体験ワークキット1

f0355165_20163787.png
手製本の小さな文化祭に向け、豆本『雨ニモマケズ』の体験ワークショップ用キットができました。こんな感じに仕上がります。
f0355165_2017036.png
県外の方からさっそくキットの注文をいただきました。直接作り方を伝えられないので手順マニュアルを作りました。
f0355165_20174235.png
数に限りがあるので、ご希望の方はご予約ください。


申込先:sivaken1199★yahoo.co.jp(★→@)


[PR]
# by kojobunko | 2014-11-16 01:08 | インフォメーション | Comments(0)

陰翳礼賛

f0355165_071719.png

谷崎潤一郎の名著『陰翳礼讃』を表現してみました。
「まだ電灯がなかった時代の今日と違った美の感覚を論じたもの。こうした時代西洋では可能な限り部屋を明るくし、陰翳を消す事に執着したが、日本ではむしろ陰翳を認め、それを利用する事で陰翳の中でこそ生える芸術を作り上げたのであり、それこそが日本古来の芸術の特徴だと主張する。」
「こうした主張のもと、建築、照明、紙、食器、食べ物、化粧、能や歌舞伎の衣装など、多岐にわたって陰翳の考察がなされている。」(Wikipediaより)
この製本作品には、朝と夜の雅な陰翳をどう表現するか苦心の作。
作品展に展示します。


[PR]
# by kojobunko | 2014-11-16 00:16 | 本作り | Comments(0)

手製本の小さな文化祭

11月に手製本の作家さんたちと作品展をすることになりました。

f0355165_2014937.png

製本家、修復家による
手製本の小さな文化祭
2014.11/22 sat 23 sun 24 mon  10:00 - 17:00

本を作るという楽しみの世界に遊ぶ7人の作家による、
手作り製本の作品展示とワークショップ。
テーマは「自分の手で本を作る素敵な時間」です。
池田愛奈
大越國惠
大野 優
小神安斐
柴田健二郎
鈴木英治
高橋美喜

*******************************
手で作る本の体験ワークショップ
自分の手で本を作る、
そんなゼイタクな時間を体験してみませんか?
Lesson menu
・豆本(和綴じ)
・ポストカード製本 (ポストカードを12枚程度ご持参ください)
・豆本「雨ニモマケズ」
など
★1レッスン(2時間) 1500円+材料費(500 - 1000円)
※ワークショップは、ご予約の方を優先に受け付けます。
*******************************

ギャラリー 角屋(カレー工房かどや内)
岡山市北区花尻あかね町 8-105 Tel.086-251-2002
※イベント期間中のみの特別メニューをお楽しみいただけます。
◆かどや薬膳カレー 500円
◆ドリンク ◆デザート

◆本の製本、修復、保存に関するご相談があればお声かけください。

インフォメーション
http://kojobunko.exblog.jp
sivaken1199★yahoo.co.jp(★→@)


[PR]
# by kojobunko | 2014-10-25 00:00 | インフォメーション | Comments(0)

名言365 入選

f0355165_19433977.png

県展に入選しました。
県立美術館で14日まで展示されています。
[PR]
# by kojobunko | 2014-09-12 19:38 | インフォメーション | Comments(0)

photo般若心経

f0355165_23163018.png

般若心経と写真の融合です。
数年前に友人の陶芸作品を撮影していたことがあります。
その作品のテーマが祈りだったので、
般若心経と構成したらどうなるかと思って作ってみました。
f0355165_9134938.png

お経のようにパラパラとめくりながら読み進めていける作りで、
般若心経が物語のように展開していきます。
f0355165_9145170.png

[PR]
# by kojobunko | 2014-08-27 09:16 | 本作り | Comments(0)

Mariko Kaneyuki写真集PURE

f0355165_2264599.png

写真集が完成しました。
なかなかいい出来です。
f0355165_11205735.png

作品を作る前に、
おぼろげながら仕上がった作品の残像があります。
できるだけ自分の思いを入れずに、
あるべき姿が見えてくるまで試行錯誤します。
ようやくあるべきカタチにたどり着いた感じです。
[PR]
# by kojobunko | 2014-08-15 11:24 | 本作り | Comments(0)

写真集 PURE

友人が個展をするとのことで、手作り写真集を作らせていただくことになりました。
f0355165_0592286.png

いままでに友人が制作したポストカードを使います。
まずは3枚ずつ、8つのカテゴリーに分類しました。それぞれのカテゴリーに中扉が入ります。

今回は制作過程を見ていただきながらアップしていくことにしましょう。

仕上げは、和綴じ製本で仕上げようと思っています。
まずはポストカードに「和紙の足」をつけて、写真ととじ代の厚みを調整します。
f0355165_134519.png

[PR]
# by kojobunko | 2014-08-14 01:06 | 本作り | Comments(0)

名刺ケース

本のケースを作る手法を使って、
名刺ケースを作ってみました。
f0355165_22544084.png

これは小さなケースですが、
カタチにしようとすると、
そうとう頭の中で試行錯誤が必要です。
こうした立体物をカタチにするには、
平面的な感覚に合わせて、立体造形的な思考も必要になってきます。
ぼくにとっては、とても相性のいい世界です。
f0355165_206088.png

[PR]
# by kojobunko | 2014-08-10 20:12 | 本作り | Comments(0)

にじ と カエル

f0355165_5592065.png

絵本が完成しました。
本屋さんに並んでいても、手作りだとはたぶん気づかれなくらい、
しっかりした作りになっています。

f0355165_559492.png

[PR]
# by kojobunko | 2014-08-05 23:39 | 本作り | Comments(0)

絵本のプロセス

ようやく絵本の本文が完成です。
f0355165_22423975.png

タイトルは「よみガエル」から「にじ と カエル」に変更しました。
絵本のストーリーとしては、
排水溝に押し流されたカエルが死んで、また小さないのちとしてよみがえる、
というものでしたが、
もっと夢のあるラストにできないものかと思案し、
虹でストーリーを色付けしました。
f0355165_22482322.png
これからこの本文にハードカバーをつけます。


中身は、チラシの裏に殴り書きした絵を、
大きく引き延ばして使っています。
f0355165_2372958.png
ほんと、へたくそな絵ですが、
それでも1冊の絵本にするとそれっぽくなります。
[PR]
# by kojobunko | 2014-08-03 23:01 | 本作り

ポートフォリオ2

ポートフォリオの和綴じ製本が完成、
納得のいく出来ではありませんが、ひとまずアップです。

f0355165_22455625.png

f0355165_22463892.png


あえて和綴じをポップに仕上げてみようとの試みですが、
和紙は思い通りにいうことを聞いてくれない、かなりファジーな性格です。

他の製本法でリベンジしてみようかと思っています。
[PR]
# by kojobunko | 2014-07-27 22:52 | 本作り | Comments(0)

ポートフォリオ

次の製本を思案中ですが、
もう一冊、和綴じ製本に挑戦してみようかと思っています。

何を題材にしようかと思いつつ、
今春卒業した芸大通信で作り上げた作品のポートフォリオを作ってみることにしました。

通信教育というのは、自分のペースで学習を進めることができますが、
かなり厳しく自己管理しないと卒業にたどり着きません。
そのうえ夏のスクーリングは1カ月無休での連続授業、
1時間でも遅刻、欠席したらアウト!の体力勝負です。
卒業率50%、2年間で課題を修えて卒業できるのは20%くらいだと聞いてます。
そんな環境の中、なんとか卒業にこぎつけたわけです。

いろいろな思い出も含めて、拙い作品ばかりですが、
1冊のポートフォリオにしてみようかと思ってます。

まずは、作品の整理です。
今回は記念に残しておきたい作品を選んで、
16頁立ての和綴じ製本にとりかかろうと思います。

f0355165_22341319.png
[PR]
# by kojobunko | 2014-07-26 22:25 | 本作り | Comments(0)

Time Exposed

もうずいぶん前に、地中美術館のある直島で入手した「Time Exposed」杉山博司のポストカード。
今回はこれを製本してみました。
f0355165_15461512.png

世界の海、たとえば地中海、カリブ海、エーゲ海などの水平線をとらえたモノクロ写真。
作品のクオリティが相当高いので、
できうるかぎり製本には色を出さない、というのがこの本のポイントです。
すべてモノクロームで仕上げることにしました。
f0355165_15522372.png

ポストカードとポストカードの間に和紙で扉をつけて写真のタイトルを入れ、
ページ数を増やして本に厚みを出す工夫をしています。
f0355165_1553089.png

これは和綴じ製本で仕上げています。
小さな本ですが、はじめての製本法なので考える時間も含めてずいぶん時間がかかりした。
f0355165_1682667.png

[PR]
# by kojobunko | 2014-07-24 16:09 | 本作り | Comments(0)

I am a cat

f0355165_17552815.png

『吾輩は猫である』を製本してみました。
幾度となくミスの連続で、ようやく2日がかりの完成です。

コンセプトは、
「猫版 家政婦は見た!」
猫の目線から見た、猫の主人を中心に展開する人間模様と、
ありきたりな日常や珍談、小事件をユーモラスにつづった名作。

のぞきみする猫を、
スリップケースを作って表現してみました。

f0355165_18099.png

できるだけ手作り感を残すために、
タイトルは版画調に、
黒猫は和紙をちぎって作っています。

f0355165_1805168.png

[PR]
# by kojobunko | 2014-07-20 18:14 | 本作り | Comments(0)

雨ニモマケズ

f0355165_20363554.png

構想していた「雨ニモマケズ」が完成しました。
手のひらに入る、小さな小さなサイズです。


f0355165_20484117.png

f0355165_20474875.png

f0355165_2048989.png

[PR]
# by kojobunko | 2014-07-17 20:51 | 本作り | Comments(0)

名作のリメイク

『吾輩は猫である』で遊んでみました。
f0355165_17535225.png

コンセプトは、猫版「家政婦は見た!」。
f0355165_17572116.png

帯をとるとこんな感じです。
f0355165_17541573.png
※我輩 → 吾輩 の間違いです。


一応、プリンタで出力したカバーを本に巻いただけですが、ハードカバーの手作り製本にするとどんな仕上がりになるか、近いうちに作ってみようと思います。
[PR]
# by kojobunko | 2014-06-28 18:13 | 本作り | Comments(0)

ヘッダ

f0355165_721584.jpg

[PR]
# by kojobunko | 2014-06-28 11:41

アトリエ興譲文庫について

アトリエ興譲文庫の活動についてご紹介します。

1、「世界に1冊だけの本づくり」ワークショップの開催
 書いたもの、表現したものを自分だけのオリジナル本に仕上げることを体験するワークショップ。
 ・文章や作品を構成する
 ・タイトル(コンセプト)を決める
 ・本をデザインする
 ・本を製本する
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「世界に1冊だけの本づくりワークショップ」開催例
 1、名作、名文を読み解く
 2、この本を一言で表現すると、どんな言葉になる?
   独自のコンセプトを見つける。
 3、コンセプトにそった装丁、ブックデザイン
 4、手作りで本づくり
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




2、芸術、文化価値のある製本工芸
 製本工芸、和製本による、
 工芸、芸術として価値のある本作り。
 ・消費する本から、価値のある本へ
 ・数百年残ることを前提にした本作り




3、製本工芸作家による作品展の開催
 製本工芸がどんなものであるかを、
 多くの人たちに体感してもらう展示会の開催。
 ・製本工芸の作家たちによる作品展
 ・製本体験ワークショップ開催




4、1000年の本プロジェクト
 1000年後に残したい内容を
 1000年後に残る本として
 1000年後の人に贈る
 ・紙、インク、製本法、管理法、修復法などを専門家の協力を得ながら進めていく文化事業。


 ご興味のある方はお問い合わせください。













***
[PR]
# by kojobunko | 2014-06-26 18:35 | インフォメーション

アトリエ興譲文庫

アトリエ興譲文庫のブログを開設しました。

「世界に1冊だけの本づくり」がテーマです。

f0355165_23311537.jpg


この本は某芸大通信の卒業制作でつくったもの。文章から、編集、組版、装丁、ブックデザイン、それに製本は手づくり製本で完結。まさにこの体験が究極の本づくりの始まりでした。


  いにしえから いまへ

  とうとうと流れゆく

  知恵の大河から

  すくいあげた

  365の名言


こんなコンセプトの本です。

本文はブログ「吉備の国から」に365日書き続けたエッセイです。

f0355165_15285461.jpg

f0355165_15313455.jpg

「世界に1冊だけの本づくり」はこうして始まりました。
[PR]
# by kojobunko | 2014-06-14 14:59 | 本作り | Comments(0)


本は、過去、現在、未来をつないでくれるツールです。読む本はもちろん、本には作る楽しみもあります。まだ知らない本の世界をシェアしていきます。by 柴田健二郎


by kojobunko

プロフィールを見る

アトリエ興譲文庫のこと

アトリエ興譲文庫の活動

お問い合わせ
 ↓
sivaken1199★yahoo.co.jp(★→@)

カテゴリ

本作り
インフォメーション
パッセカルトン
ワークショップ
名言ワンダフルデー

以前の記事

2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

最新のコメント

お気に入りブログ

Yathbee's Photo

最新の記事

「無二展」に出品します
at 2017-05-21 15:54
BOOKブックコンにちわ! ..
at 2017-01-17 09:59
猫からの贈りもの展 お礼
at 2016-12-10 15:55
猫からの贈りもの展
at 2016-11-08 13:50
猫展 お礼
at 2016-10-27 09:20

ブログジャンル

アート・デザイン
本・読書