殺せないときは、笑えば殺すことができる。
フリードリヒ・ニーチェ


怒っても消えない感情は
笑い飛ばせば一瞬で消すことができる


***

王陽明にこんな名言がある。

天下の事は万変すと雖も、吾の之に応ずる所以は喜怒哀楽の四者を出でず。これ学を為すの要にして、政を為すも亦たその中にあり。

世の中はどんどん変化していくが、人間の世界で起こることはすべて喜怒哀楽による。

喜怒哀楽とは、人間の感情から湧き上がる四兄弟のようなものだ。

ただし一度に複数の感情が出ることはない。喜びながら怒れないし、哀しみながら楽しむことができないように。

この喜怒哀楽の感情を制することが、世の中を制することだと王陽明は言っている。


たが、喜怒哀楽だけでおさまらないのが人間の世界。喜怒哀楽を超えた「笑い」というギフトが人間には与えられている。

喜怒哀楽で消せない感情も、笑い飛ばせば一瞬にして消すことができるのだ。

『中庸』に、

喜怒哀楽の未だ発せざる、之を中と謂う。

という名言がある。

笑いは喜怒哀楽を発していない中(調和)の世界から発するもの。

笑いは喜怒哀楽を超えて、おのずと調和の世界へと誘ってくれる。




















***


# by kojobunko | 2019-11-04 07:04 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

307 熟成を待つ(名言ワンダフルライフ365)


若き時いらぬ事とて聞きおきし事こそ、老いて用に立ちけれ。
多胡辰敬


熟成を待つことで
体得できるものがある


***

いま分からなくても、とにかく聞き覚えておきなさい。50歳も過ぎた頃には、それがよく分かるようになるから。

20代半ばに東洋思想の大家に師事し、そのとき恩師から言われた言葉だ。

あれから30年、恩師に言われた年齢を迎えている自分がここにいるが、確かに自分の素養にもよるが、愚は愚なりに、拙は拙なりに、いまそのことがよく分かる。

あのとき仕込んだタネが、その後の体験の積み重ねによって熟成し、だんだんといま自分の血肉になってきた感じだろうか。

熟成を待つことでおいしい味噌ができるように、人もまた熟成を待つことで体得できるものがある。
















***


# by kojobunko | 2019-11-03 06:46 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

306 快刀乱麻を断つ(名言ワンダフルライフ365)


知性は千の腕に匹敵する。
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ


知性とは
整理する力


***

快刀乱麻を断つ。

とは、こんがらがった麻糸を一刀両断すること。それはもつれた事柄を、もののみごとに整理し、処理することの例えだ。

知性とは、整理する力だ。

整理する力とは、まさに乱麻を断つ快刀のようなもの。

人間関係や物事のもつれは、突き詰めると人の思いのもつれに他ならない。

思いのもつれが解ければ、人間関係や物事は一瞬にして解決される。

こんがらがってしまったときは、スッキリバッサリと断ち切る、快刀乱麻を断つほどの勇気が必要だ。

















***


# by kojobunko | 2019-11-02 07:47 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)


本は、過去、現在、未来をつないでくれるツールです。読む本はもちろん、本には作る楽しみもあります。まだ知らない本の世界をシェアしていきます。by 柴田健二郎


by kojobunko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

アトリエ興譲文庫のこと

アトリエ興譲文庫の活動

お問い合わせ
 ↓
kojobunko★gmail.com(★→@)

カテゴリ

名言ワンダフルライフ365
本作り
インフォメーション
パッセカルトン
ワークショップ
名言ワンダフルデー
四次元マッピング
名言365

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

最新のコメント

FUKUKOTO・Fuk..
by kojobunko at 13:52
FUKUKOTO・Fuk..
by nayacafe-2950 at 07:15

お気に入りブログ

Yathbee's Photo

最新の記事

325 未来を創造するタネ(..
at 2019-11-21 07:11
324 いのちの舵とり(名言..
at 2019-11-20 07:08
323 未来の輝き(名言ワン..
at 2019-11-19 06:57
322 決断の瞬間(名言ワン..
at 2019-11-18 06:54
321 この世は表現のキャン..
at 2019-11-17 06:55

ブログジャンル

アート・デザイン
本・読書