人気ブログランキング |

111 あなたは私の鏡です(名言ワンダフルライフ365)


自分の欠点を直視し認めることです。
ただし欠点に振り回されてはいけません。
ヘレン・ケラー


大きな欠点は、
大きな長所にもなる。


***

もう20年以上前になるが、自己啓発セミナーに参加したことがある。そこで、とんでもないことをさせられたことを思い出した。

それは、初対面の参加者同士が向かい合って、お互いに第一印象で相手の欠点を思いきり言い合うというもの。

長所をほめ合うなら和やかに時を過ごせそうだが、短所を言い合うということは、ののしり合うようなものだ。

手加減無用、大きな声でののしり合う声で満たされた会場はまるで地獄だった。

自分も声が枯れるほどに初対面の相手に感じた欠点をののしり、相手からも心が折れそうになるような言葉をいくつも受けた。

たった5分ほどの出来事だが、終わった時の会場はシーンと冷え切っていたように思う。


そこで最後に、相手にこう言ってあげてください、というオチがあった。

それは、

「あなたは私の鏡です」

今言った欠点のすべては、自分自身の欠点だということ。自分の中にないものを、相手の中に見出すことはできないからだと。

確かにそのとおりだと納得した。自分を客観的に見せてもらえる、とてもいい経験となった。


この世の中はすべて長所半分、短所半分とみておくといいと思う。欠点と見えることにも、必ず意味と価値がある。

目の前に欠点を持っている人がいてくれたからこそ、自分の欠点を見ることができた。欠点を持った目の前の人が、自分を客観的に見せてくれる先生に早変わりするのだから。

大きな欠点は、大きな長所にもなるのだ。

















***

# by kojobunko | 2019-04-21 07:34 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

110 ゴールに向かって(名言ワンダフルライフ365)


どっちへ行きたいかわからなければ、
どっちの道へ行ったって大した違いはない。
ルイス・キャロル


とにかく今日も一歩、
縦横無尽にこの道を走り続ける、
ゴールに向かって。


***

大きな人生目標を一つ掲げて、そのゴールへの道のりをフルマラソンに想定するとおもしろい。

自分もそれにチャレンジ中、今年で14キロ地点を通過することになる。


このフルマラソンを始めてから、そのことを学び直すために大学に通ったり、その間の生活費や学費を稼ぐために20年ぶりに会社勤めもした。学校を卒業してからは作家活動に数年間挑戦したが、なかなかもってそれだけで生活を維持するのは大変。今はこのフルマラソを走りきるために、持続可能な活動基盤をつくるために資金稼ぎをしている。

これはほんの7年間の出来事だ。振り返ってみると、この数年でなんともバラエティに富んだ日々を送っていることにあらためて気づく。

フルマラソンに想定外はつきものだ。給水地点で水を取り損ねたり、途中でトイレに行きたくなったり、つまずいて転んだり、親しくなった人と立ち止まって話し込んだり、あまりにも美しい風景に見入ったり。

このフルマラソンもようやく三分の一にたどり着いたばかり。とにかく今日も一歩、縦横無尽にこの道を走り続ける、ゴールに向かって。


f0355165_07473837.jpg

















***

# by kojobunko | 2019-04-20 07:35 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

109 想定外をプレゼントしよう(名言ワンダフルライフ365)


毎日少しずつ学び、視野を広げる。
エセル・バリモア


想定内で生きている自分に、
想定外な何かをひとつプレゼントしてみよう。


***

朝起きて、同じ人の顔を見て、同じ職場に行って、同じことをして、同じように帰ってくる。マンネリ化ほどつまらないものはない。

一歩踏み出すと、この世界はこんなにも驚きに満ちているというのに。

人生の基盤をつくるには、想定内に生きることがとても大切だ。想定内で生活することによって安心、安全を得られるからだ。でも、それだけではつまらない。

だからそこに、想定外というスパイスを与える。すると人生に深みが増す。


今の自分に、何か一つ想定外をプレゼントするとしたら何がいいだろうか?

世界のホンモノに触れてみたい、そんな想定外な思いが湧いてきた。世界の芸術を鑑賞する、世界を旅行したい。ヨーロッパの美術館巡りなんかいい。世界一周クルージングは生きているうちにぜひ実現したいな。

想定内で生きている自分に、少しずつ想定外をプレゼントしていく。その小さな想定外の積み重ねが、自分の人生を大きく豊かに広げていくきっかけになる。



















***

# by kojobunko | 2019-04-19 06:53 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

108 幸せの条件(名言ワンダフルライフ365)


充実した一日を過ごせば、幸せに眠れる。
レオナルド・ダ・ヴィンチ


自分の心さえ満たされれば、
どんな境遇にいても幸せでいられる。


***

欲求というのは、元気のバロメーターだと思う。「欲を捨てろ」とはよく聞く言葉だが、欲がなくなったら生きている意味がない。

欲求には、理性から湧き出すものと、本心から湧き出すものがあるように思う。

理性から湧き出す欲求とは、人と比べてもっと自分の環境を良いものにしたいと思う心。

本心から湧き出す欲求とは、人と比べることなく自分の本心良心が喜ぶ生き方をしたいと思う心。


生まれてくる環境は選べないものだ。生まれながらに難病や障害を持って生まれてくる人もいる。また、生まれながらに多くのものに満たされた環境に生まれてくる人もいる。でもこれは条件に過ぎない。

どんな環境であっても、けっきょくは自分の心が満たされなければ幸せは感じられない。幸せは、環境の中にあるのではなく、自分の心の中にある。

自分の心さえ満たされれば、どんな境遇にいても幸せでいられるのだ。


















***

# by kojobunko | 2019-04-18 07:09 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

107 コンプレックスを告白(名言ワンダフルライフ365)


過ちを告白することは、
半分以上の改心に値する。
ジェームズ・ハリントン


「話す」とこで「放す」ことができる。
勇気を持って解き話(放)してみよう。


***

なぜ自分はそんな行為をしてしまうのか? 自分の過去を振り返ってみると、同じような場面で同じような行為をし、結果的に人を傷つけてしまった経験が何度もある。


なぜ? 自分の本音を聞いてみた。

すると、自分が傷つきたくないから。

とにかくその行為を引き起こす原因は、自分を守るためだとわかった。


何で自分を守りたいの? 

それは自分のコンプレックスに触れてほしくないから。それに触れられる前に、自分から距離をおく。そのための行為が、人間関係を悪くしたり、現状をよくないものにしてしまっている。


今度、同じような状況がやってきたときは、勇気をもってそのことを相手に告白してみようと思う。自分にはこんなコンプレックスがあって、それで何度も失敗してきたことを。


「話す」とこで「放す」ことができる。今こそ勇気を持って、このコンプレックスを解き話(放)してみようと思う。


















***


# by kojobunko | 2019-04-17 07:12 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

106 まず自分を満たす(名言ワンダフルライフ365)


人みな我が飢を知りて人の飢を知らず。
沢庵宗彭


まず自分が自分を認め、愛してあげること。
そして自分が満たされて溢れ出た愛をもって人に施す。


***

自分の飢えを感じてみたら、愛されたい、認められたい、この2つの強烈な欲求があることがわかった。

長い間、自分がいままで何のために一所懸命に知識を求め、体験をしてきたかというと、この欲求を満たすため。欲求の源泉が、こんなにもシンプルなところにあったとは。

でも、いくら外にその欲求を満たす対象を求めても満たしきることはできない。穴の空いた容器に、懸命に水を注いでいるようなものだと、自分の経験を振り返って思う。


けっきょく自分を満たしてあげられるのは、自分しかいない。まず、自分が自分を認め、愛してあげること。

自分の中にその源泉がある。その源泉さえ掘り当てれば、満たす力が無限に湧いてくるものだ。




















***

# by kojobunko | 2019-04-16 06:49 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

105 自分が変われば世界が変わる(名言ワンダフルライフ365)


心ここにあらざれば、
見れども見えず、聞けども聞こえず。
宮本武蔵


自分の意識の位置が変わると、
見えている風景や人が変わってしまう。


***

あの人は本当に人の話を聞いていないなぁ。自分本意で人の気持ちを察することができない。

そんなしゃくにさわる人がたまにいる。でも、この世に間違いというものはない。その人にとってはそれが正義であり、その人にはその人なりの言い分があるはず。

わたしに見えている世界が、なんであなたには見えないのか? それは、立ち位置が違うから、見える世界が変わっていても当然。

山登りでも、登るルートによって道も違えば風景も違う。どちらが正しいというものではない。悪道もあれば善道もある。でも頂上も近くなると、同じ風景が見えてくる。人と人との関係もそんなものだ。

人には意識というものがある。意識の立ち位置を変えるだけで、環境や人が違って見えてくる。

環境やつき合う人を変えたければ、自分の意識の立ち位置を変えることだ。


f0355165_07110010.jpg














***

# by kojobunko | 2019-04-15 07:05 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

104 失敗は心の財産(名言ワンダフルライフ365)


転んだ時にはいつでも何かを拾え。
オズワルド・アベリー


成功で得たものは失いやすいが、
失敗で得たものは、一生心の財産として残る。


***

誰もが速成を願うものだが、そうして得たものは、案外失うのも速い。

1日に1時間ずつ使い、それを5年続ければ、どんなことでもその道のエキスパートになれる、と聞いたことがある。

確かに自分の体験からしても、5年以上続けられたものは、それなりに自分の大切な糧になっていると思う。

牛歩のようなその5年というものは、成果を出すにはほど遠い、客観的には失敗にも近いような試行錯誤の繰り返しだが、このときに得た体験や知恵は一生の財産となっている。

速成の成功で得たものは失いやすいが、試行錯誤の失敗で得たものは心の財産として一生残る。

その失敗から得た経験には、かならず希望の種が宿り、春のめぐりを待って新たな芽を出すものだ。



















***


# by kojobunko | 2019-04-14 06:57 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

103 ゼロに始まり、ゼロに終わる(名言ワンダフルライフ365)


最初の呼吸が死の始めである。
トーマス・フラー


人生はゼロに始まり、多くのものを取り入れ、
そして省き、最後はゼロに終わるものだ。


***

自分の人生を振り返ってみると、やりたいことはほぼやってきた。だから後悔はないなと思える。今日この瞬間に人生の時間が止まったとしても、まあ諦めはつく。まずもって自分に、よくやってきましたとハナマルをつけてあげたい。

でも、今度生まれてきたならこんな人生がいいなあ、という理想もある。今からでも年齢的に取り返しがきくところは新たにチョイスしていこう。それを思うと楽しみもふくらんでくる。


どんな人の人生も平等に、ゼロに始まり、多くのものを取り入れ、そして省き、最後はゼロに終わる。

青年期はいろいろなものをどんどん取り入れ、自分という風船を膨らませていくが、人生も折り返し地点を過ぎると、自分というものがそれなりに分かってくる。必要なもの、不要なもの、それを整理して省いていくのだ。

そして誰もが、最後にはきれいさっぱり、すべてをゼロにして人生を終える。


















***

# by kojobunko | 2019-04-13 06:54 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

102 大志を抱く(名言ワンダフルライフ365)


大切なことは、大志を抱き、
それを成し遂げる技能と忍耐を持つことである。
その他はいずれも重要ではない。
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ


大志を抱くとは、ゴールがあるということ。
ゴールから逆算すると、いま何をすればいいかが見えてくるものだ。


***

いま一緒に働いているある若い女性は、いつも楽しそうにしている。彼女の姿を見ていて、そういえば、自分も30代前半の頃に、ある人から「君はいつも楽しそうに仕事をしてるね。仕事が好きなんだね」と言われたことがあった。

そのときの自分の心境を思い出すと、けっして楽しんでいられるような状況ではなかった。

自営をしていたので、ずっと資金繰りで気の休まる暇もなく、生きるのに必死だった。そのうえ「この世の仕組みを知りたい」というとんでもない課題を抱えていた。

でもいま思い返してみると、自分があの過酷な状況の中でも楽しく見えたのは、やりたいことがはっきりしていたからだと思う。とにかくまっすぐに、できることをやるだけ。真摯に、ただ目の前にあることを必死でやるだけだった。

そのときの自分の課題は、自分づくり。とにかく、頼まれた仕事はどんなものでも、声が掛かったらすべて受けた。それは儲けるためじゃなく、自分づくりという目標があったから。

いまの自分はどうか。いまの自分の課題は、自分発信。いままで培っていきた自分を、ご縁のある人に役立てたい。そんな大志を抱いている。

大志を抱くとは、ゴールがあるということ。ゴールから逆算すると、いま何をすればいいかが見えてくるものだ。



















***


# by kojobunko | 2019-04-12 07:06 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

101 決心するとき(名言ワンダフルライフ365)


決心する前に
完全に見通しをつけようと決心する者は
決心はできない。
アンリ・フレデリック・アミエル


決心するときは、
泳げないのを分かって飛び込み、
それから泳ぎを覚えるほどの無謀さが必要だ。


***

理性的にそろばんをはじく自分では、到底考えられないような決心をすることがある。

自分にとって大きな節目となった決心は、20代前半に郷里岡山から大阪へ向かったこと。20代後半に自営を始めたこと。40才で大阪から郷里岡山へ戻ったこと。

あれから30年の経験を経た自分なら、その決断をしようとしてる青年の自分にどんなアドバイスをするだろうか。

いろんなことを体験するために生まれてきたんだから、思い切ってやるといいよ。でも、苦労するけどね・・・。


一大決心というのは冒険だと思う。冒険に危険はつきもの。

本当に決心するときは、泳げないのを分かって飛び込み、それから泳ぎを覚えるほどの無謀さが必要だ。

















***


# by kojobunko | 2019-04-11 06:59 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

100 いのちをいただきます(名言ワンダフルライフ365)


食べ物は身を養うに、益あるものを選べ。
貝原益軒


生きのもののいのちをいただく身としては、
「あの人に食べられて、食べられがいがあった」
と言われるような人生を生きたいものだ。


***

「食べる」ということが当たり前になりすぎていたかもしれないなぁ。

食べるとは、自分の体以外にあるものを、自分の体内に入れる行為だ。

それは、他のいのちを奪う行為でもある。他のいのちを取り入れ、自分のエネルギーに換えて燃やして活動するのだ。

そんな視点でみると、スーパーマーケットは他のいのちの受け渡し場所だともいえる。

生きのもののいのちをいただく身としては、

「あの人に食べられて、食べられがいがあった」

と言われるような生き方をしたいものだ。


f0355165_07060304.jpg
















***

# by kojobunko | 2019-04-10 07:02 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

099 苦労とは筋トレのようなもの(名言ワンダフルライフ365)


苦労こそ人生の真の姿である。
われわれは最後の歓びと慰めは、
苦労した過去の追憶にほかならない。
アルフレッド・ルイ・シャルル・ド・ミュッセ


苦労とは、
筋トレのようなものだ。


***

苦労をするのは実力がないからだ。実力がつけば処理能力が上がり、苦労が苦労でなくなる。

若き日に恩師から教えていただいた言葉だ。

自分の三大苦労をリストアップしてみた。そのときの心境をもう一度感じてみると、生きることに真剣だった。一歩踏み違えると、生きていけなくなるのではないかという淵を歩いている感じだったと思う。

今振り返ってみると、この3つの苦労が今の自分の根幹をつくりあげていることに気づく。

苦労とは、筋トレのようなものだと思う。筋トレは負荷をかけることによって筋肉をつける。自分は、体の筋トレはやってこなかったが、ずいぶん心の筋トレをやってきたように思う。

生きているかぎり、心のマッチョを目指したいものだ。



















***

# by kojobunko | 2019-04-09 07:09 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

098 自分の根幹を養う(名言ワンダフルライフ365)


空想は豊饒な土壌であり、
そこから想像力が育ち、
そして大いなる光のほうへ伸びるのです。
サラ・バン・ブラナック


自分という木の根幹が育てば、
いくらでも空想の枝葉を伸ばすことができる。


***

あなたは何でも器用にできてしまいますね。

今までに何度そう言われたことか・・・。それは半分ほめ言葉だが、半分は器用貧乏の意味が込められているように思う。

確かに自分は、興味を持って手を出したことは、山登りでいうと7合目あたり、段位でいうと初段くらいまでは短期間で習得してしまう。どんなことでもだいたい3年も続ければその世界は見えてくるものだ。

あなたは何をしている人ですか? と、よく聞かれることがあり、一時期自分でもそれがわからなくなって、そのことが悩みの時期があった。

でも、自分の根幹がしっかりと自覚できるようになって迷わなくなった。

とにかく一番大切なことは、自分という木の根幹を養うことだ。

振り返ると、自分は若い頃から30年以上の月日をかけて一つの道を探求してきた経験がある。その経験が自分の根幹になっている。

一度そういう経験をすると、新しいことを始めてもその道筋は同じで、だいたい先が読める。その経験から道筋を見極めることができるのだ。

大切なのは、自分という木の根幹を養うこと。自分の根幹さえしっかりしていたら、あとはいくらでも空想の枝葉を伸ばすことができる。





















***


# by kojobunko | 2019-04-08 07:10 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

097 おへそでつながるいのち(名言ワンダフルライフ365)


人の親たるものは、
この宇宙の貴重な生命の苗木を預かっているのだ ということを忘れてはならない。
野上弥生子


いのちは、
おへそでバトンタッチされながらつながっていく。


***

肉体は、いのちをおへそでバトンタッチしながらつながっていく。これほどにリアルにいのちを感じられることはない。

でももう一つ、「見えないおへそのパイプ」があるように自分は感じている。

生まれ出て、へその緒が切られて、単独の肉体を持った後にも、母と自分は見えないおへそのパイプでつながっているのではないか。

それを想像すると、そのいのちのつながりは、おへそからおへそへと、どこまでもどこまでも続いていることになる。それをずっとずっとたどり切ると、きっと宇宙が始まる一点にたどり着くはず。

生きるためのいのちは80年だが、つながるいのちは宇宙の一点から過去、現在、未来へと永遠につながっている。

肉体のつながりだけが、親子じゃない。おへそでつながるすべてのいのちが親子なのだ。


















***

# by kojobunko | 2019-04-07 07:27 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

096 心の井戸(名言ワンダフルライフ365)


詩は音楽にならなかった言葉であり、
音楽は言葉にならなかった詩である。
ヘルマン・ヘッセ


人の心の井戸から湧き出すものが表現となって、
詩となり音楽となる。


***

この湧き出る思いを、何をもって表現すればいいんだろう・・・。

人が生きることの原点はここにあると思う。

何をカタチにするか、よりも、何が湧き出しているのかを、しっかりと感じとることが自分の人生を表現する第一歩だと思う。


その湧き出る心の位置を感じてみると、せつない、かなしい、うれしい、たのしい、くやしい、そういった思いはハートのある一点から湧き出しているように思う。

胸にせまる、胸がキュンとする、胸に響く、そんなとき思わず涙が出る。これは誰もが経験しているので、その心の位置は誰にもよく分かるはずだ。


誰もが心の井戸を持っている。井戸は源泉とつながり、きれいに保ち、使い続けると、とめどなく湧き出るもの。

人の心の井戸から湧き出すものが、詩となり音楽となる。名作もまた、心の井戸から湧き出たもの。

表現者である人は、いつも心の井戸をきれいにしておくことが大切だ。

















***

# by kojobunko | 2019-04-06 06:59 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

095 人を救う特効薬(名言ワンダフルライフ365)


二つの人格の出会いは、
二つの化学物質の接触のようなものだ。
もしなんらかの反応が起きれば、
両方が変質するのだ。
カール・ユング


あのとき、あの人に出会っていなければ、
今の自分はいなかっただろう。


***

人生には、誰にもいくどかの危険な下り坂がある。自分にも二度、そんな下り坂の時期があった。

そんなとき救世主のごとく、しぼんでしまいそうな自分を助けてくれる出会いが必ずあるものだ。

目を閉じると、その人の顔が浮かぶ。あのとき、この人と出会っていなければ、今の自分はなかった。

空中分解しそうな自分がこの世にとどまれたのも、その人からあたたかいまごころをもらったからだ。


まごころほど、人を救う特効薬はない。

もう一度やってみよう、もう一度生きてみよう。消えかけた灯が、再び燃え始めればしめたもの。


f0355165_07324169.jpg













***

# by kojobunko | 2019-04-05 07:27 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

094 色 と 空(名言ワンダフルライフ365)


英傑は大事に当たりて、
(もと)より禍福生死を忘る。
大塩平八郎


自分を忘れたときに、
宇宙の力が働き出す。


***

自分の行く手を阻んでいるのは、自分の心だなぁと、しみじみと思う。

もし自分が、自分に制限をかけなければ、どれだけ自由にのびのびと自分を発揮できるだろう。


人は生まれ出る環境によって、そこにあるルールをあたえられる。

自分は今の両親の元に生まれた時点で、その両親の持つ価値観、またその家系が持つ価値観というものを引き継ぎ、生きていくことになる。

その後、自我が芽生えて、自分なりのルールを作り上げるために自立していくが、生まれながらに与えられたルールという縛りから、完全に抜け出すことは不可能だ。どこかに、「血縁」というものが根強くある。


でも、このルールという縛りがあるからこそ、ルールのない世界を知ることができる。

自分たちを先導してくれる先人たちは皆、同様にそのことを説いている。

生み出す世界 と 生み出された世界

絶対の世界 と 相対の世界

 と 

それは、ルールのない世界 と ルールのある世界のこと。

ルールのない世界は、ものを創造する世界でもある。インスピレーションや勇気もまた、ここから湧き出してくるものだ。

ルールから解き放たれた世界に没入したとき、人は最高の表現者になれる。




















***


# by kojobunko | 2019-04-04 07:22 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

093 心のゼロ地点(名言ワンダフルライフ365)


大自然の秩序は宇宙の存在を立証する。
イマヌエル・カント


大自然に法則があるように、
人の心にも宇宙とつながる法則がある。


***

人は世間体でいい人を演じたがるものだ。でも、その心の中ではどんなことを思っているかしれない。自分もそうだ。ときに口汚く、罵倒するような心が湧き出てくることがある。

それをそのまま外に向けたなら、大変なことになる。自分はそんなとき、それを抑えるのではなく、流れ出るままに心の中で吐き出し、その感情を、よしよし、そう思っているんだねと受け入れてあげるようにしている。

自分の心はいつも揺れている。昨日いい気分で過ごせていたなと思ったら、ほんのささいなことで今日は心が揺らぎ、そのことが気になって仕方なくなる。自分の心は、とめどなく揺れ動く振り子のようだ。

でも人には、宇宙とつながる一点がある。それはプラスでもなくマイナスでもない、振り子が止まるゼロ地点。そのゼロ地点がわかると、振れることが楽しみになってくる。

人はゼロを確認するために、あえてこの揺れ動く現世に生まれ出てきたようだ。

大自然に法則があるように、人の心にも宇宙とつながる法則がある。
















***

# by kojobunko | 2019-04-03 07:05 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)

092 もし今日この世界が終わるとしたら(名言ワンダフルライフ365)


人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。
この世でどれだけの価値のあることをするかである。
オー・ヘンリー


今日この世界が終わるとしても、
自分はいつもと同じ朝を迎えるだろう。


***

もし今日で、この世界が終わるとしたらどうする?

そう自分に質問してみた。

「淡々と同じ朝を迎えるだろう」

そんな答えが湧いてきた。


ならば、あと1月でこの世界から自分がいなくなるとしたら?

そう自分に質問してみる。

「1月あるなら身辺整理をする。不要なものをできるだけなくして、きれいさっぱりおさらばしたい」


では、あと3年でこの世界から自分がいなくなるとしたら?

そう自分に質問してみる。

「3年あるならば、今自分が研究している「四次元マッピング®︎」をちゃんと体系化して、ご縁のある人たちの思いの整理に役立つようにしてから、この世を去りたい。



















***

# by kojobunko | 2019-04-02 07:08 | 名言ワンダフルライフ365 | Comments(0)


本は、過去、現在、未来をつないでくれるツールです。読む本はもちろん、本には作る楽しみもあります。まだ知らない本の世界をシェアしていきます。by 柴田健二郎


by kojobunko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

アトリエ興譲文庫のこと

アトリエ興譲文庫の活動

お問い合わせ
 ↓
kojo_bunko★yahoo.co.jp(★→@)

カテゴリ

名言ワンダフルライフ365
本作り
インフォメーション
パッセカルトン
ワークショップ
名言ワンダフルデー
四次元マッピング
名言365

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

最新のコメント

FUKUKOTO・Fuk..
by kojobunko at 13:52
FUKUKOTO・Fuk..
by nayacafe-2950 at 07:15

お気に入りブログ

Yathbee's Photo

最新の記事

111 あなたは私の鏡です(..
at 2019-04-21 07:34
110 ゴールに向かって(名..
at 2019-04-20 07:35
109 想定外をプレゼントし..
at 2019-04-19 06:53
108 幸せの条件(名言ワン..
at 2019-04-18 07:09
107 コンプレックスを告白..
at 2019-04-17 07:12

ブログジャンル

アート・デザイン
本・読書