<   2015年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

Angel series

f0355165_9281941.jpg
12月の作品展に展示する作品の一部をちらりと紹介しています。

友人に託されたエンジェルの古布で創作した本と箱です。
本は『Angels 天使たち』という本をオリジナル製本しています。
しおりにはアンティークのレース紐に天使のチャームをあしらってワンポイントに。
箱はお母様の形見のブローチを入れるジュエリーケースに使いたいとのオーダーに合わせて創作しました。


ぜひ、作品に逢いにお越しください。


***

岡山ルリユール展 〜本と箱の甦り〜
Kunie Ohgoshi & Kenjiro Shibata
2015.12/4fri - 6sun 11:00〜17:00
珈琲と人 岡山県総社市三須796 Tel.0866-92-2300

「甦り」をテーマに創作した作品展です。国際製本ビエンナーレへの出展作品をはじめ、身近な単行本・文庫本のオリジナル製本、古布を使った箱など、甦った本と箱の世界をご覧ください。
f0355165_10931.jpg

***












***
[PR]
by kojobunko | 2015-11-24 09:36 | 本作り | Comments(0)

オリジナル製本 箱入り

f0355165_13411811.jpg
12月の作品展に展示する作品の一部をちらりと紹介しています。

箱に空いた縦長の穴。
本を収納すると、男女の姿が艶かしくのぞきみできるという、
なんともマニアックな作品。


ぜひ、作品に逢いにお越しください。


***

岡山ルリユール展 〜本と箱の甦り〜
Kunie Ohgoshi & Kenjiro Shibata
2015.12/4fri - 6sun 11:00〜17:00
珈琲と人 岡山県総社市三須796 Tel.0866-92-2300

「甦り」をテーマに創作した作品展です。国際製本ビエンナーレへの出展作品をはじめ、身近な単行本・文庫本のオリジナル製本、古布を使った箱など、甦った本と箱の世界をご覧ください。
f0355165_10931.jpg

***












***
[PR]
by kojobunko | 2015-11-23 13:44 | 本作り | Comments(0)

GREETINGS

f0355165_9575552.jpg
12月の作品展に展示する作品の一部をちらりと紹介しています。

友人がコレクションしていたグリーティングカード。
それをまとめてほしいと頼まれました。
古いもので1900年頃のもの。
カードの背を糸でかがり、
ハードカバーに仕上げてみました。

ぜひ、作品に逢いにお越しください。


***

岡山ルリユール展 〜本と箱の甦り〜
Kunie Ohgoshi & Kenjiro Shibata
2015.12/4fri - 6sun 11:00〜17:00
珈琲と人 岡山県総社市三須796 Tel.0866-92-2300

「甦り」をテーマに創作した作品展です。国際製本ビエンナーレへの出展作品をはじめ、身近な単行本・文庫本のオリジナル製本、古布を使った箱など、甦った本と箱の世界をご覧ください。
f0355165_10931.jpg

***












***
[PR]
by kojobunko | 2015-11-23 11:58 | 本作り | Comments(0)

Photo Book

f0355165_11102448.jpg
12月の作品展に展示する作品の一部をちらりと紹介しています。

ポストカードを収納する「Photo Book」です。
花柄の作品は、3色刷りされた希少な和紙を使ってます。
猿と菜の花は版画で作られた過去のカレンダーの一部を表紙にしました。
他に壁紙や古布を使ったものも並びます。
これらは販売用、
各1点のみの希少作品です。

※写真にあるポストカード(名言ワンダフルデーオリジナル)は、
 Photo Bookには含まれていません。
 販売コーナーでお求めいただけます。


ぜひ、作品に逢いにお越しください。


***

岡山ルリユール展 〜本と箱の甦り〜
Kunie Ohgoshi & Kenjiro Shibata
2015.12/4fri - 6sun 11:00〜17:00
珈琲と人 岡山県総社市三須796 Tel.0866-92-2300

「甦り」をテーマに創作した作品展です。国際製本ビエンナーレへの出展作品をはじめ、身近な単行本・文庫本のオリジナル製本、古布を使った箱など、甦った本と箱の世界をご覧ください。
f0355165_10931.jpg

***












***
[PR]
by kojobunko | 2015-11-23 11:28 | 本作り | Comments(0)

天使の箱

f0355165_10101597.jpg
12月の作品展に向けて、作品の紹介。

友人から託された天使の絵柄のアンティクな古布。
天使の描き方からしても、ずいぶん古く、希少価値のあるものらしいです。

さて、この大切な布をどんな作品に甦らせようかと思いを巡らしました。
そして、生まれたのがこの「天使の箱」。

小さな布を使いきり、コンパクトながらとてもいい出来です。

ぜひ、天使の箱に逢いにお越しください。


***

岡山ルリユール展 〜本と箱の甦り〜
Kunie Ohgoshi & Kenjiro Shibata
2015.12/4fri - 6sun 11:00〜17:00
珈琲と人 岡山県総社市三須796 Tel.0866-92-2300

「甦り」をテーマに創作した作品展です。国際製本ビエンナーレへの出展作品をはじめ、身近な単行本・文庫本のオリジナル製本、古布を使った箱など、甦った本と箱の世界をご覧ください。

***












***
[PR]
by kojobunko | 2015-11-23 10:22 | 本作り | Comments(0)

(無邪気)名言ワンダフルデー4-10

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

心ここにあらざれば、
見れども見えず、聞けども聞こえず。


宮本武蔵
(1584〜1645 剣術家、兵法家)

f0355165_9582460.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


心配事があったら、
心の声に耳を澄ましてみ。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

心は、コロコロ変わるから「こころ」といいます。
はしゃいだり、おこったり、かなしんだり、たのしんだり、
瞬時にコロコロと変わるのが心です。

でもその心にも、
大人の心と、子どもの心があります。

本来の生まれたての心は、
素直にはしゃぎたい、
おこりたい、
かなしみたい、
たのしみたいと思っています。
まさに無邪気そのもの。

無邪気という言葉は、
いつわりや作為がない、
まるで生まれたての赤ちゃんのようなさまです。

これが本来の自分の心。

生まれたときに得た心のまんまです。

ところが、大人な自分は、
無闇矢鱈に、
はしゃいだり、おこったり、
かなしんだり、たのしんだりするのはみっともない、
と思ってる。

これは邪気に満ちていて、
見えるものも見えなくなる。

今日の宮本武蔵の名言、

心ここにあらざれば、
見れども見えず、聞けども聞こえず。


宮本武蔵のいう心は、
無邪気な心がここになければ、
見えるものも見えない、聞こえるものも聞こえない、
と言っているんです。

無邪気な心がここにあれば、
いままで見えなかったものが見え、
聞こえなかったものが聞こえるようになる。

たとえば無邪気な心で大自然に耳を澄ませる。
すると、鳥の声、風の音、水の流れ、枝葉の擦れ合う音・・・
いろんな音が聞こえてきます。
音だけじゃなく、見落としていたものが見えてくる。

すべての人の中に、無邪気さはすでにある。
ただそれを呼び覚ますだけ。

無邪気な心、
それはアンパンマンのような存在かもしれない。
無邪気に立ち向かう、あの姿です。
誰の心の中にも、
無邪気なヒーローが必ずいるんです。















***
[PR]
by kojobunko | 2015-11-23 10:15 | 名言ワンダフルデー

(本当の自由)名言ワンダフルデー4-9

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

君は自由だ。選びたまえ、
つまり作りたまえ。


ジャン・ポール・サルトル
(1905〜1980 哲学者、小説家、劇作家)

f0355165_18311165.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


一度手放して、
それから選び直すんねん。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

自分には何で自由が少ないんだろう。

子どものこと、
家族のこと、
仕事のこと、
親のこと・・・

もう自分以外のことに振り回されて、
少しも自分の時間が取れない。

でも本当は、
自由がないということは、
他人のせいじゃないんです。
言葉を変えると、

自分は主体性がない人間だ

といっているのと同じ意味です。

外に原因があるんじゃなくて、
ただ自分に主体性がないことを、
他人のせいにしているんです。

主体性がある人は、
どんな場面でも何かを生み出していく、
自分で環境をつくっていく。

それが本当の自由です。

自由といえば、
自由気ままに振舞うことができる奔放なイメージがあります。
でも本当の意味は、
もっと深いところにある。

この「自由」という言葉は福沢諭吉が、
Libertyを訳したもので、
由来は仏教用語の、
「自(おのずから)に由る」
からきているそうです。

その意味は、
自らをよりどころにしてことを行うことで、
それは一言でいえば、
すべての主体は自分にある
ということになります。

言葉を変えると、

させられている

というのは主体性がないから不自由ですが、

させてもらっている

というのは自分に主体があるので自由です。

今日のジャン・ポール・サルトルの名言、

君は自由だ。選びたまえ、
つまり作りたまえ。


不自由な自分を選ぶのか、
自由な自分を選ぶかは、
あなたしだいです!

もし主体性のある自由を選びたいなら、
こうすればいいだけです。

今日のよみガエルのツッコミ超訳、

一度手放して、
それから選び直すんねん。

不自由な自分を手放して、
自由な自分を選び直すだけ。

させられている自分を手放して、
させてもらう自分に変身するんです。


自由は自分の意思で、
自由に手に入れるものなんです。














***
[PR]
by kojobunko | 2015-11-22 18:34 | 名言ワンダフルデー

(感性の生き方)名言ワンダフルデー4-8

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

経験を積んだものは易者よりも
多くのことを知っている。


ファイドロス
(生没年不詳)

f0355165_9302675.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


考えてわかれへんときは、
体験してみ。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


人間には、

考える



感じる

があります。
これは、

理性



感性

といってもいい。
他にも、

身体にいい

というのは理性で、

身体に心地いい

というのが感性です。

本当に身体にいいかどうか、
というのはその人それぞれです。
でも、

身体に心地いい、
というのはその人が直接的に感じるもので、
当たり外れがない。


その人自身の、その人だけの感覚で、

これは100%間違いがない。

それを無視して、無理をさせるのが理性です。

身体に不調をきたしたり、
精神的にくずれたりするのも、
感性に生きていないから。

そのことは心地いいか?

と自分に聞いてみる。
そして、心地よくなければやめる。
心地いいことをする。

心地いいことをしていると、
心地いい環境が生まれ、
そこに関わる人たちも心地よくなり、
幸せな気分になる。

何か特別いいことをしなくても、
自分が心地よく過ごしているだけで、
周囲の人たちをハッピーしてしまう。


これが感性の生き方です。


今日のファイドロスの名言、

経験を積んだものは易者よりも
多くのことを知っている。


易や占いというものにはいろいろありますが、
いずれも人間が森羅万象の変化を観察し、
統計をとりながら生み出したのが易です。

易というのは理性のものです。

それに対して、

経験というのは感性です。

何か問題を解決したいときは、
易に頼るよりも、
心地よさに頼る。

そのことは心地いいか?

と自分に聞いてみると、
100%間違いのない答えが返ってきます。


















***
[PR]
by kojobunko | 2015-11-20 09:44 | 名言ワンダフルデー

デンマークの小箱

f0355165_10385973.jpg
12月の作品展に展示する作品の一部をちらりと紹介しています。

デンマークのカルトナージュを自分なりに形状をアレンジして、
大島紬で仕上げてみました。
和とも洋ともいえない、
独特な風合いに仕上がりました。


ぜひ、作品に逢いにお越しください。


***

岡山ルリユール展 〜本と箱の甦り〜
Kunie Ohgoshi & Kenjiro Shibata
2015.12/4fri - 6sun 11:00〜17:00
珈琲と人 岡山県総社市三須796 Tel.0866-92-2300

「甦り」をテーマに創作した作品展です。国際製本ビエンナーレへの出展作品をはじめ、身近な単行本・文庫本のオリジナル製本、古布を使った箱など、甦った本と箱の世界をご覧ください。
f0355165_10931.jpg

***












***
[PR]
by kojobunko | 2015-11-19 09:37 | 本作り | Comments(0)

(楽しむ達人になる)名言ワンダフルデー4-7

名言ワンダフルデーでは、名言の裏側にある「おもしろ視点」を見つけ出して発信していきます。名言ワンダフルデーのキャラクター「よみガエル」がバリバリの大阪弁ツッコミ超訳でせまります。はじまりはじまり、今日の「名言ワンダフルデー」の名言です。


[今日の名言]

物事は楽しもうと思えば、どんなときでも楽しめるものよ。
もちろん、楽しもうと固く決心することが大事よ。


ルーシー・モンゴメリー
(1874〜1942 小説家)

f0355165_16215621.jpg


今日のよみガエル超訳−−−−−−−−−−−−−−


決心は、
心のいらんもん捨てることやねん。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


おっ、ドラマチックな展開になってきたぞ。

こんなセリフが言えるAさんは、
どんなにすばらしい状況にあるのかと思いきや、
実は仕事上で、
とんでもないトラブルに巻き込まれていました。
それなのに、こんな粋なセリフを吐いたAさん。

きっと想定外の事態が押し寄せてきたとき、
Aさんの心の中では相当な動揺があったはず。
でも、Aさんがこんな粋なセリフが言えるほどに、
心が一瞬にして変わったのには、
ある秘密があるんです。

それは、ある恩師の、ある言葉。

たいへんなときこそ、こう言うんだ。
「面白くなってきたぞ」って。


Aさんは、その話を思い出しました。
これはいい機会だ、即実践してみよう。
さっそく声に出して、
「面白くなってきたぞ」
と言ってみました。

すると、不思議なことが起こった。
心が一瞬にして晴れていきました。
胸の中がぽっかり晴れて、
スーッと空気が入ってきて、
思わず深呼吸をしてしまったほど。

ああ、なんてすがすがしいんだろう。
そして、思わずつぶやいたのが、

おっ、ドラマチックな展開になってきたぞ。


さて、どうして「面白くなってきたぞ」
と言っただけで心が晴れて楽しくなってきたのか、
簡単に説明がつくんです。

それは、
喜怒哀楽がこんな特性を持っているからです。

喜びならが怒れない、
楽しみながら哀しめない、

というように、
喜怒哀楽の四兄弟は、
自分の出番に合わせて一人ずつしか出られない、
という特性を持っているからです。

四兄弟の誰を呼び出すかは、
呼び出す人に自由意志が与えられているわけです。

呼び出す人が、
「面白くなってきたぞ」
と言っているんだから、
出番は四男坊の「楽」。

これほどシンプルに機能するのが、
喜怒哀楽というツールです。

今日のルーシー・モンゴメリーの名言、

物事は楽しもうと思えば、
どんなときでも楽しめるものよ。


喜怒哀楽というツールの特性を知ると、
どんな状況であれ楽しむことができるんだ、
ということがよく理解していただけると思います。

そして、そのコツとしては、

もちろん、楽しもうと固く決心することが大事よ。

そうです、決意すること。
これは宣言することです。
「面白くなってきたぞ」も宣言だったんです。

宣言した瞬間に、
喜怒哀楽の四兄弟が、
入れ替わってしまう。

心の中で宣言すると、
一瞬にして喜怒哀楽が入れ替わる。
自分が望む喜怒哀楽と入れ替えることができるんです。

いかがでしょう、
喜怒哀楽は自由自在に使いこなせるものだ、
言葉を使って呼び出せるんだ、
と知ってしまったあなたは今日から、

喜怒哀楽を使いこなす達人

になっているはず。
































***
[PR]
by kojobunko | 2015-11-17 16:35 | 名言ワンダフルデー


本は、過去、現在、未来をつないでくれるツールです。読む本はもちろん、本には作る楽しみもあります。まだ知らない本の世界をシェアしていきます。by 柴田健二郎


by kojobunko

プロフィールを見る

アトリエ興譲文庫のこと

アトリエ興譲文庫の活動

お問い合わせ
 ↓
kojo_bunko★yahoo.co.jp(★→@)

カテゴリ

本作り
インフォメーション
パッセカルトン
ワークショップ
名言ワンダフルデー
四次元マッピング
名言365

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

最新のコメント

FUKUKOTO・Fuk..
by kojobunko at 13:52
FUKUKOTO・Fuk..
by nayacafe-2950 at 07:15

お気に入りブログ

Yathbee's Photo

最新の記事

自分で作れる! お客が注文し..
at 2017-12-06 14:35
母子手帳製本がTVで紹介されます
at 2017-12-06 13:43
海辺の宝箱3人展 出品作品
at 2017-11-30 11:40
海辺の宝箱3人展
at 2017-11-30 10:45
広島レクト 蔦屋書店にて
at 2017-11-01 11:16

ブログジャンル

アート・デザイン
本・読書